アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

161 白い小悪魔

「映像が戻ってきた!」
「よしさすがイツカ!」
「いやいきなり勝手に戻ってきたんだけど」

 時は少し遡り、なんとコンテスト会場の映像がイツカの献身で復活する。

「見て! あのヤバい奴の腕がなくなってる!」

 否、映像が戻ってきたのは、ドミナティオスが腕を切られてこちらに気を配る余裕がなくなったから。そしてもう一つ──

「あのバカが・・・私が嫌われたらどうしてくれるつもりだ」
「いかがしますか?」
「あいつの本体縛ってろ。後で仕置だ」
「はい。シエル様」

 テールでもコンテスト会場でも、ボス戦場でもない別の場所からの、第3者の介入があったからである。よって──

「坊主はどこだ?やられたのか?」
「リアム様・・・」

 なんだか視点が変だ。映し出されていた映像は、いつものそれとは明らかに違っていた。そして何よりも──

「ちょっと音がないんだけどイツカ〜!」
「なんで!?」

 音がない。正面に立つ仮面の男の口だけが、さっきから動いている。

「誰かと喋っているのか・・・」

 時折、怒ったようなジェスチャーや落ち着いたりと忙しない場面もあったが。

「か、構えた!」
「ヤベェ! とにかくヤバいって!」

 どうやら冷静さを取り戻したらしい仮面が、肉弾戦の構えをとる。絶対的強者の貫禄、映像ごしにでも観客達に伝わるオーラ。同時に──

「おい映像が戻ってるぞ!」

 リヴァイブまで子供達を迎えに行っていた、大人達そして子供達もコンテスト会場にタイミングよく戻ってきた。ブラームスの権限でどうやら職員用の緊急通路を使ったようで、出てきたのは1階の入り口からである。

「はぁはぁ・・・リアムは?」

 久しぶりに魔力も使わずに全力で走って、息を切らすアイナ。彼女は会場に着くと同時に、映像の中に息子の姿を探す。しかし──

「リアムくんがいない?」
「もしかしてヤラレちゃったの?」
「でもそれじゃあなんであいつは構えをとっているんだ?」

 の目に入ってきたのは、リアムがいない、そしてリアムがいないにも関わらず先ほどの仮面が構えをとっている異様な光景であった。刹那──

「うわッ!」
「キャッ!」

 また、一瞬で詰められた距離。誰もが映像ごしに殴られたという錯覚を見た。しかし──

「あれ・・・殴られてない?」
「見ろ! 拳を受け止めている手が・・・!」

 思わず目をつぶり、恐る恐る目を開けた観客たちが叫ぶ。そして──

「すげぇ・・・」

  その錯覚は、虚像となって消えては──

「速すぎる・・・目で追うのがやっとだ」

 再び現れるを繰り返す。様々な変化を伴って。

「背景はどんどん変わってるのにブレてなぇな」

 観客の1人の言うように、背景がめくるめく川の青空の青、森の緑や赤に川原の灰色と次々と変わっていくのに、映像の中心は常に攻撃を繰り出してくる仮面一人だ。視点は完全に1人称であるが、その上下左右はどうやらドミナティオスの体に固定されているようであった。

「・・・リアム?」

 が──

「リアムなの?」

 その映像に時折映像の外から現れてくる攻撃をいなす手に、アイナは目の前の映像が映す光景を見て違和感を呟く。 
 あの細い腕。まだ小さな手で握った拳。

「あれは、リアム・・・」

 少年の母は、息を呑んで戦いの行く末を見守る観客達の中ぽつりと呟いた。

「なの?」

 しかしいくつかの違和感が、彼女の愛を濁らせ邪魔していた。
 確かに細い、まだ小さい手ではあるが、いつも見ている息子のそれより一回りほど大きく感じる。それに──

「すげぇ・・・どんどんさばいていくぞ・・・」
「なんてスピードだ・・・」

 観客たちが目の前で繰り広げられている攻防戦に息を呑む。確実に殺すという殺気の乗った途轍もないスピードの攻撃を、画面の端から出てくる手や腕、そして足が次々と弾きいなしていくのだ。だが──

「やら・・・れてる」
「まるで自分が殴られているみたいに・・・わかる」

 徐々に押され始めるプレイヤー。やられている姿は見えないのに、観客たちにはそれがわかった。それというのも──

「うぉ!?」
「こえぇ」

 とても臨場感あふれる映像。迫る攻撃を弾けず振り切られたり、いっぱいまで迫ってきた手袋に明らかに変な皺を作ったり、視点が大きく揺れ映像のワークが変な挙動をすることが増えてきたのだ。そして──

「空だ・・・」

 やがて、スクリーンの映像には白い雲がゆったりと流れる青い空が映し出される。同時に、水の飛沫みたいなものが僅かな数秒で上がって落ちた。

「映像が戻ってきている!」

 すると──

「リアムはどこだ!?」

 空を隠すように、そして見下ろすような仮面の男が映像に現れた瞬間、なんと、転送陣がまだ開いていないかとダメ元でエリアCのセーフポイントまで行ったはずのウィルが会場に戻ってきた。

「あ、アイナ! 状況は!」

 ウィルはスグに、ここにいるはずの仲間たちを探し、そして会場前方の一階付近にいる仲間たちの集団を見つけて慌ただしく迫る。

「・・・」

 しかし、口は開いているだけのアイナからの返事はなく──

「おいアイナ! しっかりしろ!」

 なにやら様子のおかしい彼女の肩を掴んで、こちらに気づかせる。すると──

「ウィ、ウィル・・・あれ」

 ウィルにようやく反応したアイナが、映像の映るスクリーンを指差して再び固まる。ウィルはそんな彼女のジェスチャーに急いで視線を移す。そこには──

「なん・・・!」

 画面の中の男が下ろしていた右腕を抜く。同時に、彼を正面から捉えている映像の最前面に滴る血の影があった。

「まさか──」

 そして、ウィルが瞬時に仮面がなにをしようとしているのかを悟る。

『さようなら』

 声、つまり音がないのに、想像してしまった状況と、仮面の男の口の動きから、奴が何を言ったのかがわかってしまう。

「待てよ・・・」

 仮面の男が、指の隙間をがっちりと埋めて、弧を描くように強張らせる。

「待ってくれ・・・」

 ウィルはそれを見て、直面している現実への理解をするための時間を心の奥底から願う。そして──

「ダメェ! 止めてぇぇぇぇぇえ!!!」

 アイナが叫ぶ。

「待ッてくれよ!!!」

 ウィルが懇願する。しかし──

『死になさい!』

 音もなく、振り下ろされる右腕。

「「・・・・・・」」

 シーンと静まり返った会場の中、スクリーンの映像に赤い飛沫が降り注ぎ、映像を埋め尽くしていく。

 ・
 ・
 ・

 次の瞬間──

「──ポツリ」
「えっ?・・・音が」

 ポツポツと降る赤い水滴がスクリーンを覆い尽くした後に、今まで聞こえることのなかった声が聞こえる。

ザァァァ──

 森の木々が揺れ葉が擦れる音も。

サァァ──

 衝撃で、川原に打ち上げられた水が引く静かな波の音も。

「2人・・・?」

 映像の視点が切り替わる。1人称だった視点が、互いの背中を向ける2人の人物を横から映す3人称のものへと。

「ほう・・・制しましたか。それどころか・・・」

 仮面の男、ドミナティオスが今の今まで目の前にあった肉の影を意識の中から消しながら──

「あなた今、混じりましたね?」

 赤い水溜りに突き刺さった手を引っこ抜き、もう使い物にならなくなった手袋を捨てて、水滴を切る。

「それに孤独ですか。一瞬の声高に、私もあなたには同情を覚えましたよ」

 そして、攻撃の刹那の彼の叫びに同情してみせる。しかし──

「なんとか言ったらどうなんです──」

 しかし、語りかける自分の声に全く反応しない後ろにいるはずの人物。これに、僅かなイラつきを覚えながらドミナティオスは振り返る。

「か・・・」

 が──

「驚異検出」

──まさか。

「検出に伴う緊急離脱実行」

──まさかまさか。

「完了」

──まさかまさかまさかまさか。

「また肉体の生命維持を著しく損なう多量の出血並びに傷を確認」

 ハラハラと風に揺れる銀の髪。

「馬鹿な!その姿は──」

 水の上を浮遊する一人の少女。

「魔法ファーストエイドによる重要器官の応急手当、並びに他器官の優先度順回復プログラムを実行・完了」

 しかし少女は周りの、ケルビムの反応など意にも介さず──

「及び驚異回避後のエクストラヒールによる完全な肉体の治癒──」

 的確且つ絶対の効率。

「完了」

 自らが優先させるべき最適を、最優先に行動する。
 
「あなたは、誰ですカ?」

 そして、全ての作業が終わると、ようやく気づいた先ほどから終始、開いた口を閉めることのできずにいたケルビムに問いかけるのだが──

「まさか、まさか・・・」

 今度はケルビムの方が──

「ケルビム・・・あなたはケルビムなのですね」

 いや、ついに墓穴を掘った仮面の男ドミナティオスが、少女に質問に質問で返す。

「ケルビム? 誰ですかそれは」

 しかし、少女はドミナティオスの問いに首を傾げる。

「私はイデア。マスターにより名を与えられたマスターに仕える僕」

 少女は自分の自己紹介を淡々と進める。瞬間──

「──なっ!」
「そんな!」

 コンテスト会場にいたウィル、そしてその他のイデアを知る者たちが、少女の口から告げられた衝撃の事実に困惑する。

「? なぜ、私がマスターの体を操っているのですカ?」

 が、イデアと名乗った少女もまた困惑しだす。

「それにこの異様な姿。体の性別が変わっている。それに真っ白な髪は・・・おばあさん?」

 水面に映る自分の姿を見て、湧いてくる疑問を口にしていく。すると──

「「──ムッ」」

 この時一瞬、自分の髪色が銀、あるいは白であるマレーネにエド、レイアがイデアの発言にムッとしたとか。マレーネは確かにもうおばあさんではあるのだが。

「ふぅ・・・やはりこの方が鬱陶しくないですね」

 それから、イデアは魔法で発生させた風の刃で一瞬の内になぜか伸びていた髪をバッサリと切る。

「マスターの潜在意識を検索・・・発見。なにか大きなショックを受けたために一時的に肉体とのアクセスが途切れ、意識を失っているものと判断します」

 肉、骨、細胞、脳、血液に魔力、それからいつも自分がリアムを見ている場所とにかく全てにスキャンをかけて交信不可能状態のリアムの意識を発見した。

「そのため私の独断になりますが、マスターの意識が自然に回復するまで代わりに私が肉体の操作及び意思決定権を得るものとします。無理にイジると危険ですから仕方のない措置なのです・・・ムフフ」

 ムフフと悪い笑みを浮かべるイデア。喋りは事務的と単調なのだが、その瞬間だけ顔の角度を下に向け影を落とした笑いは、やけに悪巧みする人間の臭さを感じさせる。

「け、ケルビムじゃないのか?」

 その様子に、ドミナティオスが困惑の表情を見せる。しかしそれは彼女に否定されたからではなく、どうやら彼のしるケルビムという人物とこの少女の人物像が少々異なるような反応だった。実に間抜けな声をしている。

「だからそれは誰ですか。私はイデアといったはずです。あなた、ちょっと失礼ではないですか?」

 イデアが怒る。自己紹介までして否定したはずのに、未だ自分をケルビムという名で呼ぶ仮面の男に。すると──

「生の暴力」

 その右手に白色の魔力を。

「死の暴力」

 それから左手には、黒く禍々しい魔力を発現させる。そして──

「脈動」

 その2つを混ぜ合わせると、己の肉体の中に取り込む。

「ああ。でもやるべきことは一つですね。私はこの状況を見て何もわからぬほど、馬鹿ではないのです」

 まるで大地に根付く木の根のように、胸の中心やや左あたりから放射状に緑色の光が走る。

「あれは!間違いない。あの力は──!」

 途端、コンテスト会場のエドガーが叫ぶ。だが、その後彼は生唾を飲み込むと、小刻みに不安定なリズムで体を震わせながらも黙り込む。

「死の間際まで追い詰め傷つけられたマスターと、血のように赤い水溜まりの真上に浮かぶあなた」

 すらっとした美しい指が、仮面を指差す。

「待てケルビム! お前と戦うつもりなど私には──!」

 すると、指をさされたドミナティオスが慌てて臨戦態勢に入ったイデアを止めようとする。が──

「百文は一見にしかず。いくら百の嘘の文を用意して詭弁を弄そうとしても、目の前にある光景が全てを物語っているのです!そのような嘘を信じるほどの間抜けさは、私には一ミリもありません!」

 どうしていいものか、それらしいこと言ってドヤ顔をするイデア。どうやら、自由がきく肉体と自分の意思で戦う高揚感、そして、ドミナティオスの慌てように気を大きくしてしまったらしい。

「いや百聞だからね!? それらしいこと言ってるけど漢字間違ってる!それに隙ありすぎだから!」

 すると、突如として違う口調でイデアの口から放たれるツッコミが──

「おい、今のって・・・」
「リアム・・・だよね」

 めちゃくちゃに隙を見せるイデアの口から、全く別の口調の言葉が飛び出す。これには、会場で映像を見ていたウォルターとラナ、そして──

「「リアムだ・・・」」

 彼の性格をよく知る友人たちは一様に、リアムの名を呟いた。



 ──プツン。

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く