話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 「夏事件」の後 4

 それだけではなくて目に入ったら絶対に欲しくなるモノが「ワ・タ・シ・を・食・べ・て」と萌え声で訴えているような気がした。
「あと、クリームコロッケとハッシュポテトと塩唐揚げ、チーズチキンをお願いします。あ!コーラとかの飲料も買いたいのでゆっくりで良いです」
 ここの店は病院関係者も良く来るので――といっても、どこの科の先生やナースなのかは分からないが――この時間もそれらしき人で賑わっている。
 だからレジを占領しているのも悪いかなと思ってドリンクコーナーへと移動しようとすると「じゃがりこ」の緑色とかポテチのコンソメ味のオレンジの包装紙が「買って!」とオレに訴えかけてくるようだった。
 どうしようかなと一瞬考えたが、スナックに関しては悩む前に買え!というのがオレのポリシーだったので両方とも棚から取ってカゴに入れた。そして、オレ用のお徳用コーラと田中先生が最近ハマっている「ゆずれもん」――コーヒーは救急救命室にも置いてあるし、タバコ休憩とか言って抜け出した時にはブラックの缶を買っていると聞いていた。
 コンビニでは「ゆずれもん」をずっと買っている――というか買いに走らされている――後は柏木先生用に微糖のカフェオレを忘れずにカゴに入れた。
「あ、柚子胡椒は20袋お願いします。多くて申し訳ないのですが……」
 買いカゴをいっぱいにしてレジに戻ったオレは店員さんにそう告げた。
 柚子胡椒は田中先生が大好きなので――そもそも柚子の味が好きなのだろう。飲み物もそれ系をわざわざ買うことを――と言っても今日はオレの奢りだったが、給料日直後なだけに財布にはたくさんの諭吉が居てくれるのでとても嬉しい。
 会計を済ませてふと横を見ると、かつ丼がとても美味しそうに陳列されていた。
 ただ、オレの後ろに二人のお客さんがそれぞれカップ麺とかポテチのラージサイズとかの嵩張ったカゴをそれぞれ持っていたので、今日は諦めることにした。
 病院の敷地に入ると(ゆっくり、ゆっくり!)と呪文のように唱えながら救急救命室に入った。
 いつしか習慣になってしまった救急車専用スペースの様子を外から窺う。
 停まっているかどうかだけではなくて、扉の様子とか――乱雑な感じで開けられていたらオレが居ない内に搬送があったことを物語っている――そうなると、おでんなどを入れたコンビニの袋などはそこいらに置いて即座に駆けつけなければならない。
 ただ、そのスペースは静謐な感じで静まり返っている。ということは凪の時間が続いているのだろう。
 そして。


「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く