話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 32

「ちょっと、久米先生たこ焼き食べたいんだけど」
 杉田師長は激戦からやっと離脱出来た感じで清水先生を従えて凱旋した勝利の女神みたいに――と言っても、清水先生に彼女特製のビタミン剤を注射させているというヨレヨレだったが、それでも後光は射している――降臨といった感じで入ってきた。
 清水先生が来るまでは注射もオレの役目だったのだから、一部軽減されている。
「了解です。あ!ちなみに田中先生の隠れ場所ご存知じゃないですよね」
 何となく気になって聞いてみた。
「そうね?この寒さだからねぇ……。あ!PC持って行ってるのよね、田中先生……」
 救急救命室の女神様は勝ち戦にテンションが上がっている感じだった。そして、PCがなくなっているのも目ざとく気付いたらしい。
「そうです。上がったのかもしれませんが……」
 戦線離脱が早い――ただ、必要な時には絶対に居るという特技も持ち合わせている――田中先生なので、その辺りも杉田師長に気に入られている要因の一つでもあるのは知っていた。
「あのハイヒール『体験』本当に済ませておけば良かったわねぇ。ま、私もあんなの履いたことはないけど。
 それはそうと、充電器バッテリーごとPC持っていっているんだったら、コンセントが有る場所でしょ?
 セブンとたこ焼きの屋台が有る並びに、タバコ屋さんが有るのは知っているわよね?あそこ……自販機が並んでいる店の奥にちょっとした空間が有ってね、昼は病院を抜け出した患者さんがよくたむろっているらしいけど、夜は流石にそこまで出来ないので医師や看護師がこっそり行っているらしいけど?しかもコンセントも有るらしいから」
 そういえばタバコの自販機が何の色気もなく並んでいる寂れた感じの店が有るのは知っている。コンビニとかたこ焼きは需要が有るのは何となく分かるが、タバコ屋さんも確かに24時間開いている――と言っても店員さんはいない――電気が灯っているのを不思議だと思っていたが、そういう需要が有るのかと今更ながらに思い当たる。
「ああ、あの場所ですか?田中先生はコンセントの位置も見つけるの上手いですからね……。まあ、厳密に言うとアウトな行為でしょうけれど、そこまで店はうるさく言いませんし、数円とかのレベルでしょう?パクっている電気代は……。ウチの科の開放病棟に居る患者さんも良く行くらしいですね。ほら、精神疾患の方とニコチンの親和性は高いという統計も出ていますから」
 清水先生は――オレの実家とはけた違いの私立病院の御曹司なのに――庶民感覚も持ち合わせているような感じで、一人分のたこ焼きの代金を手渡してくれた。
 田中先生が居るかもしれないな……と一縷いちるの望みを抱いてコンビニの明るい照明とは格段に落ちるタバコ屋さんの店内に入っていった。
 すると。
 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く