話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 127

 割といい加減な所もある柏木先生が医局の士気を高めているし、そのアバウトさが看過出来ないレベルになると田中先生がチクッと一番痛いところを突いてくる。「香川教授の懐刀ふところがたなと言って賞賛する先生も居る代わりに「香川外科の小姑こじゅうとめ」と言って敬遠している――ただ、言っていることはオレからすると至極当然なことなんじゃないかな?とも思ってしまうが――そのツートップで問題が収まらなかった場合は黒木准教授に柏木先生が言いに行ったり、香川教授がアメリカから能力を買って連れてきた香川外科なのに内科医の長岡先生が香川教授に報告しているらしい。あくまでもウワサなのでオレに真偽は分からないが。
 ただ、内科医として非常に優秀なのは内科の内田教授だって認めているし、教授職という雲の上の人と直接のパイプが有るというのは本当だろう。
 つまりは香川教授は世界的な名声を持つ素晴らしい手技に没頭させて――正直、外国からも患者さんが呼べる心臓外科医は香川教授しか居ないのが現状だ。もちろん、そういう人達は日本国民ではないので医療費は全額負担だ。それなのに香川教授の手技を見込んでお願いに来るし、商魂逞しいのか、踏み倒されるのが嫌な斉藤病院長は入院費と手術代金を即金で前払いで支払う――しかもウワサでは全額負担以上のお金をベッド代とかの適当な名目を付けて請求しているらしい――患者さんしか受け入れないとかなんとか……。
 ウチの医局は香川教授を中心にして回っていると思われがちだけれど、なんか皆が自分の出来ることを頑張って香川教授を応援しようという組織が出来上がっているような気がする。
 だから医局のリーダーでもある教授がどこを向いているのか関係ないような……。
  その点が分かってないのかな?とも思うけれども、そんな「医局批判」は内政干渉になってしまうし、そんな大それたコトが出来るほど偉くはない。
 教授職に居たって、他の科に対する干渉はダメという不文律が有る。それなのに研修医のオレごときがそんなことが出来るハズがない。
 ただ、ココに来た目的はアクアマリン姫に対してオレの好感度を上げるためだった。
 それは達成出来たような気がする。現に佐藤とかいう看護師は己の不明を恥じるようなバツの悪い表情を浮かべているし。アクアマリン姫も瞳をキラキラさせてオレを見ているし。
 多分、これからの叱責には具体性が加わるだろう。それだけでも良かったなと思う。
「脳に対して特に異常を認められませんね。大丈夫だと思います」
 木村先生は熱心に――ま、オレがここに来た口実の――画像を見て安心させるような笑みを浮かべている。
 そして。
 
 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く