話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 40

「ウチの母は差別主義者レイシストなのでしょうかね……」
 深窓のご令嬢しか――少なくとも母さんの友達の御嬢さんとか、もっと素晴らしい家柄とか――オレのお嫁としては相応しくないと思っているんじゃないかな……と田中先生と話しているうちに疑念が膨らんでいく。それまでは全くそういうことを考えていなかった反動からか、何となく重い溜息をついた。
「差別主義者というわけではないかと。ただ『久米家の嫁として看護師は認められない』とか言いそうですね……。我々からすればK大医学部卒の医師なんて病院では石を投げたら必ず当たりますが、世間ではそうでもありませんから。
 やはり非の打ちどころのないお嫁さんをお母様は望んでいらっしゃるかと思いますよ。
 ほら、礼儀作法とか料理の能力とか話が合うかどうかとか――そんなのは後付けで大丈夫だと個人的には思いますが――そういうたしなみめいたものを先にマスターしている女性の方が良いと思っているお母様は多いようですから」
 ふと(田中先生はどうなんだろう)と素朴な疑問がわいた。
「田中先生の彼女さんは、田中先生のお母様に気に入られているのですか?」
 彼女さんはバリバリの商社レディで三か国語はペラペラだし海外に商談にも行く女性だし、オレが怖くて一歩たりとも歩けなかった華奢なヒールを難なく履きこなす極上の美人さんだ。
 オレの高校の時の同級生が有名な商社に勤務している。その友達の話しだと商社レディは商社マンのお嫁さん候補として雇われている側面もあるらしい。
 商社なんだから海外勤務も経験する人間が圧倒的に多いので、夫人同伴で現地に赴任する。
 そういう時に大使夫人ともパーティとかで同席するとか現地のお客様をおもてなしするとかもソツなくこなすには同じ商社に居る人が望ましいとか。
「はい。一目見た時から気に入って貰っています。田中家の――といっても全く大したことのないダタの庶民ですが――レシピと母の婚約指輪だったかな?とにかくそういう母がずっと大切にしていた指輪も貰っていましたからね……。
 私にしては極上の人を見つけたと絶賛されました」
 田中先生は共著の原稿を書いている時と同じような笑みを浮かべている。
 それだけ彼女さんも誇らしいのだろう。香川教授は上司として尊敬しているのと同様に。
「お母様からレシピと指輪を貰ったのですね。それは物凄く気に入られているんですね」
 まあ、商社レディも「お嫁さんにしたい理想の職業」のトップ10に入っていたような気がするしある意味当然かもしれない。
 ただ。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く