話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

香川外科の愉快な仲間たち

こうやまみか

久米先生編 15

 何事も無かったような雰囲気が医局の中に戻った。あんな大きな音は――あくまでも主観の問題だが――この、名だたる医局には相応しくないので、一安心した。
 新入局者でもある俺を見ている先生方とかナース達も当然居たが、皆の視線は好意的だし「あの」香川教授の医局員は外科医に有り勝ちな体育会気質とは――俺にとっては天敵的概念だ――縁がないと黒木准教授からも、そして同級生達のウワサでも聞いていた。
 そもそも香川教授自体、静謐で温和な感じしか受けなかったし、どんな切羽詰まった手技の時にも怜悧で落ち着いた感じの声で話していたのを聞いていた。そういう人が率いる医局なので、皆が紳士的なのだろう。
「初めまして。久米先生ですよね。医局長の柏木と言います」
 白衣の胸元に写真入りの公式身分証をかざしながらハキハキと自己紹介してくれた。
「こちらこそ初めまして。ご迷惑をたくさん掛けてしまうと思いますが何卒宜しくお願い致します」
 「初対面の人には礼儀正しく」というのも両親の教えだったが「あの」香川教授の医局の一員なので――まだ研修医だとはいえ――親の教え以上に礼儀正しくしたいと思った、晴れがましさと共に。
「そして、この人が『教授の懐刀』とウワサに名高い田中先生……。ああ『あの』時に知り合っていましたよね……」
 思い出したように柏木先生が温和で人の良い感じの笑みを浮かべて、田中先生を手招きした。
 医学部というのは、他学部と異なって学部と職業がほぼ一致する。だから病院内のウワサは雑草のタネのようにどこからか入って来るので、教授の凱旋帰国という太陽の輝かしさに対するように影も深くて騒動が起こった。闇は駆逐されて、より輝かしい存在になるために最も奔走したのが田中先生だったということも聞いていた。
 確か、柏木先生は香川教授と同級生だったとかも耳に入っていて、そして取り敢えずは様子見で――ぶっちゃけ日和見と言う方が正確かも知れないが、ただ、大学病院が「お綺麗なモノ」でないこともお父さんからも聞いていたし、その言動全てが卑怯だと断罪する資格なんて俺にはない――その余波で田中先生の株が上がっているのだろうな……と思った。
 それに、同級生が海外に行って雲の上の存在でもある教授職に就いたとしたら誰だって戸惑うだろう。
 俺が選ばれたせいで――と本人は言っているらしい――「不本意な」脳外科に回った井藤が一念発起したとかそんな理由からアメリカなりヨーロッパなりで素晴らしい実績と名声を得た上で、自分の遥か上の職階で戻って来たらと思うとその当惑とか嫉妬などが芽生えるのも良く分かる。
 ただ。

「香川外科の愉快な仲間たち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く