話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 20

「一日目ですからね、まだまだ大目に見ている部分があります。ここだけの話しですが」
 教授執務階は当然上層に位置している。だから各階に停まった後のエレベーターに乗っている人はまばらだった。
 それでも田中先生は一人一人の顔を確かめるように見てから――こういうのが大学病院の処世術なのだなと心に刻みつけておこうと思った。
「はい……」
 田中先生はやっぱり優しい人なんだなぁと心の底から感心してしまう。そしてこの人のことは信頼出来るなと直感した。やっぱり、お兄さんが居たらこんな感じなのだろう。要所要所ではこうして注意をしてくれるトコとか。
「特に救急救命室勤務となればその傾向は高くなります。ウチの医局はそこまでナースの発言力はないのが現状でして……」
 「きゅ……」と言いかけて、それが田中先生の一存なのか、それとも教授直々のお言葉でも有ったのだろうか。
 ただ、救急救命室に回される医師というのは香川教授の高いお眼鏡に適った人だということになる。
「救急救命室ですか……オレ、いや私もそちらに行くことが出来るのですかっ!?」
 心臓に疾患はないと普通の健康診断よりも高い精度で調べた上で病院勤務が許されたのだから確かだろうが、それでも動悸がしてしまうし、咽喉もカラカラに乾いてしまった。
 救急救命室の名物ナースのことも聞いていたけれども、そういう人の元で働くのは良い経験になるだろう。お父さんも「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とか言っていたし。
「その御意向はお有りのようですよ」
 オレの顔が輝いているのを逆に不思議そうに見て田中先生が物凄く嬉しいことを言ってくれた。
「頑張りますので、どうかご指導、ご鞭撻をお願い致します」
 田中先生が救急救命室でも期待の星と呼ばれていることも知っていたので、この人からたくさんのことを学べると思ったら嬉しさしかない。
「いえ、こちらこそ遠慮なくこき使いますので、頑張ってついて来て下さいね」
 何だか動物園の中の珍獣を見るような目つきで見られてしまったが気にしないことにした。
「田中です。久米先生と共に参りました」
 初めて足を踏み入れた教授執務階は絨毯もフカフカで、何だか別の世界に踏み込んだような気がした。
 田中先生は慣れた感じで長い脚を動かしていたので慌てて付いていく。コンパスの長さが異なるので仕方ないとはいえ、この早さに慣れるしかないだろう。
「どうぞ」
 香川教授の凛とした声が室内から聞こえて来て、いよいよ挨拶だと思うと身も心も更に引き締まる思いだった。
 しかし。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く