話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 131

「見捨てたとかそういうのではないかと思います。特に医局内でも井藤……失礼、オレ、あ!失礼しました」
 木村先生は何だかいわゆる排泄物がお尻から出るヤツとか胃袋から逆流するヤツ両方がそこに有るような心の底から嫌そうな表情をしたので焦ってしまった。
 たしかに、あの井藤がーー同級生なのは確かだが、断じて友達ではないーーあんなとんでもないことをやらかさなければ、心臓外科と脳外科には何の波風も立っていないのは事実だ。以前のように内政不干渉で、脳と心臓の両方に手術が必要な患者さんが居た場合はお互い協力しあうというだけの淡々とした関係が普通なのだから。
 そういう均衡を破ってしまって、しかも香川教授の「神の手」を永久に使えなくしようとしたーーいや、そんな怖い想像は止めておこう。現に香川教授は田中先生などの尽力により無事だったのだからーー井藤という存在が脳外科にとっては忌まわしい黒歴史中の黒歴史なのだろう。
 田中先生からちらっと聞いたところでは、脳外科に入る時にも井藤家から多額のお金が動いていたとか。オレの場合、そんなズルのような真似は出来ないし、しかも香川教授は患者さんからの金銭すら謝絶している人だからオレが入局に当たってお金なんて言い出したらそこでアウトのような気がする。
「見捨ててないのですか?」
 岡田看護師と楽しくお話出来ればな……とは思うものの、何だか脳外科の皆様が気の毒になってきた。
「はい。医局内でい……例の研修医の話はたまに出ますが、あれはアイツの精神疾患もーーほら、院内LANに不定愁訴外来の呉先生が「ご参考までに」みたいな感じでアップしていましたよねーー加わっての単独犯だということははっきりしていますので、脳外科に対しては含むところがあるとは思えないです。病院長は雲の上の上の人なので、どういう気持ちなのかは分からないですし、香川教授も直接そういうお話をしたこともないのですが、そういうのって何となく分かりますよね?
 田中先生は救急救命室でかなり親しくお話する機会が有りますが、脳外科についてなんともおっしゃってないです。だから無視とかではなくて、単に言うべきことがないので何にも言って来ないのだと思います、あくまで一研修医の意見ですが……」
 香川教授は「あの」月曜日から普段通りの卓越した手技を披露していたしーーどうなることかと医局中、いや病院中が固唾を飲んで見守っている中でーーそれ以降も本当に素晴らしい手技を披露し続けている。
 すると。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く