話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 30

「まぁ、久米先生の納得が行くまで調べて見たら良いんじゃないか?何なら顕微鏡でもこっちに持って来てさ」
 柏木先生が大きな欠伸をしている。流石にこんな深夜帯はーーしかも、先ほどまで野戦病院さながらの状態だったーー疲労と眠気が襲ってくる。
「いやあ、そこまでは……流石に失礼でしょうから」
 それでも念のためにオレの財布の中から五千円札を出して比較対象してみることにした。
 手触りとか目の不自由な方のための点字部分や印刷具合は同じような感じだった。
 まあ、ドッキリを疑っているオレとは異なってさっき行ったセブイレの店員さんは多分無警戒だから最悪そこで何かを購入して「偽札」を普通の紙幣に変えてもらおう。
「田中先生は泊りですか?それとも、いつものように帰宅ですか?」
 田中先生は休憩中にどこかでタバコを吸っていることは知っていた。ただ、その具体的な場所は絶対に教えてくれなかったけれども。
 一人になりたい時だってオレにもあるのだから、オレ以上に激務かつ精神的プレッシャーにも晒されている田中先生の気持ちはよく分かる。
 それに田中先生は病院で最もナースに人気のある人だし、実際他科の夜勤ナースが追っかけをしているというウワサもあったので、その辺りも警戒しないといけないだろうし。そういう点は羨ましい一面も有ったものの、イケメンなりの悩みでもあるのだろう。
「いや、今晩中に久米先生の台本を書き上げるとか言っていたので、今はその作業中だろうな。
 その後は一度帰宅するんじゃないか?普段のパターン的にはその線だろうな」
 田中先生は病院の仮眠室を使わないことも割と知られている。オレなんかは帰るのが面倒くさいけれど、年功序列がはっきりと残っているこの病院では仮眠室だって先輩が使っていれば当然使えない。
 田中先生はもしかしてオレのベットを確保するために帰ってくれているのかもしれない。家だって学生時代からずっと同じ場所に下宿していると言っていた。お互いの家を訪ね合うような機会はなかったものの、大学や病院の近くに部屋を確保するのは実家が固定されている京都在住者以外は常識だった。何しろ学部生だった時から長時間拘束が当たり前なのだから、他の文系学部とは異なって「大学の近くに部屋を借りる」というのは常識になっている。
 オレのためにベッドを空けてくれているとかは一切言ってなかったものの、そういうことを恩着せがましく言うタイプの人でもない。
 とりあえず、田中先生が残してくれた五千円札を疑ってしまったオレ自身の不明を恥じつつ温かな気持ちで財布の中に入れる前に額にかざした。
 そして。
 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く