話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 152

「あのう……フィギアを集めたり、二次元の――えと、具体的に言うとフィギアってゲームの女の子とかの人形みたいなモノなんですけど。そのゲームの中の登場人物ですが――そういうのが好きな男性についてはどう思いますか?あまり女性には理解出来ない趣味みたいですけど。オタクとか言われて……」
 オレにとっては大切なフミオちゃんだったけど、散々だった合コンの時には「オタク趣味!ヤバいよね~!マジ無理だしぃ」とか言っていたJDが居た。ちなみにそのJDはホストにハマって方々からお金を借りていつの間にか大学からも居なくなったらしいと、合コンで目出度くカップルになった友達が言っていた。
 いや、ホストだって疑似恋愛でお金を稼ぐとか聞いているし、フィギアにハマるのとホストにハマるのは五十歩百歩のような気もするけれど。
 岡田看護師にドン引きされたらどうしようと内心ハラハラしていた。
「あ、一般論です。あくまでも……」
 先にこの言葉を発しておけば良かったな……と思ったが後悔先に立たずだ。
 ちなみに、プライベートな空間なんてない救急救命室で、オレのスマホの画面がゲームのままで――オレの場合パスワードは生年月日という分かりやすさだ――田中先生にオレへのフミオちゃんの好感度100をどんな裏ワザを使ったのかまでは定かじゃないけど、マイナスにまで下げてくれたという苦い過去があった。
 まあ、そういう悪ふざけをしても普段色々とお世話になっている田中先生だし、しかも何だか何をされても憎めないのは田中先生の人徳だろう、多分。
「え?趣味の範囲内だったら別に良いと思います。――私も実は内緒にしている、あまり大きな声では言えない趣味がありますし――ゲームですよね?課金を給料全部使うとか、ゲームと仕事の優先順位がゲームだったら……ちょっと、苦手というか、避けたいとは思いますけれど……」
 内緒の趣味は気になったけど、何となく聞かないで!という雰囲気を醸し出しているのでもっと仲良くなった時に聞こうと思った。
 そして、アクアマリン姫がいわゆるオタク趣味に理解が有って本当に良かったな!!とシミジミと思った。
 外見だけではなくて、心も綺麗な女性なのだろう。
 こんな人が彼女になってくれたら本当に生きて来て良かったと思った。
「優先順位はもちろん仕事ですよ。
 ゲームをしていて途中で救急搬送された時には即座にそっちに行きます!!」
 すると。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く