VRゲームでも身体は動かしたくない。

姫野佑

第2章11幕 愛猫姫<ÀiMāojī>

 ギルド管理者のみが使える、緊急アラートを受信し、脳が自然と覚醒します。
 せっかく気持ちよく寝てたのに……。
 半開きの目を擦り、ある程度ぼやけた視界が鮮明に見えるまで待ち、チャットを確認します。
 『愛猫姫発見。至急ギルドに集合』
 そう書かれていました。
 となりで寝ているエルマのサブキャラ風紅に書置きを残し、私はホームをでました。
 ふらふうらと歩きつつ、途中で焼き芋を買いもぐもぐと食べます。
 食べ終わるころにはギルドホームに着き、みんながいる会議室のようなところに入ります。
 「おまたせ」
 「おせーぞチェリー」
 「おそいっすよー」
 「ごめん」
 「あまりにもおせーから緊急アラートつかっちまったじゃねぇか」
 「そうっすよー」
 「だからごめんて。エルマと話してて夜更かししちゃってね」
 
 10日間に延期されているデスペナルティーで残りのメンバーは私達3人だけになってしまっています。
 この3人でできることは多くありませんが、ジュンヤがいるのは心強いですね。
 「まぁ少ないがそろったところで本題だ」
 「うっす。昨日の夜、ちょうどジュンヤ達が冥界に潜ってたときっすね。諜報部隊が愛猫姫を捕捉したっす。場所は『アイセルティア』で間違いなかったっす」
 「めちゃくちゃ土煙がひどくて息吸うのですら致命傷になりそうな場所になんで新しい拠点をつくろうとしてるんだろう」
 「それはわからないっす。ただあの国はほぼゴースト化しているっすから簡単に乗っ取れちゃうんじゃないっすか?」
 「そうかもね」
 「そこでだ。俺たちもすぐに出ることになる。一時間後に再集合だ。ステイシーも呼んである」
 「わかった。って言っても準備するものがないからここで座って待ってるだけになるけどね」
 「それでもかまわん。……。ステイシー来るまで打つか?」
 そう言ってジュンヤはテーブルをトントンと二回叩き、机を転換しました。
 出ましたね……。雀卓が……。
 「よーっし今日は勝つっすよー」
 「俺も負ける気はねぇな」
 「……。私も負けない」
 「なに賭けるよ?」
 「じゃぁ俺が勝ったら言うこと1つ聞いてほしいっす!」
 「いいぜ」
 「じゃあ私もそれで」

 30分ほど打っているとステイシーがやってきました。
 「おまたせー。おやー。麻雀だねー」
 「おはようステイシー。もうちょいでハリリンが飛ぶから待ってね」
 「飛ばないっすよ! ここから逆転の国士無双いくっす!」
 「それはない。カン。ふひっ。もう一個カン」
 私は白を暗カンしました。ツモッてきた嶺上牌で九筒をさらに暗カンし、ハリリンの退路を断ちます。
 「あーもう終わったっすー」
 諦めた表情で一萬を切ったハリリンに対し、ジュンヤが「ロン」と声をあげます。
 「イッツー、ドラ2。飛びだな」
 「またまけたっすううううううう」
 「修行が足んねーぜ」
 「足元にも及ばないゴミ虫が」
 「あっそれだけでもうご褒美っすー」
 「さてと……ステイシーも来たし、早速行くか」
 立ち上がり、雀卓を会議用の机に戻し、ジュンヤが言います。
 「今回はこの4人で1パーティーだ。他国の高レベルもほぼデスペナってる。俺らが残存勢力で最強だ。負けはない。いいな?」
 「うん」
 「うっす」
 「はーい」
 「っしゃ行くぞ! っとすまん。いったんトイレ行ってくる。リアルで」
 とログアウトしていきました。
 「私もちょっとログアウトするね」
 私もログアウトし、御手洗いに行きます。
 ついでに買いだめしてあったパンをムシャムシャと胃に収め、再びログインします。
 「おまたせー」
 「よしじゃぁ気を取り直していくぞー」

 西通りのレディンを訪ね、送ってもらいます。
 「では飛ばしますよー。 お代は『虎の子』の倉庫からでいいかな?」
 「あぁ」
 
  『揺レヨ 揺レヨ 空ノ道 割ケヨ 割ケヨ 隔タリヨ 我ガ財宝ヲ供物トシ 未ダ見ヌ土地ヘ行カセ給フ』

 『≪空間旅行≫』

 土埃の舞う廃れた鉱山へ再びやってきました。
 「結構エグイ砂煙だな。マスクなかったらたしかにやべーな」
 「俺マスク忘れたっす」
 「これ使って」
 私のインベントリにあった、簡易的なマスクを渡します。
 「おおお……おおお!チェリーこれ使ったことあるっすか?」
 「えっ? こないだちょっとだけ使ったけど?」
 「あああああ! ありがとうっす! 家宝にするっす!」
 「はぁ?」
 ハリリンが何を言ってるのかわからないですね。
 いつ襲撃があってもいいように全体を警戒しておきます。
 「追跡部隊からの連絡が途絶えたっす」
 急に真面目モードになったハリリンから報告を受けます。
 「撒かれたわけじゃないよな? 狩られたか?」
 「たぶんそうだろうねー」
 「ゆっくりもしてらんねーな! 行くぞ!」
 
 ハリリンに先導され、連絡が途切れたというポイントまでやってきました。
 鉱山の入口から少し行ったところですね。
 「こりゃぁひでぇな」
 辺り一帯の地面がえぐられ、壁や天井まで跡が残っています。
 「尾行に出ていた部隊はかなりの手練れっすから、それを短時間で屠るのは結構やばい相手かもしれないっす」
 そのナンバーワンのジルファリとかいうのがやばいやつなのは重々承知です。
 そいつの猛攻をしのぎ、愛猫姫を討てれば勝ち。こちらに有利な条件ですね。
 「まだそんなに時間は立ってないな。全員警戒だ。ハリリン前だ。俺は最後尾で行く」
 「あぁー! ずるいっす! 自分だけ安全なとこ行ってー!」
 「ばーか。俺は道しらねぇんだ。それに最後尾は後ろからドンだからこえぇぞー? かわってやろうか?」
 「あっお断りするっす」

 結局、ハリリン、私、ステイシー、ジュンヤの順で進みます。
 しばらく進むとハリリンが止まれとジェスチャーを出します。
 「敵影っす。人じゃないっすね」
 私も目を凝らしてみてみます。
 〔スカルナイト〕ですね。
 「警報の代わりに設置していった感じっすね。倒さずに無力化したほうがいいかもしれないっす」
 「≪シャドウ・キューブ≫」
 ハリリンの言葉を聞き、すぐさま魔法で隔離します。
 「ナイスチェリー。これで追跡は来てないと思わせられるっす」
 「そんな楽な相手じゃないと思うよ」
 「それもそうっすね」

 その後も複数のトラップが仕掛けてありましたが、ハリリンが高レベルの≪感知≫と≪罠解除≫等の隠密らしい技術を贅沢に使い全て回避しました。
 「逆に怪しまれないっすかねー?」
 「大丈夫じゃね?」
 後ろからジュンヤが返してきます。
 「罠をこんだけ準備してるってことはそういうことだろうねー。逃げながらにしてはかなり手際がいいみたいだけど」
 そうなんですよね。逃げながらトラップを張っているのであればもうそろそろ追いついてもおかしくない頃ですし。
 「リスキーだが≪探知≫しとくか?」
 「俺は賛成っす」
 「私も」
 「りょーかいー。≪探知≫」
 ステイシーが探知を使い、敵の居所を探ります。
 「どうだ?」
 「うーん……。隠蔽されてるねー。まずいことになったやー」
 ステイシーの発言を聞き終えた後私達の身体を空気の塊のようなものが通過していきました。
 ということは向こうがこちらに気付き、≪探知≫してきたというわけです。
 「俺は映らないっすから敵は3人だと思ってくるっす。≪隠形≫」
 そう言ってハリリンがすぐに姿を隠します。
 「チェリー下がれ。俺が前衛だ」
 ジュンヤが私の前に駆け出し、【聖槍】を構えます。
 
 タッタッタとこちらにかけてくる足音が聞こえます。
 足音の主が私達の前で止まらず、抜刀していた刀で斬りかかってきます。
 「やるじゃねぇか!」
 槍を盾にし全て防ぐジュンヤに対し、声をかけてきます。
 「〔槍最強〕か。君に俺は倒せない」
 くぐもった声でそう宣言します。
 「へー。そうかい。やってみねーと……わからんぜ?」
 刀を抑えていた槍を力いっぱい振り、後ろに飛ばします。
 「ふっ」
 『ハリリン。暗殺しろ。こいつが無理だったらすぐに愛猫姫のところにいけ』
 ジュンヤが戦闘の合間にハリリンへ指示を出し、自分は攻撃せず防御に徹しています。
 「チェリー。僕らは愛猫姫を追おう。ここは二人に任せた方がいい」
 「どうして?」
 「狭いから」
 「なーる。私が剣を投げるからそこに≪シフト≫で」
 「了解。さきに僕が飛ぶ」
 シュッと腰の剣を抜き、投げます。
 「ふん?」
 予想通り、受け止めずに躱してくれました。
 「≪シフト≫」
 先ほど飛んで行った剣が私の横に落ち、次の瞬間私はステイシーの横に飛んでいました。
 「何と入れ替えたの?」
 「んー? これ」
 「そう言って発煙筒を見せてくれました。
 「なるほどね!」
 発煙筒の煙はパーティーメンバーに影響しないのでこういう時には便利ですね。一つ賢くなりました。
 会話しつつも走り、ある程度の広さのある所に到着しました。
 そこには場違いなテーブルと椅子があり、その椅子に腰かけた目を疑うほどの美人女性がこちらを見ずに問いかけてきます。

 「倒し終わったの?」
 そう鈴のような声が聞こえます。
 「どうしたの? ジル?」
 
 少しの間が開いてその声の主に向かってステイシーが問いかけます。
 「どちらさまー?」
 「そちらこそどなた?」
 「これはこれは失礼ー。僕はステイシー。こちらの女性はチェリーだよー」
 「ご丁寧にどうも。愛猫姫よ」
 こいつが……こいつが……!
 暴発しそうなほどMPが全身から漏れだします。それはステイシーも同じようで、青筋をピクピクさせています。
 「相変わらずだね。マオ」
 「マオはいつでも変わらないわ」
 「僕達は君の首を取りに来た」
 そうステイシーが目的を告げます。
 「笑わせないで。マオが何したっていうの?」
 「自分の胸に手を当てて、聞いてみろ」
 周囲の温度が数度下がてしまったのかと錯覚するほどの殺気がステイシーから放たれます。
 「よく……わからないわ。狙われるようなことはあちらでも、こちらでもしていないと思うの」
 「そっか。とりあえず君には10日向こうに帰ってもらうよ。≪ライトニング・スピア≫」
 ステイシーの怒りがこもった一撃が愛猫姫に直撃します。

 ステイシーの魔法を食らいダメージを受けるか、もしくはデスペナルティーになっているはずの愛猫姫が無傷で椅子に座っていました。
 「こわいわぁ。そんないきなりなんて。マオの言うこと聞けないの?」
 あー。なんかこっちまで青筋ピキピキしてきた。
 「ゲームよ? 楽しみましょう? ジルが帰って来るまで、お茶でもいかが?」
 「お断りします」
 「お断りだよ」
 
 「……? お茶でもいかが?」
 再び同じ質問をしてきます。
 「いりません」
 「いらない」
 
 「ふーん……マオの言うこと聞けないのね。なら仕方ないわ」
 そう言って胸元から笛を取り出し、ピィーと吹きます。
 「もうすぐジルがもどってくるわ。楽しみね」
                                      to be continued...
 

「VRゲームでも身体は動かしたくない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く