話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 137

「ああ、佐藤君。久米先生が仰っていただろう?指示は具体的に出さないと新人が伸びないと。
 ウチの医局が停滞気味なのは、まあ『アイツ』とか『あの御方』のせいが大きいとは思いますが、そういう細かい点をキチンと押えないと新人が伸びずに中堅ナースの仕事量が増えていってしまうばかりでそのうちパンクする。
 実際、今白河教授が困っていらっしゃるのは、戸田前教授の私的なPCに入っていたデータには患者さん情報までもが含まれていて、しかもワード文書でしか入力していない上にタイトル付けなども滅茶苦茶で統一性がない。だから半ば呪文のような文章を一つ一つ拾い上げて有用なものなのか不要なのかを調べている。
 『あの御方』も自分で抱え込もうとして、そして『アイツ』に良いようにされたというのが実情です。
 その轍は二度と踏んではなりません。
 分かりましたか?」
 オレよりも先に木村先生が口を開いてくれたのは助かったが、戸田前教授の私的なPCに患者さんのデータとか入れていて大丈夫なのかと思ってしまう。しかもそれが呪文とか拷問に近い。
「あの二段目の真ん中のブルーの缶が教授用のコーヒーよ。お客さんとか医局長以上は赤い缶で、それ以下は黒いのが普通のコーヒー、白いのがアメリカンコーヒー。
 紅茶はダージリンとか缶に書いてあるでしょ?その通りの茶葉が入っているので覚えやすいと思うわ」
 佐藤看護師は多分木村先生の実感の籠った仕事量が多すぎてパンクしそうという言葉を聞いて気が変わったのだろう。
 指示が物凄く具体的になった。
 アクアマリン姫は、佐藤看護師とオレの顔を感謝の笑みを零しながら交互に見てお辞儀をすると、ツバメのように身軽な感じでコーヒーのスペースへと歩み去った。
「――私用のPCに仕事関係のデーターを入れるのも、問題ですけど……。
 ま、それは済んだことなので仕方ないですよね……。前教授に聞くか、システムエンジニアに頼むという方法ではいけないのですか……」
 ウチの医局なら考えられないほどの杜撰ずさんさだ。香川教授の執務室に有るPCの中身を見たことは当然ない。ないけれど、香川教授は物凄く几帳面だし公私のケジメははっきりとつける人だ。
 それに香川教授と一番親しい(という感じを受ける)田中先生もプライベートではいい加減そうな感じだけれども、仕事に対しては驚くほどストイックだ。それにオレのお古のPCを私用に使ってくれているけれど、その中には患者さんの情報なんて入れていないのは知っている。
 というか、医局に入って直ぐの時に患者さんのデータなど流失してはマズいモノは絶対にネットに繋がっていないPCを使えってキツメな感じで言われたし。
 すると。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く