アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

194 烏丸閻魔

「・・・綺麗」

 刀の濡れた霞が、淡い紫色の光を放つ。

「砂・・・灰?」

 同時に、刀の表面から黒いススのようなものがサラサラと風に流れては、広大な空の青に消えていく。

「熱い・・・!」

 しかし誰もがその美しい刀身に見とれている間、一人己の中に燻る繋がりを強く感じているものも一人。

「この霧・・・正体はボクの魔力だ」

 瞬間。リアムはその黒いススのような煙の正体を突き止める。

「魔族の血胤による霧化はボクの体が主体となり生み出す霧。だから実は量にも限りあるものだった。だけど──」

 見覚えのある霧。しかしそれは自分の体からではなく──

「この霧は違う。たしかに有限である。だけどその最大値は」
『 =魔力。圧倒的に、──無限』

 リアムがサッと刀を一振り、刃先を下に見けて軽く横に振る。すると──

──シュッ。

 一本の刃の分身がある点を境に発射され、そのままに真っ直ぐに──

「ガッヴ!」
「メェ!?」

 墜落して怯んでいたキマイラの背中、子ヤギの首のギリギリ横に刺さる。

『今のは・・・?』
「いやさ。血胤による霧化の霧にこのスス? が似てるなーと・・・で、血胤の霧ってさ、元はボクの体でありかつ変質しているわけじゃない。だからさ」
『この霧がこの刀から漏れ出しているものならば、魔力が原料となっているだけに質量は増減可、あとは出力を調整してイメージ再構築すれば元であるこの刀と同じ分体を作り出せると・・・』

 イデアがリアムの言語化されていく思考の手順を追ってこの刀の特徴をまとめていく。だが──

「いや同じだけじゃない。今発射された刃はナイフくらいの大きさでこの刀の大きさには見合わない。つまりはボクが飛びやすいようにイメージした通りになった。イメージによって自在に形を変えて発現する刀。それこそがこの刀の本当の力──」

 その刀の真価は、リアムが言語化した内容だけではまだ不十分だった。

「黒い霧を漏らす紫電を携えた刀──」

 リアムはその刀を手に、まるで子供のように純粋な好奇心に満ち溢れた瞳をして──

「烏丸閻魔」

 まだ無銘のこの刀に、名前をつける。

『烏丸はわかりますが、閻魔ってなんですか閻魔って』
「いやなんとなくだけど、こう感覚というか率直な・・・感想?」
『疑問形ですか・・・まあいいでしょう』
「はい。すみません・・・ってなんでボクが謝ってんのさ・・・」

 こうなんか色々と台無しだ。どうしてこういつもいつも、ボクは彼女の口車にのせられてしまうのか。気をつけよう・・・次こそは。

「まあとにかく気持ちを切り替えて──・・・」

 リアムは「ふぅッ」と息を吐くと、気持ちを切り替え再び集中状態に立ち戻る。

「鳥かご」

 剣柄からおり状に伸びる黒鉄。

「ガルルゥウ!!!」
「持ち前の獅子の足の力強さ」

 堕ちたキマイラが唸る。

「シャシャッ!」
「油断を許さない蛇の尾」

 獅子の足にグッとバネのようにしなやかに力が込められれば、尻尾の蛇が絶対に取りこぼさないとイキる。

 ・
 ・
 ・

 そして──

「メェェェ」

──背中のヤギが、鳴く。

「カウンターを許さない鋭すぎる牙と爪」
「ガアァァ!」
「獅子が爪を立てた獲物を毒で確殺する蟒蛇」
「シャァア!」
「そして、すべての殺すための道具を研いで奏者を気取る山羊」
「メェェェ!」

 黒板を踏んだバケモノが、一直線に空を翔ぶ小さな鴉を目指す重力に逆らった流星。

「だったらこんなのはどう!」

 避けられはするが捕らえられない撃針。さっきのカウンターはほぼまぐれだ。しかしこの刀が作り出す刀身ならばきっと、キマイラごときの弾丸では──

「黒檻!」

──折れない。

「ガーッ!」

 届かない牙、届かない爪。

「シャァァァ!」

 届かない首。

「メェェェ!」

 届かない懺悔の悲鳴。

「ミリアァァァ!」

 ついに打ち込まれた楔。地面に刺さった無数の先端が、しかし肢体に刺さった先端もある。が──

「アイアン・ジャベリン・・・──」

 たしかに地面と肉に突き刺さる檻で、遂にキマイラの動きを止めることには成功した。あとは・・・──

「・・・待ってねぇミリア。ボクは確かに籠手を使って推進力(まりょく)を反発でもさせて槍を打ち込めって言ったけど・・・」

 ・・・あとは?

「そんな太槍を! それも殴って飛ばせとは──」
「レールガン! いっけぇ!!!」

 ・・・レールガン?

「言ってないよ!!!」

 大砲のおこす爆発と同等以上の推進力を生む衝撃。さらにはギリギリまで縛っていたエリシアのダーククロスが衝撃を逃さない砲身の役割を果たしたために、微妙に何とも触れていなかった弾が摩擦は無く、ミリアの腕の捻りがそこに加えられて──

「ガッ・・・」
「シャッ・・・」
「メェエ・・・」

 結果──

「・・・貫通した」

 超高速で雷の伝導した槍が高熱を伴った鉄槍は、全ての頭を削り焼き──

「ヤッターッ!」
「ヨッシャーッ!」

──そして、果てへと消えた。
 

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く