話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 12

「うわあ。こんなに急こう配なのですか……」
 爪先立ち程度しか経験したことはないオレにとって、ハイヒールの脅威は想像以上だった。
 なんといっても、どこに重心を掛けて良いのかも分からない上に、地面がグラグラするようなーーいや、それが靴のせいだと頭では理解しているがーー心もとなさを覚える。
「肩を貸す程度は良いですが、そんなに力を入れて掴まないでください。正直痛いです。
 それに久米先生、全体重を足ではなくて手で支えようとしているでしょう?」
 田中先生の指摘通りだったが、足で立つのが怖いのだから仕方ない。柏木先生とか杉田師長も近くに立って見ているハズだけれども、それを確かめる心の余裕すらない。
「ダメです。腕がプルプルして来ました……」
 オレの必死、いや決死かも知らない訴えに杉田師長の爆笑が聞こえてきた。
「いや、だから足に力を入れて立つのが人間だから、頑張れ、立て!立つんだ久米先生!!」
 完全に面白がっている柏木先生の声がどこからか響いてきた。
「ここは平面ですよ。救急車のスペースですから当たり前ですが。
 両肩、いい加減痛いので離れたいのですけれども」
 田中先生の無茶振り(?)の声が非情に響いた。
「ダメですっ。こんなの立てませんっ!田中先生、捨てないでくださいっ!!」
 腕の力が抜けていきそうなのを必死に支えた。
 女性はーーこのクツの持ち主は長岡先生だがーーこんな不安定なモノを平気で履いて歩いているとは思ってもいなかった。歩くどころか、自力で立つことすら出来ていないオレは心の底から女性のことを尊敬してしまう。
「これはダメだわ……。田中先生が離れたら絶対に転倒するわよ。もう止めなさい」
 杉田師長の声が、天使のそれに聞こえた。
「分かりました。この体勢を保ちますので、久米先生はゆっくりと地面に下りてください。
 そもそも地面に居るのですが、主観的には異なるでしょうから、ね」
 田中先生の声も諦めモードというか、呆れている感じだったけれども、それでも何とか一命を取り留めた気持ちがした。
 コンクリートの平たい感触と、揺るぎのない大地の有難さをシミジミと実感して、生きた心地を取り戻した。
「分かりましたか?平面ですらこういう状態になるのです。しかも段差があったり、小さな穴にヒールが挟まって抜けなくなったりと色々なリスクまで負って歩いているのですから、普段の速足は絶対に避けろと言った訳が分かりましたよね?」
 田中先生の言葉は、察しの悪い弟に言い聞かせている感じだった。多分、田中先生の彼女さんもこういうヒールが似合う足首の細い女性なのだろう。そんな彼女さんをーーそれほど頻繁ひんぱんに逢っている感じでもないけれどーー見てきた田中先生らしい教えを肝に銘じようと思った。
「分かりました。デートの時に女性がどんな靴を履いてきているかは絶対に確かめてから行動したいと思います」
 何故なら。
 

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く