アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

192 イデア見参

「白い髪の毛・・・そしてあの、緑色に変色した左目は・・・」

 ナノカが、目の前で起こった現象を一つ一つ確認していくように口を動かす。

「いえしかしあれは・・・リアムだったはず・・・だとすればあの噂は──!」

 そして──

「マスターが対策を練っている間、私が代わりにじゃれてあげましょう」

 会場に響いたのは、少年ではなく可愛らしい少女の声。

「イデアだぁー! リアムが行方不明だった間、アリエッタに新メンバーとして加入したものの1年、リアムと入れ替わるようにしていなくなったあのイデアとリトルウルフの姿が、なんと一瞬にして代わったあァァァ!」
「うおぉぉぉぉマジか! あの噂はマジだったのか!」
「スクールで変わったってうちの子供(ガキ)が言ってたが戯言だと半信半疑だった! けどまさか──!」
「でもそんなことありえんのか? 一人の人間がまるで別人のように変わっちまうなんて・・・」
「だけどさ。あの事件の時に最後に映っていたのは・・・」
「ああ。あれってやっぱ幻じゃなかったんだな・・・」

 と、ナノカのコールとともに、リアムとイデアの入れ替わりに途端に沸き上がる観客たち。

「あーやっぱ代わっちまったか・・・」
「やはり先にスクールでバラして噂を再燃させたのは正解だったな。騒ぎにはなったが暴動にはなるほどは混乱しておらん」
「ちなみに実は司会の彼女にはすでに根回し済みです。いやーいい演技しますよね」
「本当に? すごいわねナノカちゃん・・・迫真の演技」
「私といい勝負ね。いつか舞台で共演したいわ〜❤︎」
「誰が見にいくんだよその地獄舞ふッ!?」
「あらごめんあそばせ。ちょっと乙女の未来予想図にとまる汚い虫が見えたもので」
「シミはできてない?」
「ええ大丈夫ね。うふ」
「あはは・・・大丈夫ウィル?」
「ありばどうエグレア。だいぼうぶだ」

 こういう時、なんだかんだでウィルに冷たいアイナ。まあそんな冷たいところも好き──

「さて。マスターが策を練っている間、この私がじゃれてあげましょうビックキャット」
「”グァオ!”シャーッ!”メェーッ!”」
「スネーク・・・ゴート? 一体なんと呼べばいいんでしょうか?」
『別にそんなオシャレに決めようとしなくていいから! カッコつけないでキマイラでいいから!』
「そうですか・・・」

 イデアが誰かと話しているように独り言を話す。おそらくリアムと喋っているのだろう。

「イデアちゃんが代わりに戦っている間にリアムが対策を考える・・・考えたな」
「ええ。緊張感からわずかに解放された空間で、現実の攻撃を全て無視して考えられるある意味戦術を練るには最も理にかなっている」
「闘いの中に身を置きながら意識だけは一歩引いて冷静に・・・リアムちゃんしかできない離れ業だけどね」

 キマイラの高速突進攻撃を紙一重でヒラリヒラリと躱していくイデアを見ながら、ウィル、アイナ、リゲスがこの戦術についての批評を行う。事実──

『なんだっけ・・・たしかもう1匹、有名な動物が話に出てきた気がするんだけど・・・』

 リアムは初めはイデアにツッコミはしたものの、しっかりと自分の世界、記憶の海の中にダイブして求める宝を探すことに集中していた。

「俺・・・あんなに自由自在に人が飛んでるの初めて見たよ・・・」
「元々空を飛ぶ人間って言ったら翼があるやつか相当熟練した風、闇、あるいは空間属性を持つ輩だ。それを考えると──」
「いいや翼があるやつでもあんなに見事にホバリングしながら平行や上下斜めにスライドして動くのは無理だろう」

 コンテスト会場では、観客たちがイデアの凄まじい飛行に感嘆としている。

『そういえば、ヨンカがこのキマイラ・・・じゃなくてキメラだっけ? そのキメラにはいつも、あのヤギはついてなくて代わりに翼がついてるって言ってたけど・・・』

 だがやはりリアムは一人、迫り来るキマイラの姿を見ながら考え込む。このエリアFでは最弱でライオン、次に蛇、そして最後に翼といった具合に、祈祷者のレベルに合わせてボスが設定されるようになっている。このシステムを利用して、ここまで辿り着けるほどの実力者はあえて弱い冒険者に中級冒険者の称号を取らせてそいつに祷らせるって裏技を使う奴もいる。しかしそういう奴ほど次のステージ、コルトGで皆一様に苦戦し、やがて墜ちていく。まあ・・・──

『翼・・・羽・・・』

 それよりも、今大切なのは目の前にいるこの超高速突進鋭爪牙の巨体迎撃機能付き、をなんとかせねば。一度よく見ろ。観察して、特徴を洗い出し弱点を・・・──

『翼、羽がある普通ではそれを持たない生き物・・・ッ!!!』

 そして、その特徴から連鎖的に思考をフル回転させ考え続けていたリアムがある話を思い出す。それは──

『そうだペガサスだ! このペガサスに乗った英雄が確かキマイラを殺したんだ! そしてその方法は・・・』

 英雄の名前は思い出せない。しかしこのキマイラとペガサスという空想上の動物ではポピュラーだった2体の魔物が登場する話であるために、またその英雄がキマイラを倒した方法がユニークだったためになんとか覚えていたギリシャ神話。

『イデア思い出したんだ! みんなにコネクションを繋いでくれ!』
「了解しました」

 リアムはすぐにイデアに皆への意思コネクトを要請する。そして──

『みんな・・・聞こえるかな?』
「リアムの声!?」

 頭の中に語りかけてくるように聞こえてくるリアムの声に、皆が口を揃えて反応する。

『いけるかな・・・みんな』

 そして、リアムが作戦の概要を皆に話し終えると──

「できる!!!」

 またも一様に皆が口を揃えて答える。今度は戸惑いなんかじゃない。頼もしい限りだ。

『じゃあみんな中央を空けて・・・イデア片手間だけどできるかな』
「余裕です」

 では早速、皆の返事がもらえたところで・・・──

「あいつ一体どんだけ刀ストックしてんだ・・・リスかッ!?」
「いやこれだけの量となれば、兵さえ揃えば城を落とせる量だな・・・城を陥せるリスだな」
「他にも盾や甲冑とかどう考えても物珍しさで買って放置してたような大きさの違うものまで・・・」
「本当に謀反起こそうとか考えてないわよね・・・大丈夫よね!?」
「ミリア様落ち着いて・・・確かにノーフォークで城といえば公爵城だけですが・・・」
「私、あともう少しリアムに優しくしてみるわ」

 イデアが障壁内中央に開いたディメンションホールから、大量の刀やら剣やら、鉄の甲冑や楔帷子、大楯までありとあらゆる鼠色の鈍い光を放つ鉄製品が落とされる。またいつものようにリアムにこれからは優しくしようと誓うミリアだが、果たして何日後までそれを持続できるのか・・・まあ結局これもいつものことである。一方──

『なにあの甲冑とか盾!? あんなの買った記憶ないんだけど!?』
「将来きっと大物になるであろうマスターの家来たちのためにと、私がマスターが眠っている1年の間に買っておきました」
『えっ・・・なにそれ。そんな将来に家来とか持つつもりはないけど、仮に持ったとしてその時新調してあげればいいじゃん・・・なんで今買ったの・・・』
「あっ・・・実は何かあった時に役にたつかもしれないと備えとして買っておいたのです。ほら実際に今、役に立ってるでしょ?」
『あっ・・・って聞こえたんだけど。それに全然想定していたであろう用途と絶対に違うし・・・あーだけど今役に立ってるから叱れない!』
「税金対策です」
『うん。それだけは違うって断言できる』

 実はリアムも知らなかった刀以外の亜空間から出された物たちの存在。それにこの国にはまだ、所得税のような報酬から税を巻き上げる制度はない。ダンジョンの素材買取にだけは多少それも実はあるのだが、他はあってせいぜい住民税とかぐらいだ。買い物とかそっちの話になると案外イデアはポンコツなのか・・・。

「私はポンコツなので、そろそろ代わりましょうかマスター」
『えっもういいの? じゃあ変わろっ』
「やはりまだマスターはお休みになっていた方が良いかと思います」

 急に言っていることを180度転換するイデア。今回は実に5ヶ月ぶりくらいの入れ替わり。カミラと特訓中のちょっとした入れ替わりはまああったがそれもほんの一瞬、こんなに入れ替わっていたのはやはり久しぶりだから、できるだけこの久しぶりの感覚を堪能しておきたいのだろう。

『あっそ。まあいいよ。今はまだ空中戦、魔法の制御は圧倒的に君の方が上手い・・・だけど』

 リアムはそれを了承しつつ話を続ける。そして──

「地にあいつを縫い付ける楔を打つのはマスターの役目。私は剣術はからっきし、体を動かすのは苦手ですから」

 どうやら、イデアもリアムの言いたいことはわかっているらしい。それにしてもあんなに高速でキマイラが攻撃しているってのに、よくこんなに器用にボクと話ができるものだ。この速さ、最早側から見れば残像とか残っていてもおかしくないかもしれないレベルなのに・・・──

「残像が見えるや・・・」
「本当だ。ティナはどう? 私もイデアちゃんやキマイラが何体もいるように見えるんだけど・・・」
「私はなんとか・・・目では追えてます」

 もう既に、他の視点から戦いを見ていた皆にはイデアやキマイラの正確な動きを捉えるには残像を追うしか方法がなくなっていた。

「それは魔眼か?」
「ああ。久しぶりに発動したがな」
「お前の魔眼は相変わらず不気味というかわかりにくい。灰色に鈍く光るだけだからな」

 一方、コンテスト会場ではウィルが魔眼を発動させて闘いの様子を目で追っていた。前に発動させたのはリアムが仮面と対峙したあの日だっただろうか。ブラームスに答えた通り、久しぶりに発動させたのだが──

「私は魔眼を発動させても全く追えんが・・・」
「俺は一応全部見えてるぜ。だがやっぱちょっと疲れる・・・地力(め)がな」

 高い魔力を保有するものが主に発現する後天的な魔眼、後魔眼。この魔眼は、遠くにあるものを遠視したり他にも所有者によって個性的に眼の能力を引き延ばす。例えば、ウィリアムの超動体視力のように──

「はぁ・・・だがあんな速さを捉えられるのだから、やはりお前は異名通り獣だな」
「そりゃどうも」

 だが一応、公爵ブラームス・テラ・ノーフォークの動体視力も後魔眼の効果によって上がっていた。それなのに捉えられない攻防を捉えているウィリアムの動体視力はやはり獣以上並みだ。

「それにしても、他のメンバーは何をしてるんだろうな・・・」

 一方、戦いの最中時々チラチラと映る障壁内のメンバーにも注目する。

「フラジールちゃんは障壁内からイデアちゃんの強化を、ティナちゃんは見張り。そして──」
「来いゲンガー! 仕事だ!」
「・・・ケッ」
「ゲイルが精霊を呼び出したな。で・・・」

 ゲイルが契約精霊であるゲンガーを呼び出す。この精霊は代々ウォーカー家で契約している中位の精霊で──

「あの大量の鉄を持ち上げた・・・! 一体何をする気だ・・・」

 精霊と協力して空間属性の歪みを作り剣や甲冑類を網ですくうように持ち上げたゲイル。すると──

「ファイア!」

 このパーティーの中で他に火属性を使うことのできるエリシア、アルフレッドが持ち前の魔力の高さを生かし、どんどん宙で固定された鉄たちに向けて高熱の火を放っていく。

「溶けてきた・・・ほら領域を絞ってきなさいゲイル!」
「んなこと言ったって硬いし重いし何より熱・・・」
「デイジーに言いつけるわよ・・・」
「・・・はい」

 持ち上げられた鉄たちがようやく溶解し始めた頃──

ダーククロス

 後の鉄の溶解をアルフレッドに託したエリシアが、情けないゲイルの尻拭いをするべく、赤い白光を放つ鉄たちに闇力子でできた布を出現させ縛る。すると──

「まさかあいつらが今作ろうとしてるものって・・・」
「だがこんな短時間で即席でできるものなのか・・・」

 エリシアが闇の布をかけたことで形がはっきりとしたそれに、誰もが驚愕する。経験もない彼らが即席で作り出せるものなのか・・・いや、それでも先端せえ、尖っていれば──

「ゲイルもう少し先を上げろ!」
「も、もう無理だー!」
「エリシア下の方を後少し強く縛って!」
「了解ッ!」

 また、現場で全体の指揮をとるのは様々な武器の扱いに精通しているウォルターと、意外に細かいところまで気付く器用なラナ。
 一方、リアムに次ぎアリエッタ2位を誇る魔力の持ち主であるミリアがこの間に何をしていたのかといえば・・・──
 
「ミリアは・・・瞑想してるのかしら?」
「ふぅ・・・」

 マリアの言う通り、隅で何やら一人瞑想をしていた。皆が一斉に動き連携しているというのに、なぜ彼女だけは座って瞑想をしているのか。

「よし・・・これくらい圧縮できれば・・・」

 それから、5分ほどの時が流れて──

「レイア! 水で表面を冷やしてくれ!」
「はい! ウォーター!」

 形、重心に納得のいったウォルターから、レイアへの水魔法の要求。レイアは求められるとスグにウォーターの魔法を唱え、エリシアが縛るダーククロスの上から水をかけていく。そして──

「よしできたぞ! リアムに合図だ!」

 映像の中のウォルターが完成の合図をあげる。

「あれは・・・杭でしょうか?」

 同時に、会場にいた皆がそれは一体何なのかという議論をし始める観客たち。

「槍・・・てよりは杭だよな・・・」
「うむ。あんなずんぐりむっくりした槍はない。杭だろう」

 片方先端に傘を持ちながらも、平らなもう一方の底と比べれば槍のように鋭く尖っている。しかし槍とすればあまりにも太すぎる柄。全長は5mほど、太さは直径にして2mほどのおかしな形をしていた。一体あれをこれからどうしようというのか、一同理解に苦しむところである。

「マスター」
『うん。そろそろ交代だ』

 空で下からの合図を確認したイデアが、リアムとの交代をはかる。

「魔法障壁」

 そして──

「ギャッ!」
「よし障壁が解けた! あとはリアムが動きを止めるのを待つだけだ!」
「ミリア準備はいい!?」
「ふぅ・・・いつでもいける・・・!!!」

 イデアは自分の周りを球のように取り囲む障壁を発現させ、壁に突進してきたキマイラをぶつけて落とす。あの突進でも壊れない障壁に他のメンバーたちを囲っていた障壁を解いたということは、中々の量と密度で魔力が込められていると見える。

「さて。ここからはボクの仕事──」

 そして、遂にイデアとリアムが──

「だぁああ!? 復帰早すぎッ!」
「メェェェェ!」

 入れ替わる。だが入れ替わり様に、途中空中で体制を立て直したキマイラが再度襲ってきた。

「クソッ! やっぱ速い──!」
「左ですマスター!」
「メェェェ!」

 再び繰り返される空中上の舞踏。イデア同様にリアムの両目が青く光りそれが宙に線を描く。

「えぇーイデアと再び入れ替わったのも束の間、繰り返される攻防・・・私、速すぎてやはり何が起こっているのかよく・・・いえ、さっきよりもキマイラの魔法の手数が増えて激しさを増したようにさえ見えます」
「イデアもすごかったがリトルウルフもスゲェな・・・なんで人間があんな速さで空飛べるんだ・・・」
「全く・・・凄すぎる」
「そこだ切り返しちまえリトルウルフー!」

 また、再び始まったその攻防戦に沸く会場。

「左だ! いや下・・・上か!?」
「落ち着けジジィ。今のは後ろだ」
「・・・そんなこと分かっとるわ!・・・後ろだ!」
「いや正面だ」
「・・・・・・」

 下手すればそこらの魔眼をもってしても捉えられない超高速の攻防戦。果たして、リアムに勝ち目はあるのか。

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く