アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

208 素晴らしきギフト

『だがウォルターが魔法を使うことはない。だから選択肢は──』

 カミラは焦っていた。戦闘中であるのにもう一度、さっきまで考えていた内容(こと)を反復してしまう程に。

「魔法攻撃はあくまでゲイル一人! 私に届くのは精々弓の矢の──」
「残念母さん。ハズレだ」

 しかしその矢は・・・

「ゲッ外した・・・!」
「おいウォルター!そこは決めろよな〜」

 当然魔力と光の変化によって攻撃を察知し避けたカミラの横を通って森の木々を焼きながら激しく突き進んでい・・・──!

「・・・んちゃって」
「こざかしいッ!」
「ゲートォォォ!」

 刹那。ゲイルのゲートによる炎の矢の不意打ち。

「はぁ・・・はぁ・・・」

 あまりの衝撃にまだ体がこわばっていたのだが、それでもなんとか矢の追撃を打ち落とし防いだカミラ。しかし矢の纏っていた炎のダメージはあるようで満身創痍だ。

「な・・・なぜ・・・」

 カミラが剣を地面に突き刺し体を支えながら問う。

「俺。実はまだ昔ラナが産まれたばっかりの小さかった頃、家で父さんと母さんがこっそりと話をしていたのを聞いてたんだ」
「・・・ッ!」
「もう隠さなくていいよ母さん。俺がさ。あまりにも魔法を使うのが下手くそで、契約精霊も発現しない理由・・・それをずっと気にしていてくれたこと」

 そうして、ウォルターはカミラの質問に答えると・・───

「ブレイフ!」

 ある一匹の、獣を呼び出す。

「その馬・・・いやこの炎の天馬は──!」
 
 強光の出現に伴いカミラの視線は一瞬逸らされるが、それほどの光にも関わらず彼女の目は次の瞬間には見開かれ、現れた翼を持った一匹の炎のタテガミをもつ白馬を映す。

「こいつが俺の新しい相棒だよ母さん! 契約を結んだ時、俺の体から赤と黄のボールみたいな光が出てきてさ。なんかよくわかんないけどこいつと融合したんだ」
「・・・まさか!いやだがそんなこと・・・!」
「これはさ!・・・母さん。リアムたちが俺のために・・・いや、俺たちのために贈ってくれた最高のプレゼントだ!」

 ウォルターはジャンプして、呼び出した炎の天馬の背中にまたがる。
 そして──・・・

『まさかウォルターが精霊と混じってしまうなんて・・・』
『やっぱり。あの子たちの未来を考えれば・・・』
『エリアE。あの魔力が特に濃く溢れているあそこに通うしかない』
『ラナも産まれたばかりだっていうのに』
『でもこれはあの子たちの将来のためなんだ。ボクは運よく堕ちなかった。だけど運なんて不確定な運命をあの子たちには背負わせたくない』
『・・・これから大変で苦労するあの子の側にずっといてあげたい』
『ごめんねカミラ・・・だけど』
『・・・わかっている』

 ──・・・

「結婚祝い・・・だってさ」

 馬上から、限りなく嬉しそうに幸せそうな笑顔を浮かべてカミラを見下ろす。

「・・・そうか。・・・そうかッ」

 カミラはこの時全てを悟る。決して理解できたわけではない。しかし目の前で起こっている事が事実であることは受け入れてしまっている。

「母さん・・・泣いて」
「バカ言うんじゃない・・・! 私が泣くわけないだろ・・・?」

 剣に体重をかけながら下を向き、体を震わせるカミラ。

「ハハッ・・・それに私は別に泣いてるんじゃなくて・・・」

 その時たしかに、地面にはポタポタと幾つかの水滴が落ちていた。しかし──

「笑っているのさ。ウォルター」

 次に顔を上げた時にはそれを瞼に留めているのみ。その表情は先ほどのウォルターのように、とても幸せそうに笑っていた。

「お前はラナと違って実に強かだった。あの子の好奇心を否定するわけじゃないが・・・」
「ああ。だから母さんに修行してもらって・・・魔法がなくても冒険を続けていた」
「そうだな。そしてお前がようやく仲間と手中に収めた力・・・ここまでの圧力となると、もはやその精霊。下位から中位すっ飛ばして・・・」

 顔をゴシゴシと拭う。

「高位! まだ産まれたばかりで不安定だが、そこまでのポテンシャルは秘めている!」

 靄を払うように剣を一振り。すると──

「この風・・・リアムか・・・ッ!」

 同時に、全くあさっての方向から戦いの余波で落ちてしまった葉をザアァ!と巻き上げて攫う異常な風が襲ってくる。

『絶妙で最悪なタイミングだ。まさかあの時のチビフードかここまで。だが──』

 そして更なる刹那に──

「フェイントなど私の前では無意味!」
「ッ一時撤退・・・」
「・・・後ろか! 言葉に惑わされると思ったら甘──」

 気を抜けば体ごと持っていかれそうな暴風に耐えながらも、カミラはゲイルのフェイントをしっかりと処理し・・・

「迷宮(ラビリンス)」
「・・・凄まじいゲートの数・・・ようやく勝負ってわけか・・・」

 カミラは手に握る剣を強く握り直す。周りに出現した数十ものゲートが壁を作り、森の一角にドームを形成してウォルターと彼女を取り囲む。

『俺とゲンガーの全魔力を使った翻弄だ。いくらあんたの死角がゼロであっても・・・回避は』

 意識が朦朧とする。ゲイルは片足をつきながらも、なんとかゲートのコントロールを手放さず──

「いけウォルター!」
「俺もまだ魔法初心者に変わりない! だから全力をもって──」

 叫ぶ。

「全力で、母さんを倒す」

 覚悟を決めたウォルター。

「ヒィィィイイン!」
 
 彼は新しい彼の相棒、ブレイフの腹を両足で軽く蹴る。

「速いが捉えはできる・・・だが」

 ゲイルが作り出したゲートに羽を広げ飛び込んだブレイフは超高速で加速し、カミラを囲むゲートたちの上空にランダムな軌跡を描く。

「量が多すぎて入り口と出口の処理が間に合わん!」

 こうなればカミラに残るのは一騎打ちに臨む最高の興奮のみ。超高速でゲートを行ったり来たりするブレイフが、次にどこから出てくるのか。それを全て処理するには、あまりにも一瞬で、短すぎた。


 そして──

「ミラージュフレイム・・・」
「インフレアライトスクリーン!」
「──ショット!!!」

 やがて、多量の残像を作ったブレイフの上にまたがるウォルターが一斉に腕を引いて、炎の弓矢を放つ。

「チッ・・・エドの血を継いでる分、お前の方が魔力量は・・・」

 それに対し、カミラも剣を大きく上に振って熱を持つ光のスクリーンで弾幕を張るが──

「・・・上か」

 笑う。幼い頃、精霊と混じったせいで魔法が上手く使えなくなったウォルターに武器の扱い方、戦い方を教えたのは自分だ。そんな愛弟子に、愛する夫のエルフの大きな魔力が加わってしまえば・・・──

「・・・やったな」

 ウォルターは、下に見える地面に横たわるカミラを見てブレイフの上で拳を握る。

「・・・が、俺ももう限界・・・だ」

 だがまだ魔法が碌に使えるようになって数日。

「ありがとうブレイフ」
「ブフルル」

 降下し地に足をつけたウォルターは、ブレイフの頬に手を当てて労う。

「やった・・・」

 その光景を既に体に上手く力を伝えられず、地面に突っ伏しながらも見届けたゲイル。

『・・・やったぞ!』

 歓喜に胸を震わせ、微動に揺れる体。
 自分がトドメをさしたわけじゃない。良いところは全てウォルターに譲った。
 だがそれでも彼以上に達成感を経て涙を流していた・・・だってしょうがないじゃないか。なぜって──

『一緒に、ボクと置いてきてしまった時間を取り戻してみないかい?』

 落ちこぼれた気持ちは、そしてそこから救い上げてもらった気持ちは、俺にも痛いほどよくわかる。

「さあゲイル・・・肩を・・・ッ」

 だが──

「どうした・・・ウォルター? 魔力切れ寸前で息切れするのはよく・・・はぁ、わかるが・・・」
「・・・母さんが、いない」
「・・・えっ?」

 起き上がれないゲイルに肩を貸そうとこちらに進めていたウォルターの歩が止まる。言われて見れてみれば、たしかにそこにはカミラの姿はなく、彼女が握っていた煤まみれの剣一本だけが落ちていた。

「いやそんな・・・たしかにさっきは・・・!」
「力尽きて・・・リヴァイブに送られたんじゃないのか?」

 見れば周りに血ノリの一つもない。2人の頭に嫌な予感がジワジワと溢れ始める。あまりの焦燥感に思わずこわばった顔を合わせて、「ハハハ・・・」と笑い合う程に。

「残念小僧ども。私は倒れても死んでもいない」

 次の瞬間──!

「ウッ──!」
「・・・なぜ」

 突如として2人の前に姿を現したカミラ。たしかに多少の火傷を負っている。服も最初に与えたかすり傷の時にパックリと開いたものもある。なのになぜ、カミラは今ゲイルの首元に剣の刃を添えて立っている?

「カラクリはこれだ」
「光・・・キララ?」
「そうだ。お前たちが最後に対峙していた私は、私が作り出した幻影の身代わりに他ならん」

 ウォルターの小さな問いかけに得意げに答えを示すカミラ。

「精霊剣術。かつて勇者が使っていた聖剣の剣舞をヒントに編み出されたこの国最強の剣術だ」

 精霊剣術・・・聞いたことがある。たしか王都の騎士団の精鋭の中でも、エリート中のエリート達が使う精霊の力を生かして戦う剣の術。

「まさか──!」

 さっきまで地面にカミラが臥せっていた場所には今も一本の剣が落ちている。剣術・・・ということは──

「そうだな。キララと契約している私は常にもう一本の刀を帯刀して隠して欺く。そういう戦いが得意な2刀流だ」

 ゲイルの首肌に触れる2本目の剣。しかしそれはリアムのように亜空間から取り出したものではない。

「いつ・・・入れ替わって・・・」
「いつって言われれば、さっきゲイルが私をゲートの壁で囲った時だな」

「あれはいい死角だった」と、戦いを振り返り口元を緩めるカミラ。

「クソォ・・・」

 まんまとハメられた。何がダサい戦いは嫌いだ。あの言葉もこれまでの振る舞いも全て布石。首元に触る冷たさに自分の体温がジワジワと奪われ移っていく感覚がまたもどかしい・・・。

「俺たちの・・・」

 魔力切れ。ゲイルはこれ以上戦えない・・・あの涙がそのことを如実に物語っている。

「・・・負けました」

 またカミラは、自分は犠牲にできても仲間を犠牲にしようとはしない優しいのウォルターの性格をよく知っている。
 仲間思いのウォル・・・可愛い私の息子。

「ありがとうございました」

 歯を食いしばり悔し涙を流しながら下げられた頭と、良い戦いだったと2人の若い冒険者の健闘を讃えて下げられた頭。


 ・・・ウォルター&ゲイルVSカミラ。勝者 ──カミラ。

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く