アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

203 対面

「リアム、ティナちゃん元気だった?」
「え、うん。まあ」
「はい。アイナさんたちがいなくて私もリアムも寂しかったです」
「そうね。私もよ」

 なんともアットホームな雰囲気だ。

「よくきたなレイア!」
「ちょっとお母さん・・・!」
「ラナも、ウォルターもな」
「よく来たね」
「うん。父さん、母さん」
「・・・」

 本当にこれから、親と子同士も含んだ決闘が始まるのだろうか。

「エクレールはこの1週間。大丈夫だったかしら」
「大丈夫そうではあったぞ? まあおっちゃんがいなくて大変そうだったがな」
「あらそう。ところであなた新顔よね? リゲスさんって呼んでね。おっちゃんはダメよ」
「わ、わかったか・・ら。離じてくれ!」

 リゲスに熱く抱擁を受けるゲイルと、親と子でなくてもなんとも和やかな雰囲気。

「・・・きたか」

 しかし──

「・・・父さん」

 その和やかな空気はある父と子、つまりは互いのリーダー同士の対面によって一気に凍りつく。

「よう・・・みんな硬くなるなって! 変に緊張してもしょうもないだけだ」
「そうだね。せっかく温めた筋肉を硬直させてもつまらないし」
「わかってんなリアムは」

 リアムとウィルが言葉を交わす。しかしやはり周りの雰囲気は良くなく、2人の会話もとても違和感を感じる会話だ。

「緊張は鋭く、全身をざわつかせるような神経を尖らせるものものじゃないとな」

 こんなドロっとした緊張は必要ない。

「よしそれじゃあ早速、くじ引きといくか」

 また、ウィルが時間だと手を叩く。

「待ってよ父さん。その前に・・・」

 だが、リアムが待ったをかける。

「そっちの助っ人を紹介して」

 流されない。決して主導権は渡さない。

「・・・いいだろう」

 ウィルがつまらなさそうな、不機嫌そうな表情をしてリアムの要求に応じる。

「それじゃあ紹介しよう! これ以上、長引かせてもな」

 そしてウィルは、自分が出てきたロッジの入り口を空けると──

「・・・まさか」
「・・・そんな」

 その助っ人が、奥から姿を現す。

「紹介します! 今回の我がパーティーの助っ人!」

 そしてウィルが大きく両腕を開いてその人物を迎えると──

「ヴィンセ〜ント・ブラッドフォード」
「よろしく諸君」

 ニヤリと笑顔を浮かべ剽軽に、粛々と瞬きをして挨拶するヴィンセントを・・・

「なんでパパが・・・」

──驚愕する第2世代のアリアたちに、紹介する。

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く