話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 105

 普段通りの豪快さと元気の良さは相変わらずの杉田師長だったけれども、アクアマリン姫という田中先生が付けたあだ名がピッタリの透明さとか繊細な感じが吹き飛ばされてしまうのはちょっと、いやかなり残念な気がする。
 あの時、彼女と立ち話に夢中になることはなくて2・3分程度話しただけで立ち去ってしまったほうが良かったのかも知れないと密かに後悔した。そうすれば医局から手術室と普段の業務が出来たのに……と。
 だって、医局も朝の慌ただしさは当然有るものの、香川教授の真摯かつストイックな雰囲気に皆が敬意を表していてガチな体育会系のノリが多い外科とは思えないと個人的には思っている。
 それに手術室で秀逸な手技をこなす香川教授の秩序立った静謐せいひつさは、アメリカの手術のようにジョークをバンバン飛ばしながらハイテンションで行うのとは全く異なる空間を醸し出していたし。
 ―ーどちらかと言うと杉田師長のほうがアメリカ人チックな気がする。豪放磊落ごうほうらいらくとかマイペースなところとか……。
 元同級生の、しかし断じて友達ではない!!井藤が起こした信じられない事件の直後は物凄く怒っているのが分かったし、その後も怖くて近寄れなかったというのは紛れもない事実だったけれど。
 香川教授は――アメリカ時代とかベルリンでの国際公開手術の時の映像は一応見ていたし、英語では冗談を言って会場を沸かせていたのが信じられなくて絶句してしまったのも事実だった――高山を流れる清い川のような手技ではあるけれども、そこにはアクアマリン姫に似た透明な雰囲気が場の空気を爽やかさで満たしている。
 そっちの方がオレには合っているような気がした。
 救急救命室での勤務は当然深夜帯なので、夜中の妙なハイテンションが脳内分泌されているのだろう、そっちでは全く違和感を抱かなかったオレだったが、朝日が燦燦さんさんと降り注ぐ今の時間にはなんだかキツい。
「アクアマリン姫って、田中先生がPCに向かって何かしているけれど、あれに関係あるのかしら?
 田中先生は割と表情が真面目だったので、ゲームとかをしている雰囲気ではないわよね?
 論文を書くとかそういう話も聞いていないし、柏木先生も妙な女言葉を使っていたし、久米先生相手に。
 なんだかオカ……は差別用語らしいんで、場末ばすえの――ニューハーフみたいで妙に可笑しかったんだけれど?」
 そう言われてみれば。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く