話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 34

 その奥の空間でキーボードを叩く音が聞こえた。田中先生のタイピングの音は割と特徴的だったし、香川教授と共著の本の原稿を作成している時に聞いたのと同じだったので間違いはないだろう。
 何だかストーカー行為をしているような気がして――いや、更にマズいかもしれないが――そっと覗きこんだ。
 すると、PCの画面に向き合う顔が見えた。タバコを咥えながらというのは想定内だったが、ナースが見たら歓声を上げそうな感じの真面目で端整な顔でPC画面に向かっていた。
 オレが渡したUSBメモリが刺さっているのでアクアマリン姫とのデートの時用の台本を作って下さっている感じだった。
 あれ?と思ったのは、共著の原稿も田中先生はワードで作っていたのは知っている。その原稿を書いている時は何だかとても楽しそうにPCに向かっていた。
 その時の田中先生の表情の中でも最も印象的な目の輝きが物凄く嬉しそうで誇らしそうな感じだった。
 原稿を書くのが好きな人なのかな?と思っていたのだが――実際に現役医師の中でもベストセラー作家になっている人も居るのでオレ達の仕事と作家との相性みたいなものはとても良いのだろう。そして田中先生も原稿書きが――というか入力作業――好きなのかと思っていた。
 しかし、今の田中先生は電子カルテに患者さんの情報とかを入力するのと同じ感じの真剣さと真面目さは漂ってくるものの、躍動的な楽しさめいたものは一切漂ってこない。
 今夜の救急救命室が忙しすぎたからかな?とも思ってみたが、香川教授からワード文書で原稿を手渡されたと言って、田中先生の担当の「香川教授の心情を入れる」という作業中には当然こんな風に物凄く忙しかった夜も有った。その時もPCに向かう時は本当に楽しそうな感じで眼力めぢからの強い黒い瞳は物凄く楽しそうに輝いていた。
 それが今夜は何だか義務を果たすような感じで淡々と作業をしている感じだった。
 自分の日記をつけるのではなくて――そんな面倒なことは田中先生もしないだろうけれど――どれだけ尊敬している上に個人的にも親しいとは言っても所詮他人でもある香川教授の心情をそれらしくつづる作業が楽しかったのだろうか?
 まあ、田中先生のことだから直接聞いても正確な答えは期待出来ない……な。
 すると。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く