転生したら俺は魔王!?

壊幽

7話 暴走

アテナは俺に向かって剣を振り下ろした
ギリギリ交わした
あと数センチ短かったら手をバッサリいかれていただろう

「おい!アテナ落ち着けって!!」
アテナの手が止まった
「なら何者だ」
「だから俺は正真正銘の魔王だ!!」
「また嘘を重ねるつもりか!!」
また剣を振り下ろそうとしていた

「ま、待て!分かった全部話す」
「やっぱり嘘を…」
「いや、嘘じゃない」
「だかな数日前に記憶喪失してしまったんだよ」
「なっ!」
「嘘だと思ったら俺の仲間たちに聞いてくれ」
「そっそうなのか」
「何で偽物とか思ったんだ?」
「サタンはな魔獣たちを殺すのをためらうのだよ」
「だけどあんたは、即決だった」
「過去にいろいろあったからな」
「そして喋り方だ」
「喋り方?」
「サタンは喋り方が少々荒いのだが、今のサタンは、なんというか礼儀正しい」
「そうなのか?」
仕事してたしな

ドン!!!!

 「「誰だ!!」」

「誰だって私ですよサタン様」
「なんだヴァンパイアか」
「あと私もいますよ」
「コウモリ男もいたのか」
「みんなは無事か?」
「はい」
「良かった~」
「さぁ、出ますよ」
「どうやって?」

コウモリ男の背中から羽が生えた
「私の背中に乗って」
「便利~」
「アテナさん物扱いは」
「ご、ごめんなさい、つい」
「さぁ、いきましょうサタン様」
「落ちないでくださいよ」
「落ちるか!」
背中に乗った
「おーー」
「はい」
「もう付いたのか?」
「つきました」
「みんなをつれてきますので」
「分かった」

「「キャーーーーーーーーー」」

「な!?悲鳴!」
「あっちからか!」
悲鳴が聞こえた方に走った


「ふん、本当に吊れるとはなー」
「あはは、本当ね」
「な!」
罠だったのか
「魔王の首はいただきと言うことで、いきますか~」
「くっ!」
確か武器は波動
「いくぜー」
敵の姿が消えた
「ん?」
消えた瞬間、腹をパンチされたような痛みがでた
「ぐは!」
「大したこと無いね」
「俺の名前はかまいたち」
「で、あれが妖狐」
「殺すの簡単だなー」
バカにしやがって
今度は俺からいく!
かまいたちに突っ込んでいった
「遅い」
軽々と避けられた
「そんなじゃ守れるものも守れないよ」

守れるものも守れない……
俺はヴァンパイアやアテナ達の顔が思い浮かんだ

まただ、魔王城の時も感じた言葉に表せない嫌な感じ
そして心の底からこいつを殺したいとゆう気持ち
「守れるものも守れない……」
「そうだよそんなじゃ守れるものも……」
「それは、違う……!」
魔王の目が赤く光った


「転生したら俺は魔王!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く