話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 47

「ああ、そう言えば日持ちしないお菓子などは、ご近所の、町内会の会長さんとか副会長さん、そして開業医の奥さん達で作っている『ドクターズワイブズクラブ』のお茶会に持って行っているみたいです。父のクリニックの看護師さんに上げてた記憶はないですね……」
 幼い頃にそういう集まりに連れて行かれたことが有る。その時は床一面が白い大理石で――今思えば――しかも石だから冷たいのかと思っていたのに物凄く暖かったことを思い出した。床暖房完備のお家だったのだろう。オレは本音を言えばコンソメ味のポテチを食べたかったのだけれども、バターたっぷりの上品なお菓子とかマカロンをバリバリ食べてしまってお母さんに怒られたことが有った。マカロンの繊細な味とかバターとお酒の香りがキツいお菓子よりもポテチや〇ゃがりこ、味は断然サラダ味だ!の方が好きだったがお母さんにそんなことを言えなくて、早く帰りたい一心で貪り食ってしまったという過去を。
 田中先生はタバコの煙を大きく吐いている。
「久米先生のお母様のことをあれこれ言いたくないのですけれど、やはり看護師への拭いがたい偏見をお持ちのようですね……。
 ちなみに彼女居ない歴=年齢だということもご存知なのですか?」
 田中先生の男らしい眉が曇っている。
「はい。しかし、オレん家では医師になるまでは彼女とかガール・フレンドを作るな!って言われていました。まあ、実際は作りたくても作れなかったのですけれど……。でも『敢えて作らない』と思ってたみたいです。親バカというかうるわしい誤解なんですが……」
 田中先生は肺が空っぽになったんじゃないかと思うほど大きなため息を漏らしていた。
「とにかく、次に一家団欒の機会に恵まれた時に『恋人にしたい人、いや結婚を前提に付き合いたいと思っている人が居るんだけれども会ってくれるかな、看護師なんだけど……』とありのままに言うしかないですね。
 ぶっちゃっけ久米先生の場合は、アクアマリン姫よりも綺麗で気立ても良い女性と今後出会うとも思われないですし。
 それに何より彼女は久米先生が医師だから好意を持ったわけではないみたいですし。そういう女性って実際は滅多に居ないのです。
 だからこれを逃したら、結婚は出来るかも知れませんが、それは医師とか卒業した大学、そして実家が開業医だということもひっくるめて好きな女性でしょうね……」
 田中先生が何の気なしといった感じでポケットを探って、棒状の何かを取り出した。
 そして。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く