話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 10

「ほら、久米先生は例の事件の時に何もない所で思いっきり転倒したでしょ?
 その時、普通の人間は反射的に手が前に出るのが普通だけど、顔面を強打しただけで掌にも怪我は一切ナシだったわよね。
 あれって、人間は脊髄反射で転倒した時に手が出るという従来の学説とは異なって、後天的に学習していくものだという学説を身体まで張って証明してくれたわね……」
 オレ数多い黒歴史の一つを暴露されてしまった。特に田中先生は教授の方に行っていたので、病院には居なかった。だからだろう、田中先生は物凄く可笑しそうに笑っている。
 出来るなら田中先生には言えずに隠しておきたい昏い過去だったが。
 オレは田中先生のことを尊敬はしているし、こんな兄が居ればいいと思うほど基本的には良い人だとも思う。しかし、その一方でからかいのネタを見つけられるとコトあるごとに言及される。オレが言われて本当にイヤなことは言葉にしないという最低ラインは守ってくれているようだが。
「ああ、あれは普通の人間だったら成長過程で学んでいくことなので、本能に組み込まれていると皆が思い込んだ『神話』めいた共通認識になっていたようですが、実際は脳が経験則で判断していたようですね」
 田中先生は大きな手で持っているので余計に華奢に見えるハイヒールを器用にくるくると回しながら可笑しそうにオレを見ていた。
「幼い頃からそういう走り回るような遊びを経験していないのでしょう。
 ま、私もハイヒールを履いた経験は当然有りませんが、人間何事も経験したほうが人生楽しいですよ。
 ま、私は経験したくはないですが」
 矛盾することを平然と言い切ってしまう辺りが田中先生の最大の強みだと思う。
 そしてオレがこれ以上抵抗の気力をなくしてしまうのも、いつものパターンだ。
「このタイプならパンストが不要だからある意味楽よ。素足で履けるでしょ。もちろん、搬送の要請が救急車から入ったら、即座にそのスペースは空けてもらうわよっ1
 ただ、その場合、久米先生はコケる可能性が高いし、私が怒鳴るよりも先に……」
 杉田師長は、本来ならば大学附属病院レベルではない――医師の視点からだとそこいらの総合病院とか公立病院に運ばれるべき患者さん――も受け入れてしまう。ただ、それでも内部からもクレームが出ないのは、野生の勘みたいな感じで重篤患者一人一人に適切な人員を差配出来る点と、現場指揮官として稀有な才能と抱負過ぎる経験を持っているからだった。映画でしか観たことのない激戦地域の野戦病院に似た感じの時は怒鳴り声が大きすぎて耳鼻科に鼓膜を癒しに行きたくなることも多々あったが。
「その点については想定済です。救急車のサイレンが聞こえるか聞こえないかの瞬間に、久米先生がパニくってコケてしまうよりも前に、私と柏木先生の二人で責任を持ってこのぶよっとした身体を運びます。救急車が現着する時には完全に撤退して綺麗にしておきますので。
 その点はお約束します。
 柏木先生も巻き込んだのは――私の恋人だったら一人で楽々運ぶ自信は有るのですが、流石に久米先生とは体重も、そしてコツも掴んでいないという致命的な違いがあるので――念には念を入れて、です。
 杉田師長は腕組みを――確か精神科だか心理学だったかは忘れたが、両手を胸の辺りでクロスさせるのは「拒絶」もしくは「出来れば断りたい」という心理が働いているからだったような気がする――解いて、田中先生に向かって笑いかけた。
「ああ、田中先生の恋人さんはスタイル抜群だし、体重も軽そうだものね、久米先生と比べればの話だけど。それに確かにコツは掴んでいるわね」
 教授のお蔭で病院の稼ぎ頭に最短で躍り出た香川外科は――当時のオレはまだ学生だった――救急救命室に教授のお眼鏡に適った有能な医師を派遣していることでも名を馳せた、あくまで病院内だけだったが。
 その先駆者が田中先生だったので、杉田師長――当時は結婚していなかったので名字は違ったが、その結婚相手と師長を巡り合わせたのは田中先生だとの専らのウワサだった。ご主人は大学病院で稀に起こる訴訟を担当する有能かつ敏腕な有名弁護士の先生だと聞いている。
 俗にいう「お姫様抱っこ」は実際のところ、もっとも身体への負担が軽いリフティングだが、田中先生の彼女は東京デートとかで大切に扱って貰っているのだろう。それに付き合いが長い分、杉田師長は田中先生からプライベートの話も聞いているのだろう。
 世界中を飛び回る美貌の商社レディが田中先生の恋人だが、実際に見たという人間の話は聞いたことがない。
 しかし。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く