話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 5

「ただ今戻りましたっ!」
 三人だけの休憩スペースと化している控室に入ると、柏木先生が可笑しそうな表情で迎えてくれた。
「ゆっくり歩いてきたのは感心だが……。そのスーパーの特売に行った主婦もびっくりの大きな袋のせいで自然と歩くのが遅くなったんじゃないだろうな?」
 コンビニのおでんは、詰めてくれる容器が大きいせいで嵩張ってしまうだけで、そんなに重くない。
 ただ、そのことは柏木先生も知っているハズなので単純にからかわれているだけだろう。
「いえ、デートに備えてゆっくり歩く訓練を積んでいるだけです。
 あれ、田中先生は?」
 柏木先生の分と田中先生のを先程まで占めていたスペースに置いてから、オレの収穫物を並べた。
「久米先生……。その唐揚げの量……、しかも『じゃがりこ』とポテチ、そしてコーラ……。見るからに太りそうなモノばかりだし、しかも身体にも……文字通り医者の不養生だし、夜中にそんなに食べたらアクアマリン姫に嫌われるぞ……」
 食べられる時に食べておくというのは鉄則だったので、両手に唐揚げを持って食べていると柏木先生が呆れたような、そして胸やけでもしている表情を浮かべていた。
「ハイヒール、調達して来ましたよ」
 田中先生が戦利品のように掲げた靴を見て(こんなの、本当に履いて歩けるのか?もしかして、医局の先輩方に――たとえその気は皆無だったにしろ――要らぬ誤解を与えた顔面強打事件の再来になるんじゃ?)と内心でビビってしまった。
 しかし、田中先生は医局のどこでこんな靴を調達出来たのだろうか……。
「おい、田中先生、それはハイヒールというよりピンヒールだろう……。ほら、ドMの男が女王様に踏まれて喜ぶような……・
 ま、サンダルみたいな形だからサイズ的には大丈夫だろうが」
 大根を食べながら柏木先生が恐ろしいことを言った。
 確かにサンダル――正式名称は当然知らないが何かしらの名前は付いているのだろう――のように足の甲に太めの一本のリボンにお花があしらってあるというシロモノだった。しかも極細のヒールは目測で5センチから6センチの高さだった。
 そして、ヒール部分を持った田中先生が、オレの前にサンダル……いや靴をかざしてくるとイタリア語と思しき文字列が目に入った。
 思わず目を真ん丸にしてしまった。
 何故なら。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く