アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

193 Battle scars

 一度打ち付けられた楔は、なかなかに抜けない。

「速い・・・!」

 しかし決して抜けないこともないのだ。あらゆる方法を駆使して、丁寧に向き合ってやればいつかは必ず抜けるものである。

『マスター後ろ蛇です!』
「わかってる!」

 だがその実、抜けた楔はいいとして、ぽっかりと空いてしまった穴を元通りにするにはどうすれば良いのだろうか。

「メェェェ!」

 なにかで埋める。自分はそれ以外に良い方法も、また、それ以外の方法も知らない。 

『消え──!』

 しかしどんなに丁寧に整備しても、同じ素材で埋めようにも、決してその溝があった面が同じ凹凸もないなだらかに戻ることは──

「上!」

 ──ない。

「ギャッ!」

 不意打ちに合わせたカウンターの一閃。それを食らったキマイラが情けない声を出して墜落する。

『マスター・・・今のは』

 刹那にして、現れたゲートの中に飛び込み死角である上をとったキマイラを迎撃して見せたリアムにイデアが問う。

「・・・あいつを意識するとこうこの辺が騒つく! 姿が見えてなくても、そのザワつきが急に上に引っ張られた・・・だから」

 癒えたはずの心の傷。しかし傷を作り刺さった楔は深く、抜いて埋めてもそこにはまだ傷跡が残っていた。

「だからあいつが見えなくても、死角に移動されても・・・わかる」

 その古傷が、リアムの中のストレスを刺激し爆発させていた。
 ストレスとは、緊張時に発生することで有名だ。しかし緊張しているということは同時に、集中力が、感覚が極限にまで高まっている最高のパフォーマンス状態であるとも言える。

「あの時の決着をつける! それが仮面(あいつ)じゃないのが残念だけど、ボクはこの戦いで確実に──!」

 あとはこの緊張をパフォーマンスに昇華する。それは偏に努力が為せる技で、全部を昇華させるのではない。あくまでも冷静さの一部として僅かな緊張感を残しつつ、残りは──

「・・・次のステージへ、成長する」

 全てを、興奮へと置き換える。

──束の間。

「リアムの刀が・・・」
「変わっていく・・・」

 宙に浮かぶリアムが構える刀の刃が、ボロボロと表面にあった銀を落としていく。まるでかさぶたが剥がれ落ちるように──

「エェーッ!? もしかしてこの刀ってメッキ!? アオイさんそりゃないよ!」
『いいえ多分違いますよマスター。ここでその発言はポンコツですね』
「冗談だよ・・・気の利いた冗談ってやつ」
『そうですか』

 当然、リアムもその刀の変わりように驚きはするのだが、何故だかソレを自然と受け入れることはできていた。

「なんでしょうか・・・刀が錆びた?」
「いや、どっちかっていうと・・・」
「磨かれて艶が増したような・・・」

 一方コンテスト会場でも、その様子は映像として映し出されナノカ含め会場中のほぼ全員が何が起こっているのか理解できずにいた。しかし──

「なんだあの黒い濡れは・・・」

 銀が剥がれ落ち、その中の刀身が露わになる。

「あれは・・・間違いない!」

 そんな中、一人だけ──

「ヴィンセント殿?」

 逸早くその正体に誰よりも早く気付いたのは──

「間違いない・・・魔装だ」

 魔族の血を半分引くエリシアの父にして、同じ魔装の使い手であるヴィンセントだった。

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く