話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 123

「もしかしたら、コーヒーの方が良かったですか?ただ、洋菓子は患者さんのご家族から頂いた焼き菓子しかないのですが……」
 オレの戸惑った表情を変なふうに誤解したらしい。そういう問題じゃないんだけれども。
「あの!私買って来ます」
 どう見ても研修医ではない医師が慌てたような感じで財布だけ持っている。
 いや、そもそも脳外科に研修医不在なのは知っている。井藤は警察に連行されたし――その後は詳しく知らないけれど――この中途半端な時期に新規補充は無理だというウワサもある。
「いえ、大丈夫です。実はダイエット中なので……。それに怪我は完治しましたので大丈夫です。傷跡も残っていませんし、そもそも男の顔に少しくらい傷が残っていても問題ないでしょう?うら若い女性ならともかく……」
 正しくはダイエットを「明日から」しようと思っていただけだったけれども。
「いえいえ、香川外科所属の先生がわざわざ来て下さったわけですから、ムゲには扱えません。
 そもそも香川外科には足を向けて寝られないのがウチの実情です。
 ウチの白河教授も畏れ多くて、謝罪にも行けていない状態です。ですから遠慮なさらずにケーキを召し上がって行って下さい」
 別に遠慮とかじゃないんだけどなぁと思いつつ、ここに来た目的は木村先生の個室でコーヒーとケーキを食べることじゃない。
 ああ、そうだ!手に良いモノを持っていたと思いついた。
「あのう、先ほど転倒して……、念のために画像を救急救命室で撮ってもらったので、それを読影して頂けますか?」
 本当は放射線科の先生が専門だけれど、脳外科だって一応は分かる。しかも、オレの場合は「仮病」ならぬ「仮傷」なので誰が見たって同じだろう。
 それこそ、そこいらの掃除の小母さんとか、警備員でも大丈夫なレベルだ。本当に自己診断でヤバいと思ったら専門家に聞きに行くだろうけど。
「香川外科の方のお役に立てるのは望外の喜びです。
 謹んで拝見させて頂きます。こちらの封筒ですか?」
 木村先生は何だか貴重な物を預かったような手つきでオレの画像を受け取ってくれた。
 表情も何だかキリっとなっているし、先ほどのように悪代官にペコペコしている越後屋の主人のような感じではなくなっていたし。
「はい。実は脳外科にお邪魔したのはこの件です。ウチの医局にもAiセンター長の田中先生が居ますけれど、生憎あいにく今は手術中でして……」
 田中先生という名前を出すと、より一層背筋が伸びた感じだった。
 何故だろう?

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く