話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 111

 杉田師長は分かってないな!という感じの笑みを浮かべている。
「香川教授が帰国した後の医局のことしか知らないでしょ?それまではウワサでしか知らない年代よね久米先生の場合は。
 ウチの病院の研修医がどれほど過酷に扱われているのか身をって知らないからそういうお花畑発言が出来るのよ。
 人間扱いされないとか、色々言われているけど『あの』田中先生ですら愚痴っていたほどだと聞いているわ」
 伊達にこの病院に長く居るわけではないな……と感心してしまう。救急救命室に籠っているだけで満足な人なのかと思い込んでいたけれども。
 それに田中先生は物凄くメンタルも強いし体力もあるのは知っていたけど、そんな人ですら凹むほどなんだなぁと。
 オレの場合確かに体はキツいけど、そんなにメンタルはやられないと思っている。
 それは香川教授の恩恵なのだと思うと、本当に運が良かったとオレのラッキーさをシミジミと噛み締めた。
「脳外科に行って診てもらうのは良いんですけど、岡田看護師の件とはどう関係があるんでしょうか?」
 研修医が過酷というのは田中先生の「隠された秘話」で分かったけれど、それはあくまで医師の話だ。
 すると、さらに分かってないなという顔をされてしまった。
「あのね、今の脳外科は外堀を固めるので必死なワケ。それは分かるでしょ。白河君も末端まで目が行き届かないってこと。
 ま、普通の教授職で、看護師のことまで考えている人はそうそう居ないんだけどね。
 香川教授の場合は間接的に気を配っている感じだけれど。
 そういうゴタゴタしている時期だからこそ、余計に目配りなんて出来ないわよ。
 新人ナースの場合も研修医と同じで人間扱いされないのよ。
 ま、私くらいになれば、医師の先生からも一目置かれるようになるんだけれどもね。そこまでどれだけの血と涙を流してきたか……。ま、愚痴になるから言わないけどさ。
 そういう新人ナースに『白馬の騎士』登場!ってカッコ良いトコ見せないと。
 しかもさ、今の医局の力関係から行くと香川外科の方が圧倒的に圧勝よね。そういう医局の看板を背負っている先生が――研修医とはいえね――彼女の後ろ盾に付いているのを見せつけないと。
 そりゃ嫉妬とかやっかみも受けるでしょうけど、それ以上に恩恵を受けるわ。
 田中先生が貴重な休憩時間も削ってまで久米先生のデート用の台本を書いているわけでしょ?
 だったら、確実に香川教授は知っているわね」 
 何故か……。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く