女神様の使徒として異世界へ

ノベルバユーザー248253

女神様のお願いと新しい力

「来たわね、マルスにレイジそれとアレス、貴方はもう少し大人しくしてほしいわ。でも、レイジを助けてくれたことには感謝するわ」

俺、助けられたっていうか勝手に身体乗っ取られてたんだよなー

「な~に、いいってことよ。それに、俺が助けに入らなくても勝ててただろうしな。」

「そう、でも助けてくれた事には感謝しとくわね」


「ララ様、そろそろ僕達を呼んだ理由を教えてくれませんか?」

マルスさんが、ララ様に呼んだ理由を聞いた

「そうね、大抵はレイジにしてほしいことよ。」

「俺にですか」

俺に、やってほしい事ってなんだろう
あまり面倒いのは嫌だな

「そう、やって欲しいことがあるのが二つあるわ。まず、一つはレイジ達以外にも召喚されている人達がいたのよねー」

「そうなんですか。それでやってほしい事となんの関係があるんですか?」

驚いたな、俺達以外にも召喚された人達がいるのか。でも、それで俺はどうすればいいんだ?

「それがね、召喚された国いけないの、その国の人達召喚された子を軍事利用しているから助けてきてほしいの」

「分かりました。それであと一つは何ですか?」

流石に何も知らずに軍事利用されてるなら助けてやらないとな

「これはマルス貴方にもお願いするわ。
レイジ一人じゃ危ないから」

「分かりました、それでやってほしい事はなんですか」

「実はね、邪神が動き出そうとしてるからそれを止めてきてほしいの」

「邪神がですか…」

「邪神って事はそいつ強いのか?」

「あのー、邪神ってなんですか?」

邪神ってなんだ。マルスさんは普通に知ってるみたいだし、アレスは戦いだそうだな

「そうね、レイジは知らないわね。邪神っていうのはね、この世界を滅ぼそうとしていて私と同じぐらいには強いわよ」

マジか!世界を滅ぼすってそれにララ様と同じぐらい強いってことは結構やばい相手ってことか

「それで、俺は一体何をすればいいんですか」

「そうね、まず軍事利用されてる召喚された子達を助けてきて頂戴」

「分かりました、それで召喚された子達がいる場所はどこですか?」

「そうね、場所はそのうちわかると思うわ。それに、助けないといけないんだけどレイジの友達の子と召喚された子達を合わせないといけないの」

「それは、なぜですか?」

「それはね、召喚された子達を助けたとしてもその後あの子達がどうするのか良く分からないからレイジの友達と一緒に魔王を討伐しに行ってこさせるようにしてほしいの」

なるほど、人数が多い方が倒せる確率が上がるかも知れないしな

「ララ様が言いたい事は分かりましたけど、どうやって合わせるんですか?」

「それは、すぐ分かるわよ。レイジはそろそろ戻った方がいいわね、友達が貴方の部屋に向かって行ってるから」

「分かりました。では急いで戻ります」

「あ、そうだ。アレス、レイジと一緒にこれから行動して頂戴」

えっ!ララ様は何を言ってるんだろうか?あんな戦闘狂見たいなのと一緒にいたくないんだけどな

「なんで、こいつのお守りみたいな事しないといけないんだよ」

「あら、いいの?レイジについていけば強い魔物とかと戦えるようになるわよ
それでも、嫌ならいいわよ。別に貴方でなくてもいいんだし」

他の人に変わってほしいな。…アレス、断れよ!

「へぇー、ならレイジと一緒に行くぜ」

最悪だ、こんな奴と一緒にこれからいないといけないんだなんて

「じゃあ、レイジ急いがないと友達が来るわよ」

「はい、アレス行くよ」

「よっしゃー」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良し、部屋についたけどこの服装じゃあ流石にダメだな。魔王との戦いで服とかボロボロ出しな急いで着替えないと

着替え終わってまだ誰も来てないし少しゆっくりするかな

(おい!寝ようとするな。俺が暇になるだろうが)

「うぁ!そうだったお前もいたんだったなすっかり忘れてたわ」

(全く、そうだろうと思ったぜ)

「だけど、俺は疲れたんだ少しぐらい休ませてくれ」

(まぁ、そんな事言わずによ。少しステータス見てみろよ新しいスキルを習得してるぜ)

「本当だ、神眼と魔眼のスキルがあるわ……このスキル強くないか?」

神眼  鑑定、未来予知、暗視、千里眼、
先読み、魔法解除、地図化

魔眼  魅了、幻術、憑依、状態異常付与

(神眼は一応、魔王を倒してレベルが上がったから習得できたとして魔眼は俺がお前に憑依したからだろうな)

「そうなのか?でも、お前のおかげでこれからもっと強くなれそうだよ」

(そうか……お、誰か来たみたいだな)

「レイジ君、早乙女です。えっと今から国王様が急な話があるみたいで全員、集まらないといけないみたいだから一緒に行こう」

「いいよ、早乙女さんが言ってくれなかったら分からなかったよ」

集まる理由はなんなんだ

ーーーーーーーーーーーー

「こんな遅くに呼び出してすまなかったな、実は魔物達が活発になってきて早急に手を打たないと危ない状況になっているのだ」

魔王が復活した所為で魔物が活発かしているのか?

(魔王が復活する事で魔物はあまり活発化することはないと思うんだかな)

そうなのか?

(魔王は魔人などの王であって魔物の王ではないからな、復活したからといって魔物が活発化するはずがないはずだぞ)

じゃあ、魔王の所為じゃないなら、なんで魔物が活発化してるんだよ。

(さぁな、邪神とかの所為じゃねえのか)

そうかもな、それで俺達はこの後どうするだろうな

「それで、僕達は何をすればいいんですか?」 

お、真也が聞いてくれた。助かるな

「うむ、明日の朝から魔王を討伐しに行ってほしいのだ。だが、無理にとは言わん、行きたくないものはここに残ってても良い」

「分かりました、では明日の朝に魔王の討伐をしに行けるものは集合すれば良いんですね」

「そうだ、場所は訓練場に集合で頼む
良く考えてから明日来てくれ」

そうして、朝になり集合したものはクラスの半分ぐらいしかいなかっ

「女神様の使徒として異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く