話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 99

 少し辺りを見回して、薄く塗られた唇から猫のような舌をチロッと出すのも最高にラブリーだった。
「こんなことを言うと先輩方にものすごく顰蹙ひんしゅくを買って最悪、無視されます。仕事で必要な時にしか声を掛けて貰えません……」
 寒そうに震える感じでアクアマリン姫は周りを見回している。何だかナースの間ではドロドロしているとかウワサでは聞いたことがある。
 ただ、ウチの医局では田中先生のファンが多いので「誰々さんにシカトされてます」とこっそり言いに来て、田中先生がその誰々さんに話を付けるそうだ。「具体的にどうしたのですか?」と聞いても「久米先生にはまだ早いです。時期が来たら秘伝を伝授します」と言われているので、それまでは「おあずけ」状態で大人しく待っていようと思った。
「なんですか?」
 看護師になったのは経済的に自立した人間になりたいという想いも確かに有りましたが、尊敬できるお医者さんと結婚したいなという女性としての願いも心の片隅にちらりと。
 ただ、あからさまなお医者さん狙いだと分かると、優しい先輩が次の日から口をきいてくれなくなります。
 それとかナースキャップが隠されていたり……。
 ウチの病院ではないんですが、新米ナースの歓迎会の時に「夢はお医者さんと結婚することです!!」って言っただけでその場が凍り付いて……。透明人間のように扱われてしまって……その病院を居た堪れなくなって辞めました。
「そんなことがあるんですか?江戸時代だったかの村八分むらはちぶみたいですね……。
 オレが最も良く接するのは杉田師長だし、彼女はミスをした時には容赦なく雷を落とす人ではある。ただ、同じようなミスを繰り返さなければ「久米先生!!良くやったわね!ナイス!!」とかカラッと褒めてくれる。
「田中先生と初めてお茶した時に――といっても一回だけですが――思わず久米先生のお名前を出してしまったし、そして『デート』プランが進行中だと田中先生とか柏木先生からも聞いています。
 私も柏木先生の奥さんみたいに、子供が出来るまではこの仕事を続けたいのですが、先輩達から生意気とか思われたくないんです。柏木看護師は手術室のベテランナースなのでそういう『雑音』とか無視出来ないだけの実力は有りますよね?でも、私は新米なのでそんなコト出来ないです……」
 岡田看護師は「結婚」つまりオレとだろう。それしか考えられない。だって田中先生情報によるとかなりの医師に告白されているようだったが全部断っていると聞いた。
 これは、彼女いない歴=年齢どころか「婚約即結婚」という流れになりそうだと思うと、心が風船のように空中をフワフワ飛んでいるような気持になった。
「それは任せて下さい。ほら、あの事件で、白河教授はウチの科に対して遠慮しているでしょう。遠慮と言うか、仰せご尤も!!と言った感じですよね。それにオレはあの事件で怪我をしました。だから白河教授にガツンと言ってやりますよ。だから心配しないでください」
 ただし。
 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く