アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜

Blackliszt

115 保護者たちの参観

「おっすアイナにマレーネ!お待たせ!」

「全くどこにいても忙しないねお前は」

「早かったわねウィル。走ってきたの?」

「おう! そりゃあ愛する息子の晴れ舞台だからな! 速攻で仕事終わらせて飛んできた!」

 ここは不思議な魔道具の力によって流れるダンジョンの中の映像を、現在進行形で楽しめるコンテスト会場の観戦席。今の客入りはまばら、まあこれから始まるのは初めてボス戦に挑む新人のコンテスト、モノ好き以外は昼間っからこんなところにはいやしないだろう。

「お隣、いいですかな?」

「おおっ! 昨晩ぶりっすヴィンセントさんリンシアさん! どうぞどうぞ」

「ありがとう・・・ふむ、昨晩はお恥ずかしいところをお見せしたな」

「こんにちは、マレーネさんにアイナさんにウィリアムさん。今日も娘がリアムくんやウォルターくんたちにご迷惑おかけして・・・」

 愛する妻とマレーネに合流し着席して早々、見知った顔から声をかけられ相席することになった。すると──

「テーゼ商会出張!パンケーキにアイスクリーム、そして本日の主役でありパーティーリーダーリアムのイラスト入りグッズはいかがですか?」

 隣に座ったヴィンセントたちと世間話をしていると、観戦場で食べ物を売る売り子の声が──

「パンケーキにアイスクリームは分かるがリアムのイラストってのはなんだ?」

「良くぞ聞いてくれました! 私はテーゼ商会従業員にしてリアムファンクラブの会員第一号、パピスと申します!」

 思わず、息子のイラストという言葉に反応してしまった俺に、パピスと名乗った少女が盛大に見えをきる。

「それで? リアムのイラストってのはなんなんだ?」

 俺は単刀直入に質問する。

「お客さんなんか妙に親しげですね・・・はっ!もしかして仮面の君でもあるリアム様を狙う悪徳商人の手下!? それとも私を・・・」

「んなわけないだろ。そりゃあなんて言ったってリアムは俺の息子だからな、気にもするさ」

「・・・へ?」

 おっと・・・俺がリアムの父親だと名乗った瞬間、パピスと名乗った売り子が一時的に硬直してしまった。

「なんとリアム様のお父様でいらっしゃいましたか! 私はリアム様が親衛隊にしてリアムファンクラブの会員第一ごうパピ」

「ああちょっと待った!それはさっき聞いたって!!」

「そうでした。失礼しましたお父様」

「ははは・・・お父様か」

 なんともハイテンションな子だ。俺が言うのもなんだが、リアムはこうガンガン行こうぜ的なキャラじゃない。一体どうしてこんな子がリアムのファンクラブを創設するに至ったのか・・・謎だ。

「このイラストは私のお手製です! 昨晩夜なべして作り上げ、今朝私がギルドへファンクラブ申請に行った折そこに居合わせたギルド長ダリウス殿とノーフォークスクール学長ルキウス様からもお褒めいただいた逸品! 仮面の君にふさわしい仕上がりとまではいきませんが、それでも自慢の商品です!・・・お父様には布教用として数枚、お渡ししておきますね」

 そしてとても自信ありげに、数枚の紙を手渡すパピス。

『結構似てる・・・』

 そこに描かれていたのは、いろんな角度、表情をしたリアムのイラストだった。だがパピスちゃんが言ったその仮面の君ってのは確か、リアムの情報を制限するために会頭のピッグさんが作ったネームじゃなかったか?・・・おい我が息子よ、お前の個人情報がここからダダ漏れだぞ。

 ・・・だが、俺がそのイラストを見てそう思った時 ──

「「「ザワザワ・・・」」」

 そんなことを考えていると、何やら場内が妙な騒がしさに包まれる。

「ウィル・・・あれ」

「なんだ?・・・おい嘘だろ」

 そして隣に座るアイナに促され、俺が見た視線の先にいたのは──

「偉いというのも中々疲れる」

「仕方ありませんよ。今日は緊急のお忍びです」

「既にお忍びになっていませんがね、父上母上」

 そこにいたのは、会場の観客たちに手を振る公爵一家。

「なんであのクソジジイがここにいるんだ?」

「ウィル、クソはダメよ?クソは」

「・・・公爵様の事をそのように言えるのはこの街で貴方ぐらいでしょうな」

「いや、裏じゃみんなそう呼んでるよ」

「そうかな?」

「そうさ、ヴィンセントさん」

 これは厄介なことになった。ここは庶民の娯楽施設、といっても貴族がコンテストを観戦しにくることもしばしばあるのだが、彼だけは別格、頭百個ぐらい突き抜けた権力を持ち、そこらの中途半端な貴族とは訳が違う。

「みなさんこんにちはー! 本日の第2幕目! チームロガリエ対エリアAのボス”トードーズ”の司会進行を担当します、今日がデビューの期待の新人! 司会者のナノカでーす!」

 すると今度は会場中央、映像が流れる魔道具下のステージに現れた司会が場内にアナウンスする。

「始まったか・・・」

 こうして始まってみると、感慨深いものがある。会場の多くはまだ普段目にすることも滅多にない公爵一家に注目しているが、俺にとってそんなことはどうでもいい。今から始まるのは、俺の息子のダンジョン攻略だ。
 
「本日トードーズに挑戦するチームロガリエは玄人ウォルターを加えた期待の新星リアム率いるルーキーチーム!・・・メンバーはアルフレッド・ヴァン・スプリングフィールド! ラナ!エリシア!フラジール!レイア!ティナ!・・・  そして──!」

 ナノカという司会の女の子が、今からコンテストをするメンバー紹介をしていくのだが、何故か最後にタメを作る。そして──

「そして! 我らがノーフォークの領主様! ブラームス・テラ・ノーフォーク様が長女!・・・ミリア・テラ・ノーフォーク様だぁー!」

「「「ワァーッ!!!」」」

 タメから一気にテンションを爆発させ、未だ会場入り口がある上階近くで動けなくなっていた公爵一家を指し、パフォーマンスする。それを皮切りに、会場のボルテージも一気に最高潮にまで爆発した。

「マジかよ、リアムのやつそんなこと一言も言ってなかったぞ?」
「私も聞いてないわ」
「私もだよ」
「エリシアも言わなんだ」
「ええ、まさか・・・」

 俺やアイナにマレーネとヴィンセント、そしてリンシアは全員、そのことを知らなかった。俺たち5人に衝撃が走る。

「・・・頭痛い」

「あの馬鹿!露骨すぎんのよ!」

 そして会場の舞台裏でも、それを聞いていたイツカとリッカがナノカの進行に頭を抱えていた。だが一方で ──

「ダァーッ!」

「「「ウォーッ!」」」

 皆の注目を集めたブラームスが、会場の熱気に答えるようにガッツポーズをとって吠える。

「なんだあのポーズは・・・?」

「茶目っ気があるところは昔から変わらないわね」

 それを見ていた俺は当然呆れる訳だが、妻のアイナは手を合わせてフフッと笑い、なんだか楽しそうだ。

「ああ・・・だがこっちに来始めたぞ?・・・最悪だ」

 だがそんな最愛の妻の笑顔にいつまでも見惚れてはいられない。

「なんでこんなところに領主様がいるんですかねぇ? 公爵様?」

「そう邪険にするなウィリアム。今日だけ特別にお前は私の護衛だ」

「チッ・・・喧嘩売ってるのかよジジイ」

「ああそうだ。お前の古い心の傷に比べたら、私はもっと深い傷をお前の息子に負わされた」

「・・・なんだと?」

 それから俺はブラームスのジジイに今日あった出来事、つまりミリアがどうして討伐に参加しているのかを聞いた訳だが──

「私の心は深く傷ついた! だがパトリックも成長した今、ミリアは・・・ミリアだけは!」

「それは完全に自業自得だろうが! とばっちり以外の何物でもないぞ!」

「ふん! 私には娘の晴れ舞台を見届けなければならぬ義務があり、貴様には私を護衛する義務があるという訳だ。わかったら大人しく我らを護れ」

「どんな訳だよ!こっちの話ちゃんと聞いてるのかよ!?」

「この人ったら・・・ウィリアム、後で私がこってり絞っておくから、今のところは形だけでも護衛してくれないかしら?」

 ・・・ああそうだった。昔から俺はこのジジイに振り回されっぱなし。だけどそんな時はいつも俺の代わりに、奥さんのマリアが叱ってくれる。

「マリアさんがそう言うんなら・・・形だけでいいんだろう? 俺もリアムの晴れ舞台を見に来てるんだ・・・それで勘弁してくれ」

「そうだな! 当然の贖ざイタイッ!」

「ありがとう、ウィリアム」

「ああ・・・モグリ」

 マリアの頼みならば仕方がない。どうせ今垣間見た通り、後からジジイはシバかれる。・・・ならば形だけのものだったら、護衛を引き受けてもいい。そもそも後ろからぞろぞろと十数人ほど正規の護衛がついてきているんだ。それにその中には──

「まあお久しぶりです学長先生! カリナの壮行会以来かしら」

「ご無沙汰しておりますアイナさん。1年ぶりでしょうか」

「久しぶりっすねアイナさん。いや相変わらず美人さんだ」

「本当に久しぶりね。元気にしてたダリウス」 

 アイナと親しげに挨拶を交わす二人・・・この街の実力者ツートップが混じっていた。つまりそんな状況でも俺に護衛を頼むということは、これはきっと彼らが俺らと並んで観戦するための建前に過ぎないのだろう。
 それにもう一つ理由があるとすれば、俺はこの人たちに返しても返しきれない大恩がある。押し売りされたり偽りの恩ではない・・・ただただ純粋な恩が。
 俺は相棒の契約精霊、モグリを呼び出して一応警戒をしておく。すると──

「おいなんか公爵様とあそこに座ってた奴言い争ってなかったか?」
「バカッ! もしあれで偉いお方だったらどうすんだよ!不敬罪になるぞ!」
「ん?・・・あれってスクールの学長にギルド長・・・それに剣狼と炎獄じゃねぇか? 二人とも少し年取ってるが、間違いねぇ!」
「本当だ!年取ってるがアリアの剣狼と炎獄だ!」

 会場のざわつきが俺とジジイの関係に向けられる。だが一部の古参の奴らが俺とアイナを見て古い二つ名を引っ張り出し、それと同一人物だと気付いたようだ・・・年を取っているは余計だ!

「おーっと映像が届いたようです! それでは音声、映像、そして私の実況をお供にコンテストをお楽しみください!」

 すると、今度はステージ中央から会場中に響くアナウンスが入る。実に良いタイミングだ。

『全く・・・一瞬で釘付けね』

 アナウンスと同時に、魔道具に映る世界に釘付けになるウィル。

「さて、リアムの晴れ舞台、しっかり応援してあげなくちゃ」

 そして私も、そんなワクワクした目をした夫の姿に感化され、年甲斐もなくドキドキしながら魔道具の映像に集中することにする。

 頑張れ、みんな。頑張れ、リアム ──── 。

 ・
 ・
 ・

── sideリアム。

「ここがボス戦の・・・」

 ドームを潜った先、目の前に広がるのはゆったりと流れる白い雲が印象的な晴れた空に、果てしなく続く草原。

「昼寝に良さそう」

 その風景を見て、僕はふとそう呟く。エリアAといいここといい、どうしてこうも昼寝に良さそうな環境なのか。昼食後である事がまた、その気持ちを一層助長させる。

「おいおいこんなところで昼寝したらスポーンしたボスたちに食ってくださいって言ってるようなもんだぞ?」

「ごめんごめん。ちょっと圧倒されちゃってて」

 すると、背後から聞こえてくるツッコミ。その声の主は、今後ろからきたらしいウォルターである。

「それに実際ここはあの広場程度の広さしかねぇ。直径で100mちょっとといったところだ」

「そうだった、確か見えない壁があるんだったよね?」

「ああ。だがボスがスポーンすると薄く見えるようになるからな」

 そう、この草原は走れば永遠にどこまでも続いているわけじゃない。

「ここで追いかけっこしたら永遠に終わらなさそう!」
「でも隠れんぼはできませんね」
「本当にすごいですね、アルフレッド様」
「ああ、一体この草原はどこまで続いているんだ?」
「スゥー・・・ハァー・・・すぅ」
「ティナ!?寝ちゃダメよ!?」 

 後ろから、賑やかな声が次々に聞こえてくる。

「そろそろ先頭のリアムが入って1分だろ? もう魔法文字が浮かび上がってきてボスがスポーンすると思うんだが」

 一方、先導者兼唯一のボス戦経験者として警戒をするウォルター。そして──

「おっ! 出たぞ?」

 すると、空中に何やらオレンジ色の魔力で文字が描き出されるのだが ──

「『Are you ready ?』・・・あれが魔法文字?」

「ん?そうだな。翻訳持ちの学者が昔翻訳したことがあるができなかった魔法文字だってさ。今も誰も読解できないから、あれは解読できないほどずっと昔の古の時代にあった滅んだ言語か、はたまた神様たちが使っている言語だと・・・」

 ちょっと待って。僕にははっきりとあれが読めるんだけど・・・しかも英語で。

「ねぇウォルター、もしかして帰還の転送陣を生む魔法文字・・・!」

 しかし、そうして僕が帰りの転送陣を生むという魔法文字について聞こうとした時 ──

「くるぞ!みんなしっかり備えてろ!」

 途端、空中にあった魔法文字が花火のように弾け、そこから散った魔力が地上に降り注ぐ。

「ゲコッ」「グコッ」「グゲッ」

 そして地面に降り注いだ魔力はそれぞれ集まり、十一匹の大きな影を作り出す。

「あれがこのエリアAのボス。異なる属性種のジャイアントトードたちの群れトードーズだ! 一匹一匹はランクD〜C程度のモンスターだが、なにせ数がいる・・・気をつけろよ!」

 戦闘態勢、ウォルターの呼びかけによって先ほどまでのほほんとしていたメンバーたちに気合が入る。

「ウォルター、あれの属性は右から・・・」

「ああ、火、水、雷、風、土・・・無、回復、そして毒だ。カラフルだからわかりやすいだろ?」

 確かにわかりやすい。例えば火は赤、水は青といった具合にトードたちはカラフルな色によって色付けされていた。だが ──

『やっぱり毒もいるのか。初めの10匹は魔力属性の10大基礎属性だからわかるけど、どうして毒も混じって・・・』

 ここで不思議なのが、初めの10属性トードに混じり、毒属性のトードがいること、毒属性はスクールではモンスターのみが持っている属性で死に繋がる恐ろしい属性・・・とだけ習う解明もそんなに進んでいない対処の難しい属性だ。

「ほらリアム。試してみたかったことがあるんだろ?」

 だがいつまでもそんなことは考えてはいられない。僕は初めの打ち合わせでみんなに ”戦闘前に” とお願いしていた実験を始めねば。

「ごめんね。すぐ終わらせるから、みんなはできるだけ離れてて」

 僕は実験のために、皆をトード達に近づく僕からできるだけ離れさせる。

「ティナちゃん速! もうあんなところまで行ってるよ」

 流石はティナ。彼女は僕が今から使おうとしているスキルにいち早く反応し、後退する。なにせ彼女はこのスキルが大の苦手、魔法を使わず闘気や精気といった特殊な力を使う獣人種はどうやら、魔法防御以上にこのシンプルな力の差に敏感らしい。それにもし近くにいて、昨日のゴロツキみたいに気絶したら大変だからね。
 
「いいわよリアムー! やっちゃって!」

 どうやら皆の後退が完了したようだ。エリシアから、少し響いて聞こえる準備OKの合図が届く。

「鑑定・・・なるほど魔力は5千、魔法防御は500程度か・・・それじゃあ魔力を4万くらいに絞って・・・」

 この実験は、実行するならば今回が一番ベストだと僕は思っていた。コンテストの映像に映ってしまうことだけが気がかりだが、だからこそ、なにせ出てきたボス達の中には僕が特訓をしていたエリアCより先のDに出現するCランク級モンスターが複数いる。それに──

「「「ゲコッ?」」」

 一人だけ、自分たちに近づいてきた僕にトードーズが興味を見せる。これは今、僕がどのくらいの位置にいるかを確かめるための一石、これから先の攻略につながる──

「──バースト」

 スキル《威圧》、通称バーストの発動。この後の戦いのため気絶させないよう、一応沸騰させる魔力は抑えていたのだが──

「「「・・・!」」」

 うん。ちゃんとCランク、そしてボスの彼らにも威圧は通用したようだ。

「「「ゲコーッ!ゲコゲコゲゴッ!」」」

 束の間、その威圧はトード達が僕の目の前から一目散に逃げ出し、戦闘エリアを囲む不可侵の壁に次々と激突していくぐらいには、十分な効果を発揮した。普通乗用車くらいの大きさの彼らが、脱兎の如く逃げて壁にぶつかる様は中々見ものである。

『実験終了。結果、Cランクには威圧は通じるし、ボスだからといって特別な裏設定はなし』

『記憶。後の参考のために記録を記憶しておきます』

 僕の頭の中を読んだイデアが、結果を記録したことを告げる。現在の僕の魔力は40万を超えており、約1/10の魔力の無駄遣いとはなってしまうものの、十分な成果が得られた。

「終わったよみんな。それじゃあ討伐を始めようか」

 実験が終わった僕は、軽い足取りでトード達がぶつかった壁とは丁度反対の壁付近にいたみんなの元へと向かう。しかし──

「それじゃあ今後、ホント〜・・・に!リアムをキレさせるようなことだけはなしで!」

「おう」「ああ」「ええ」「うん」「はい」
「・・(コクリ」「し、仕方ないわね」
「・・・キレたらカリナよりヤバイ」

 僕がそこにたどり着いた時、メンバーの皆が何やら丸まって円を作り、秘密の内緒話をしていた。

「みんな・・・終わったよ?」

 僕はそんなみんなに実験が終了したことを告げる。それにしても仮にもボス戦中だというのに、こんな隙だらけの格好をとるなんて・・・それにキレるはないだろ、キレるは。

「あっうんそうね。今みんなで改めて配置を確認してたところなの」

「ああ。決してお前をキレさせてはならんという秘密の同盟を結成していた・・・というわけではないぞ」

「この馬鹿!」
「アルフレッド様!」

 気の利いた嘘をついたエリシアと、それを見事に水の泡にしたアルフレッド、そしてそれを全力で叩きにいくミリアとフラジール。だがここは今後の関係も考えて見ざる聞かざる言わざる、何もなかったことにして話を早く切り替えよう。

「それじゃあトードーズを分断させた後はアタッカー/サポートの順で、ウォルター/アルフレッド── 」

「おう」「ああ」

「ラナ/エリシア──」

「よろしく〜」「よ、よろしく」

「ティナ/レイアとフラジール──」

「よろ・・しく」「うん、回復は任せてね」
「私も一生懸命サポートします」

「そして僕とミリアの4班で各班行動、ティナ班は2匹、他3班は1班3匹がノルマということで・・・」
 
「交代してもいいのよ」「だから・・・うーん」

 最後にもう一度、それぞれの役割を確認する。そして──

「それじゃあ・・・」

 ウォルターが僕を真っ直ぐ見据えて、合図を送る。そしてこれから、ついに待ちに待った最初のボス戦を始めるための口火を切る・・・わけだが──

「ボスとの!」「素揚げの!」

 ・・・あれ? 
 
 この時僕は、ウォルターがかぶせてきた言葉に対して疑問符を浮かべる。だが ──

「戦闘開始?」「「「材料調達!ウォォー!」」」

 既に勢いづいていたその掛け声を止めることは叶わず、間の抜けた戦闘開始を発した僕に対し、材料調達というとんでもない四字熟語を叫んで班ごとに飛び出して行ってしまった。

「えーっ・・・」

 僕は一人、草原に立ちすくむ。

「って! ミリアはサポートでしょ!!何で僕を置いて突っ走ってんの!?」

 だがその5秒後には、サポートという約束役割を破ってトードに向かっていってしまった彼女の後を追いかけるため、初っ端から出遅れてしまうという締まらないボス戦デビューとなってしまった。

「アナザー・ワールド 〜オリジナルスキルで異世界とダンジョンを満喫します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く