話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 129

 木村先生の背筋がピンと伸びた。何だか直立不動で敬礼でもしそうな雰囲気だった。
 そう言えば井藤がガチでヤバいヤツだと――ただ、オレにもあんな暴挙というか最悪なことを、選りにもよって香川教授にあんな逆恨みで、そして腱を切断するという全く理解出来ないことを仕出かすとは思ってもいなかった――田中先生は色々動き回ったらしいので当然、脳外科の先生方とも密接に関わっていたのだろう、具体的なコトは知らないけど。
「田中先生のご機嫌は如何ですか?あの例の研修医がとんでもないことを仕出かしてしまって、白河以下田中先生や香川教授、そして医局の皆様には足を向けて寝られないと言うのが実情でして……」
 ウチの医局にはたくさんの医局員が居る、当たり前だけど。その全員に「足を向けて寝られない」んだったら立ったままでしか無理なんじゃね?と思ったけど、単なる誇大表現というか(それくらい申し訳なく思っている)ということだろう。
 まあ、田中先生が杉田師長の類い稀なる臨機応変さで救急車を強奪して京都駅に向かって――確かにそれが一番早いだろうけれど――最速で駆け付けたから大事おおごとには至らなかったから良かったものの、最悪の場合、香川教授の腱は断絶されてた……と聞いた時には血液が凍るくらいビビった。
 井藤だって――脳外科では戦力外扱いだったらしいけど――どこを切断すれば指とかが動かなくなる程度の知識は当然持ち合わせていただろうから。
「一時期は精細を欠いているな……と密かに思っていたのですが、今はすっかり以前の快活さとかエネルギッシュさを取り戻しています。医局もすっかり落ち着いていますし、オレ……いや、私の元同級生が――と言っても断じて友達ではないですけれど――やらかした件について口にする先生とかも居ないですし、ましてや脳外科をどうこうとかは一切言ってないですね。
 だから足を向けて寝ても良いんじゃないですか」
 木村先生は心から安堵したような感じで笑みを浮かべている。心なしか、髪の毛もちょっとはフサフサになって来ているような……。
「そうですか。それは本当に良かったです。いえね、香川教授や田中先生がウチに何かをおっしゃって下さるならまだ良いのです。医局に対して厳重注意とか病院長からの――まあ、私の職階では直々にお言葉を賜るなんて思っても居ませんので白河にでも――叱責などが有ればまだ謝罪も出来ます。
 しかし」

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く