話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 103

「それに……何だかフラフラ……じゃなくてクラクラします。気持ち悪いです!!頭痛いですし!」
 伊達に救急救命室に勤務しているわけではないし、杉田師長に毎晩のように怒鳴られていない。
 これで検査という流れになれば、手術の「合法的」にバックれられる!!天啓のように閃いた――といっても、学生の時にも良くこの方法は使ったけれども、社会人になってからは大人としての「責任」も一応有ったので使っていない。ただ、教授を始めとして――といっても、香川教授はオレが多少遅れて入室しても何とも言わないような気はしたけど――「香川外科の第一線を担う」錚々そうそうたるメンバーの視線を一身に浴びることはしたくない。
 フラフラという言葉の使い方は間違えたものの。まあその辺りはご愛嬌だ。それに、出勤前の慌ただしい感じの職員用通路ではオレが怪我をしたのを心配そうに見て、そして泣く子も黙る杉田師長がコトの対処に当たっているのに畏敬の念めいた表情を浮かべて立ち去って行く。ちなみに車椅子のご老人は杉田師長が「大丈夫ですから」と余所行よそいきの「白衣の天使」っぽい笑みを浮かべて追い払っていた。ただ、彼女は白衣を着ていなかったけれども、手つきとかから看護師だと分かったらしい。
 救急救命室の天使、杉田師長のことを知らない病院関係者も居ないので、オレに「お大事に」といった表情を向けて皆がそそくさと建物の中に入っていく。
「念のために検査した方が良いわねぇ……。分かったわよ!救急救命室開けてあげる。
 あと、これから手術なんでしょ?まあ、大丈夫だとは思うケド、万が一手術中に嘔吐おうとしたら香川教授や田中先生の邪魔にもなるでしょ?
 今頃はもうカンファレンス室に集まっている頃かしらね?久米先生の今日のポジションは何なの?」
 今日のオレは「足持ち」だ。つまり、誰でも代わりになれるので――まあ、医局の先輩方に迷惑をかけることにはなるものの――大丈夫だろう。
「『足持ち』なんで……連絡して貰えますか?誰かに交替して貰います。あ!痛い痛い!!」
 杉田師長が携帯を取り出して耳に当てている。
「あ、その声は田中先生ね?私よ。久米先生が転倒して頭を打ったので念のために……え?顔面は地面と衝突していないわよ。それは大丈夫。
 私の権限で検査の方に回すので、手術スタッフは他の人を、ええそう。お願いね。香川教授にくれぐれも宜しくと伝えてね。大事には至ってないようだけれど、一応。了解した?」
 田中先生との通話を終えた杉田師長は何だか謎の笑みを浮かべていた。
 何だろう?

 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く