異世界のダンジョン講師

Blackliszt

プロローグ

 風が吹き、揺れる枝葉の間から差し込む木漏れ日。今日は昼寝日和だ。


「最近は忙しくてゆっくりする暇がなかったからな」


 一本杉の木の幹に背中を預け、読んでいた魔導書を置く。大きく背伸びをすると思わずあくびが漏れてしまう。


「ふぁあ〜、一休みするか」


 目をつぶり、昼寝の体制に入る。しかし


「カズキ〜!」


 まぶたの裏にまだ光を感じるころ、俺の名前を呼ぶ女性の声が聞こえる。


「ああ、レナ。何かあった?」


「それが、ジャックとケリーが喧嘩しちゃって、二人とも魔力切れを起こして倒れちゃったの」


「それは大変だ。すぐに行くよ」


 喧嘩して魔力切れを起こしたという教え子たちのため、俺は重い腰を起こしてヘレンとともに現場に向かう。


「 ──まったく、手のかかる教え子たちだ」


 俺は思わずぼやく。しかしそうぼやきながらも駆ける彼の顔はどこか楽しそうだった。



「異世界のダンジョン講師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く