話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 48

「もう上がりですよね?それにこの時間ならシャワー室にほぼ人が居ないので迷惑にはならないでしょう」
 先ほどの真剣な眼差しとはうって変って田中先生の目は悪戯イタズラっぽい光りが宿っていてイヤな予感がした。
「まあ、ご両親の本音中のホンネを聞いておいた方が良いですよ。
 もしかしたらアクアマリン姫のことを看護師としてではなくて、人間、いや久米家のお嫁さんとして見て下さるかも知れませんから。
 まあ、その可能性は……」
 意味有り気に言葉を切った田中先生は飲み物の自販機へと足早に歩み寄った。
 何を買ってくれるのかと思うとオレの大好きなコーラで、やっぱり頼りになる上に優しい先輩だ!と、同じ医局に入れて良かったなあと思った瞬間にプルトップを器用に開けて、さっき手に持っていた細長い棒のようなものから錠剤の拡大版を取り出している。
「どうぞ。ただし、そこに立ったまま飲んで下さいね」
 それだけ言うと田中先生はPCを置いてある所まで普段以上の速足で去って行った。
 その瞬間、コーラが間欠泉のように噴出した。
「ええぇぇぇっ!!」
 缶を掴んでいる手までがコーラまみれ、いやコーラの滝が流れ落ちる水路(?)になっている。
「ネットで見ませんでしたか?コーラにミントスを入れたらそうなるらしいです。
 ただ、ああいう動画サイトはヤラセも多いと噂されていますから、一度目の前で検証してみたかったのです」
 目を悪戯っ子のように輝かした田中先生を見て(やられた!)と思ったのも後の祭りだった。
 今夜はハイヒールといい、コーラの間欠泉といい田中先生の「他愛のない」気晴らしの餌食になってしまった。
「ほら、そこの水道で手を洗わないと糖分でベタベタになりますよ。そんな手でUSBメモリを持ったら下手をすればPCまで悪影響が出かねませんから……」
 田中先生は心の底から可笑しそうな表情で、それでいて親身になってアドバイスをくれた。それに、杉田師長達から頼まれたたこ焼きとかも持って帰らないといけない。まさか救急救命室の天使サマにコーラの香りと甘みの付いたたこ焼きやお好み焼きを渡すわけにはいかないので。
「お疲れ様です。じゃあ、また明日の、いやもう今日ですね……。手術前カンファで会いましょう」
 田中先生はハンカチで丁寧にくるんだUSBメモリを手渡してくれた。
 もしかしたら必死に考えた台本が――オレのデートの、だけれど――破損するのが嫌だったからかも知れなかったが。
 (少し時間が出来たらお母さんとお父さんにアクアマリン姫のことを言ってみよう)と心に決めて、こんな深夜にも関わらず自宅に帰る田中先生を見送った。
 背を凛と伸ばして歩く田中先生の後ろ姿はバランスの取れた長身で、その上早く家に帰りたいのか――といっても一人暮らしなので待つ人は居ないハズだけれど――きびきびと足を動かしている様子をしばらく見送った。コーラの香りがほのかに漂っているのはきっと気のせいだろう、多分。
 そして。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く