話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

破壊の創造士

ノンレム睡眠

015:悪夢は途端に

それぞれ魔素10万MqでLv30まで上げておいた。元が強いとレベルが上がりにくいといったことはなく、各個人一緒であった。   


 





   Lv30   フレイア   性別 女   種族 竜人族(竜帝)   ランクSS


    HP   120    →    620             


    MP    45    →    250             


    AP    80    →    560             


    IP    45    →    260            
    

    GP    70    →    520


    SP    65    →    480




    

 固有スキル:


   ・ 竜帝の権威  自分より実力が低い相手を委縮させる。仲間のAP、GPを数段階上昇させる。


   ・ 炎の支配者  炎系統の魔法をすべて使用できる。炎魔法の消費MP量を1/5にする。


   ・ 竜王化      巨竜化により自分のステータスが5倍になる。またすべての魔法に耐性が付く。




 





   Lv30   ラルファ   性別 女   種族 鬼族(鬼神)   ランクSS 


    HP    80    →    480            


    MP    90    →    600             


    AP    40    →    180              


    IP    80    →    570          


    GP    65    →    450


    SP    60    →    420
 



 固有スキル:


   ・ 鬼迫           自分より実力が低い相手を委縮させる。味方のIP、APを数倍上昇させる。


   ・ 雷神の破滅槌   雷系統の魔法をすべて使用できる。雷魔法の消費MPを1/5にする。


   ・ 無謬の幻惑     幻惑系統の魔法をすべて使用できる。MPを消費しない。


   







   Lv30   リュンム   性別 女   種族 獣人(百獣の王)   ランクSS


    HP    85    →    530            


    MP    60    →    360            


    AP    70    →    500              


    IP    50    →    300         


    GP    60    →    420


    SP   100    →    600




 固有スキル:


   ・ 鼓舞の雄たけび   魔力を込めた雄たけびをあげると、仲間の全ステータスが数段階上昇する。


   ・ 神獣化           神獣化する。自分の全ステータスが5倍になる。味方のステータスに魔力耐性が付く。


   ・ 風の代理者       すべての風系統の魔法を使用できる。風魔法の消費MPを1/5にする。




 





  Lv30    ジークルス   性別 男   種族 ワイバーン    ランクSS
 

    HP   100    →    580           


    MP     0    →      0          


    AP   100    →    600       


    IP    30    →    180         


    GP   120    →    650


    SP    80    →    400






 固有スキル:


   ・ 神光の覇者      すべての光系統の魔法を使用できる。光魔法の消費MP量を1/5にする。


   ・ 武人の王        すべての武術を使用できる。


  ・ 破壊の予兆      狂人化する。自分のステータスが15倍になるが制御不能。


  







  Lv30  カミラ   性別 女   種族 インキュパス    ランクA


    HP    50    →    240            


    MP    25    →    160          


    AP    50    →    270          


    IP    35    →    190           


    GP    45    →    230


    SP    35    →    200




 固有スキル:


   ・虚露うつろ    相手に幻覚を見せる。また事象を夢として閉じ込めることができる


     スキル:


   ・ハウスワークLv5
   









   Lv30  リム   性別 女   種族 エルフ     ランクB 


    HP    40    →    200               


    MP    30    →    150                           


    AP    20    →    100       


    IP    30    →    160                                                 
                                     

    GP    35    →    180        


    SP    30    →    150




 種族スキル:     


   ・闇覗眼          視力に大幅補正。                  


  ・アーチャー改    弓の威力、命中力に大幅の補正がかかる。


     スキル:                                      
                                    

   ・ハウスワークLv3
   









   Lv30   エトワル   性別 女   種族 人間インビジブル   ランクB


    HP    25    →    130           
   

    MP    20    →    100          


    AP    20    →     80           


    IP    25    →    120            


    GP    30    →    150


    SP    25    →    180




 特殊スキル:
   

   ・インビジブル     不可視を人に付与できる。ただし一度に3人まで。


     スキル: 


   ・ハウスワークLv3












   



 ところで、、、。




     

    神谷 竜翔   Lv30


    HP    2975 (195 +2780)


    MP    1850 (230 +1620) 


    AP    2450 (160 +2290)


    IP    2005 (225 +1780)


    GP    2795 (195 +2600)


    SP    2645 (215 +2430)




 固有スキル:創造


 呈上スキル:透世眼


 終古スキル:ハウスワークLv5


 会得スキル:剣術Lv2  爆撃耐性Lv2  混乱耐性Lv1  商人Lv3






 配下のレベルアップによる、ステータスの上昇値も加算されるのを全く忘れていた。このステータスがどのくらいなのはわからないが、元々の自身の物と比べれば強いことは一目瞭然だ。どれも10倍以上の跳ね上がっている。


 レベルアップの後に、それぞれの部屋割を決めた。俺を中心に、遠心上に広がっている感じだ。結構揉めていたようだが、俺の教えた『ジャンケン』で無事解決したようだ。


「それでリューク様。これからどうなさいますか?」


「まず戦闘員組は俺と一緒にギルドへ向かって冒険者登録をしてもらう。メイド組は館内の部屋割の把握や、生活必需品の管理を頼む。足りないものがあったら金銭をここに置いておくから買ってきてくれ。特に、全員分の寝着と下着を頼みたい。」


「承知しました。」


 メイド長のカミラが答える。


「リューク、私もギルドに付いていっていい?」


「勿論いいが、メイドたちと買い物に行ってもいいんだぞ?この町に来てから何も買ってないだろう。欲しいものがあるなら金を渡すぞ?」


「ううん。大丈夫。私もリュークといきたい。」


 ・・・一緒に行きたいだなんて照れますねぇ。


「わかった。一緒に行こうか。四人もついてきてくれ。」


 そうして俺たちはギルドへ向かった。












「今日はどのようなご用件で?」


 受付の前に行くと俺達の担当のギルド嬢、ニームルがこちらに気が付いた。


「こいつらをギルドに登録したいんだが、ギルドの説明についてはここの来るまでに済ませておいた。」


「リューク様、、、。ミリア様では飽き足らず他の女性にまで、、、。」


 盛大な誤解を受けているのだが、面倒なので取り合わないことにした。受付に来る前にも周りの冒険者の視線が鋭かったが、ミリアの一件があってから絡むどころか近寄られなくさえなった。そっちのほうが好都合だからいいのだが。


「ギルド登録でしたね。お連れの方はギルド長からの推薦がないためHランクスタートとなります。登録は無料になりますので、こちらのカードに血液を流してください。」


 俺たちが登録した時とほぼ同じ流れでギルド登録を終えた。


「お前たちは四人でパーティーを組んでもらう。できるだけ早くランクを上げるように努力してくれ。」


「坊ちゃんのご命令、篤と承りました。」


 そんな俺たちのいるギルドに、緊急指令が発表されたのはそのすぐ後であった、、、。



「破壊の創造士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く