話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 31

 よくよく考えれば田中先生がオレに悪戯イタズラをするのは、反応を楽しんでいるフシが有る。
 当惑したり言い返したりするオレに対して、引き締まった唇に――意思の強さがにじみ出ている感じで普通の人の口唇こうしんよりも固そうな感じだった――楽しそうな笑いを浮かべたり、口角をキュっと上げていたりする。
 だからタバコ休憩だけだったら十分足らずで戻ってくるだろうけどノートPCまで持って出たということはオレの反応を今夜は期待していないようだった。
 だったら有り難く貰おうと思った。
「あ、信じてくれたんだな……。久米先生には真夜中のコンビニとかたこ焼きとかの屋台に行って貰っているだろ?
 雨の日とか真冬の底冷えの寒さの日でも。だから『その感謝の意を表さないとな』と田中先生が言い出して。
 ほら、研修医時代からウチの医局からココに派遣されたのは田中先生だけだし、その時は同じ目に遭っていたみたいだから、そういう気持ちは分かるのだろう。
 ま、生粋の救急救命室育ちではないのでココの赤字改善に腐心していたみたいだが。ほら弁も立つし、どうすれば赤字を少しでも削減出来るかを考えて実行していたので、久米先生よりもパシり率は低かったようだが。 
 で、田中先生が三千円、オレが残りを負担した。いやあ、妻帯者は辛いからな……財布的にも」
 先輩たちの思いやりの気持ちがとても嬉しかった。
 ただ、柏木先生の奥さんはナースなので、お母さん世代に流行ったらしい「ダブル・インカム・ノー・キッズ」だ。
 そして田中先生は商社レディ――しかもオレには絶対履くことが出来ないあんな華奢なヒールが似合う――極上の美人さんで、そういう人は男性に奢ってもらうのが常識になのではないかな?と思う。お母さんだって若い頃はそこそこの美人だったので「割り勘とか信じられない。男性が財布を出すのが当たり前でしょ」とか言っていたらしいし。
 だから田中先生の方がデート代とかかかっているのではないかと――オレが家族の行事で行きつけのレストランではお父さんのクリニックの経費で落とすとかで支払ったことは一度たりともないものの、三人で行くと研修医の給料が一晩で軽く吹っ飛ぶほどの代金だったし――思ってしまうが、そういう愚痴めいたことは絶対に言わない人だ、田中先生は。デートは主に東京でしているみたいだから物価も高いだろうし。そういう意味では好意がとても嬉しかった。
 この五千円札は色々な意味で暖かい。
 財布に大切にしまっておこう。それに田中先生が手を触れたお札っぽいので――ギリシア神話のミダス王の逸話は、触れるものを全て金になるという「悲劇」だが――何だか女性運が向上しそうなパワーも秘めていそうだったし。
 そして。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く