話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 130

「しかしです!」 
 何だか、街頭演説ーー普段はウザいと思ってさっさと通り過ぎているが、駅前とかで選挙前に何か喋っている人と同じような感じだった。オレは個人的に一番うわぁ!やだな!と思ったのが国政政党に辛うじてしがみついている感じの政党の看板オバ……いや、女性であのキンキン声と政府を批判するだけで、何も対案を出さない姿勢が大嫌いだった。一回うっかりというか、タイミングが悪かったというか、仕事疲れでヘロヘロっと歩いている時にこのオバ……女性の選挙演説だか街頭演説だか知らないけれどそんなモノに出くわしてしまって「ご通行中の皆様、お仕事お疲れ様です」とか車の上からキーンという声ーーきっとマイクを通していたからだろうーー呼びかけられて(お前の声を聴いて余計疲れたぞ!ババア)と思ってしまったことがある。仕事終わりで疲れていたせいできっと気持ちもすさんでいたに違いないが。
 まあ、キンキン声なら杉田師長も負けてはいないんだけれど、師長の場合は適切な指示を飛ばしてくれるので大変有難いと思っている。
 まあ「香川外科では出世コース」とか言われて救急救命室にも「助っ人」として駆り出されること自体はものすごく光栄だと思ったし(それだけ期待されているんだ!頑張らなくちゃオレ!)と決意を新たにした覚えがある。
 確かにウチの外科では将来有望なかつ外科の専門医になれるだろうーー少なくとも香川教授がするまでもないと思えるレベルの手術は任せて貰えるようになるかもしれないな!と思うメンバーが選ばれているのは確かだった。
 そういう「医局の大型新人!!」扱いはとても嬉しかったけれども、杉田師長は搬送を基本的には断らないので、キャパいっぱいを使って何とか頑張ろうとする。しかし、実際にはキャパオーバーの時も多々あるわけで、そういう時には杉田師長のキンキン声が響き渡っていた。
 その時は(やだな、苦手)とか思っていたけれど、内容を聞いてみたら物凄く納得することしかなかったので、今では「杉田師長限定」で金切り声は大丈夫になったが。
 まあ、そんなのよりも男の声のほうが低いし傾聴しようかという気になった。どうやら木村先生はうちの医局に対して何らかの主張がしたいらしいので。
「しかし、香川教授も、そして病院長も何も言ってこないのです。そして田中先生も……。どうやら本気で見捨てられたのかと不安で仕方ないのです!!」
 いや、それって。
 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く