女神様の使徒として異世界へ

ノベルバユーザー248253

地獄に行きました

異世界に召喚されて一週間が過ぎた。
俺は、マルスさんに戦い方などを教えてもらったり、ダンジョンで自分のレベルを上げている

「レイジ君、今日もダンジョンに行ってレベル上げをしてたのかい?」

「はい、おかげでレベルも上がって最初よりも戦えるようになりました」

なぜか、ここにはダンジョンがあって俺達みたいな使徒がレベル上げや特訓に使ったりしている。そこで、たまに同じ使徒の人と一緒に魔物の戦ったりしている

「そうなんだ、それで今レイジ君のステータスはどんな感じなんだい?出来れば教えてほしいんだけど」

「良いですけど、教えてほしい理由を聞いても良いですか?」

マルスさんにステータスを教えるのが嫌な訳ではないが教えてほしい理由が気になるな

「そうだね、僕がレイジ君のステータスを知りたい理由は、今後どこまで本気を出して戦っていいか知りたいからかな」

ハァー、いつも手加減されて戦っているのに勝てないからなーいつか本気のマルスさんと戦ってみたいな

「そうなんですか。じゃあ、教えますね」

そう言って、マルスさんにステータスを見せた

______________________________

名前 山本 レイジ      種族 天使

レベル 50

魔力  1200000

「鑑定士」「言語理解」「異世界人」
「全属性魔法」「全属性魔法耐性」
「状態異常無効」「魔法操作」「飛行」
「身体強化」「縮地」「硬化」
「詠唱破棄」「魔力超回復」「再生」
「魔力感知」「気配察知」
______________________________

「レベル50か~、結構上がってるね」

「そうなんですけど、やっぱりダンジョンに潜れる時間が少ないから余り思うようにレベルが上がらないんですよね」

「それは仕方ないよ。異世界の方ところにも戻らないといけないんだし、それにあっちでも修行できるんだしいいじゃないか」

「そうなんですけど、あっちだと俺が鑑定士ってことが分かっているので訓練を余りさせてくれないんですよね」

「そうなんだね」

「だから、やっぱりこっちでダンジョンに行って魔物と戦ったりマルスさんと模擬戦した方がいいんですよね」

そんなやり取りをしているとララ様が来てマルスさんに話しかけてきた

「マルス、地獄の方で暴れている人がいるんだけど鬼達じゃあ手に追えないから倒して来てちょうだい」

ん?地獄ってあの悪さをした人達が行く場所の事だろうか?

「分かりました。…あと、レイジ君も地獄に連れてっていいでしょうか?そろそろ使徒としての仕事もさせて行きたいですし」

「そうね。最初よりは強くなってるし、レイジも行ってきて頂戴」

んー、勝手に話しを進められてるけど、聞きたいことがあるな

「あの、地獄ってあの地獄ですか?
それと、使徒としての仕事って一体なんですか?」

「そうよ?レイジが思っているようなところよ。あと、使徒としての仕事について言ってなかったけ?」

「言われてませんけど?俺はララ様のお願いされたことをやるとしか言われてません。」

「ごめんごめん、言い忘れてたわ~」

 言い忘れてたわ~、じゃないと思うだけどなー

「ララ様、レイジ君に言ってなかったんですね。後で使徒の仕事について教えておきます」

「マルス、よろしく~」

ハァー、この女神様はどこか抜けてるんだよなー

「じゃあ、使徒としての仕事は今の仕事が片付いたら教えるね」

「はい、分かりました。お願いします」

「じゃあ、行くよレイジ君」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おー、ここが地獄かー空が赤くて周りには血の池とか火の海があると思ったら牢獄見たいなところだったけど、目の前で暴れている魔物達は一体なんだ?

「あのー、マルスさん目の前で魔物が暴れてるんですけど……まさかあれを倒すんですか?」

「そうだよ、でも今回はいつもより少し多いなー」

いやいや、あれは少しってレベルじゃないよ!魔物の気配探ってみたら軽く百匹は超えてるんだけど……

「あの、魔物の数が百は超えて?と思うんですけど…」

「多分、誰かが指揮を取っているね。いつもは、数十匹程度なのになー」

そう聞いてもう一度、気配を探ってみると一つだけ周りとは桁違いの魔力を感じるな、多分これが指揮を取っているのか

「マルスさん、一つだけ周りとは比べ物にならない気配があります」

「そうだね、多分それがこの魔物達の指揮をしているんだろうね。」

この気配、俺も勝てるかどうか分からない相手だな

「レイジ君、指揮を取っているのを相手してきてくれないかな?僕はあの魔物達を相手にしようと思うから」

「いいですけど、マルスさんは強い敵と相手した方がいいんじゃないんですか?」

「そうなんだけどね、強い敵と戦わせて君を強くさせた方が面白いかなと思ってね」

この人絶対に、戦闘狂だよ…良い人なんだけどなー

「そうなんですか、分かりました俺が相手します」

まぁ、仕方ないし頑張ってみようかな

「じゃあ、僕が道を作るから」

「はい、分かりました」

そう言って、俺とマルスさんは魔物達がいるところに走り出した

「女神様の使徒として異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く