話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 154

 科が違えば、全く会うことなんかないのも病院の現状だ。
 例外としては心臓内科とウチの科のように、手術した方が良いと内田教授が判断したケースだと引き継ぎをするとか、カンファレンスをするとかはある。そして脳と心臓の同時手術が最適だと判断した場合はチームを組むこともあるので、その場合も打ち合わせは有るんだけれど、そういう席に新人ナースも研修医もお呼びが掛かることはない。
 だから岡田看護師と田中先生が病院内で会うことなんてないとばっかり思っていたんだけど……。
 田中先生に井藤の件を詳しく教えてくれたのが岡田看護師だったという話は知っている。だけど、その席で延々と「お見合い小母さん」みたいにオレのことを紹介するわけもないし。
「ああ。もしかして香川外科の方ではウワサになっていないのかも知れませんね。ほら、戸田前教授が病院から去る時とか、白河教授が医局運営に自信を無くしたというかゴタゴタしていたんです。
 そういうコトは内田教授が病院長命令でウチの科のアドバイサーというか影の実力者として医局の立て直しに尽力して下さっているのですが、時々は田中先生もいらして下さって内田教授とは異なった視点でウチの医局にアドバイスをして下さったことも有ったんです。
 あの事件が起こる前からウチの医局に――あ!医局干渉とかではないですよ!――井藤センセの件とかを言って来て下さっていましたから、そのご縁なんでしょうね。
 病院長命令で白河教授を補佐するようにという全権委任されたのは内田教授なので、あくまでも内密で、なのですけど。
 ウチの医局の先生方との話し合いの後で、声を掛けて下さって、喫茶店に御一緒したことが有ったんです。
 ――ここだけの話しですけど……」
 アクアマリン姫は少し怖そうな感じで周囲を見回してから――といっても会議室には二人しか居ないのも分かっているので、多分こういう動作は女性特有なんだろうなと思ってしまう。
 オレだって救急救命室のナースとか――特に杉田師長なんて性別を超越しているような気がするし、その下に付き従うナースも朱に交わってしまっている――ウチの医局のナースには怒られっぱなしで「女性」を意識したことは全くない。
 というよりも、怒られたり指導されたりでアタフタしているのでそんな気持ちの余裕なんてない。
 ここだけの話?
 何だろう。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く