話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 101

 手技の手柄のような、誰にも真似の出来ないものは、しかも多数の手術スタッフが手術室に居る上に、世界に名だたる香川教授の手技を見学しようとする学生とか――かつてはオレもそうだったのを懐かしく思い出した――世界中から見学者が来ることも有って誤魔化しようがないけれど、田中先生の持論めいた口癖で「バレなければ自分の手柄にして良いのですよ。ビックマウスとか法螺吹ほらふきとか言われるかも知れませんが、大きな口を叩いておくことで自分自身も逃げ場が無くなって血のにじむような努力をしなければならなくないますから」という「手技」の時の教えを拡大解釈することにした。
 それに岡田看護師が「医師狙いのナース」とか陰口を実際に言われた時は彼女の働きを気に入っている田中先生から白河教授に言ってもらおうと密かに決意をした。
 田中先生は文句を言いながらでも絶対にオレの頼みを聞いてくれるだろうし。
 何しろ、年齢=彼女居ない歴を一番からかっていたのは田中先生だったけれど、最も心配してくれて偶々たまたま知り合ったアクアマリン姫に売り込んでくれたのだから。他の先生は合コンのセッティングすらしてくれなかったのに。
 だから絶対に力になってくれるハズだ。白河教授は今現在医局の新体制作りに奔走していると聞いているし、香川教授を拉致った井藤の暴挙を防げなかったことでウチの科だけでなく他の外科にすら遠慮しまくっているというウワサは聞いていた。
 だからガツンとまでは行かないかもだけれど、田中先生の言葉は素直に聞いてくれると思う。何しろ、井藤の暴発の予兆を散々田中先生が言っていたらしいのに防げなかったし「病院改革の闘士」で、准教授でもなかった内科の内田教授の貴重なレクチャーも無駄にした上に救急救命室で勉強をさせてもらった恩のある北教授もとばっちりを受けた「事件」なのだから。
「任せて下さい。貴女のことは全力でお守りします」
 決め台詞の積りで言ったのに、岡田看護師は物凄く可笑しいといった感じの笑い声を辺りに振り撒いていた。
 ううむ、イケメンじゃなければこういうセリフも使ってはいけないのかな……。ただ、この言葉は母が愛読している「皇室の歩み」だかいう本で見た言葉で、しかも――こういうとただのひがみのような気がするけど、おっしゃった御方もオレとそう変わらない、外見は。いや、家柄とかそういうモノは雲泥の差があることは知っている。
 そして。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く