話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 23

「はい。残しています。PCもUSBメモリも水没とかうっかりなくすことを考えて、デスクトップ上に一つと、USBメモリには上書きするたびに三つ保存していますし……。この程度の防御策なら万全かと思いまして」
 田中先生は心外そうな感じで手入れをしていないのに――ほとんどの時間一緒に居るので、眉毛のケアをしていないことは分かる――今流行りのメンズエステに行ったかのような綺麗な眉尻を心外そうに上げた。
 ちなみに、メンズ・エステなるものが有ると知ったのも――女性用のはお母さんがずっと通っているので存在は知っている――アクアマリン姫とのデートの参考になればと初めて買った「モテる男特集」とかが載っていたメンズ雑誌のお蔭だ。
「教授と私の原稿、あれは久米先生のPCに取り込むためにUSBメモリ一個でまかなっていましたよね。
 その後も校正作業で誤字脱字の直しなどもメモリで共有していました。『一個』だけでを使って。
 それよりも多数のメモリを使う点で、久米先生の情熱がどちらに傾いているのか良く分かるエピソードですよね」
 不本意そうに眉を上げた田中先生は本気でご機嫌斜めっぽい。慌ててフォローに入った。
「いやあ、田中先生は何をしてもソツのない方ですし、USBメモリが一つでも充分だと思ったもので。
 その点オレ……いや、私などはうっかり落とすとか、落とした拍子にトイレに入ってしまう可能性が高かったので……。田中先生のリスク回避ヘッジは、元々のリスクが低い分、それほど厳重にしなくても良いかなと思っただけで。その点私はヘマが多いので、リスクヘッジもたくさんしておく方が良いかと判断した次第です。
 ここだけの話、予備の――メモリを胸ポケットに入れていて、あ!個人情報は当然伏せています……。そして便座に座って大きい方を済ませた瞬間に便器の中に落としてしまったという痛恨の過去が有ります」 
 オレも便座に座っている、つまりお尻と便器は密着しているし、隙間なんてないというのに何故かそんな事態を引き起こしてしまった。
 そんな誰にも言えそうにない昏い過去が有るのだからオレ的には万全の態勢で臨んだわけなのだが。
 その昏く忌まわしい過去の話を聞いた田中先生と柏木先生は大笑いしている。
 まあ、笑われるのも仕方ないなと思ってしまったが。
「なるほど、事情は良く分かりました。それなら仕方ないですね……USBメモリもヤマ〇電気とかでたくさん買っていた方が良いと思います。
 それはともかくとして、その三つ有るウチの一つを私に預けて下さい」
 預けるって、まさか。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く