女神様の使徒として異世界へ

ノベルバユーザー248253

プロローグ 女神様の使徒になりました

目を開けると真っ白な空間にいた。
うん?ここは、どこだ?なんで、こんなところにいるんだっけ?すると、目の前から急に美女が話しかけてきて

「さっきは車に轢かれそうになった私を助けてくださりありがとうございます!」

そうだ思い出した。学校に行ってる途中で車に轢かれそうになってる人がいて助けようとして、俺どうなったんだけ?
気づいたらここにいたんだけど?

「貴方は、私が轢かれそうになったところで私が貴方ごとこちらに瞬間移動しました。」

瞬間移動って、俺、夢でもみてるのか?

「夢では、ありませんよ?」

ん?俺の考えていることが分かってる?

「ええ、分かりますよ。これでも、私、女神様なんですよ~、すごいんですよ~」

マジかよ!てか、なんで神様が普通に車に轢かれそうになってるの?

「いや~、たまに下界に降りて散歩したりしてるんですよね~、いつもは、誰かが守ってくれるんですけど、お忍びで勝手に行ってたところを助けてくれたんですよ~」

マジか!自由だなおい!それに、守ってくれるって何回かあったのかよ

「そんなに少なくありませんよ!」

胸張って言うことじゃないよ!もうちょっと気をつけようよ

「そうだ、こんなのんびり話してる場合じゃありませんでした!」

ん?何かあるのか?

「はい、貴方をこのままここにいさせると死んでしまうんですよ!」

マジかよ、のんびり話してる場合じゃないよ!俺、このままだと死んじゃうんなら早く元の場所に帰して!

「それが、そう簡単には返せなくてですね。………ただ、早く帰せる方法が一つだけあって…」

マジで!その条件って、なんですか?

「それは、私の使徒になってほしいんです」

えーと、使徒って使徒になるのと早く帰れるのでなんか意味あるの?

「ありますよ、そっちのの方が都合が良いですし、色々とトラブルがあって今人手が足りない状況なので」

ん?てことは忙しい時に抜け出してサボってたのかよ

「サボってませんよ!ちょっと休憩してたんです」

それを、サボってたと言うんじゃないのかな?

「良いじゃないですか!大変なんですよ」

ハァ~、ダメだこの女神
まぁ、良いけど使徒って何するんですか?

「そこまで、難しくはありませんよ?ただ、私がお願いしたことをやるだけで他は自由に過ごして良いですから、あと、ダメな女神じゃありませんよ」

そうなんですか?それで、死ななくてすむなら良いかな?じゃあ、使徒になります

「ありがとうございます!これで、私の仕事が減ります!」

ん?まさか、自分の仕事減らしたくて
使徒にしようとしてるんじゃあ?

「いえいえ、違いますよ」

嘘くせー!使徒になるの嫌になってきたな

「待って待って、使徒にならないと本当に死んじゃうんですよー!本当なんですよ~」

まぁ、いいですよ、まだ死にたくないですし

「ありがとうございます。私は、ララと言います。貴方は私の使徒に今からなってもらいます。よろしくね」

「はい、俺は、レイジと言います。こちらこそよろしくお願いしますララ様」

そして、俺は女神様の使徒になったけど
どうなるんだろうこれから俺の人生は

「女神様の使徒として異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く