転生したら俺は魔王!?

壊幽

5話 魔獣達の襲来

「やぁ、遅かったではないか」
「す、すみませんえーと」
「マデウスさんですよ」
「すみませんマデウスさん」
「所で」
「?」
「ウィッチちゃーん」
「ふん気持ち悪い!」
どご!!!
おいおい王様ぶっとんだぞ

「王様の代わりに私が喋らしてもらいます」
あ、さっきの勇者
「この国に魔獣が来てるのです」
「なんだよ魔獣かよ」
騎士がいった
魔獣の襲来でこの第四勢力を呼ぶ分けない
「数は?」
とコウモリ男がいった
「………約200000000体以上はいます
「な!?」
「魔獣が弱いからといってそんなにいては、いずれ負ける可能性も出てくる」
っと俺はいった
「だからあなたたちをお呼びしたのです」
「そういうことじゃ」
いつの間に!
「断る意味がないだろう」
っと誰かがいったまぁ、姿的にアテナなんとかだろうな
「私もこの国を守りたいです」
あ、これが精霊かースゲー

「サタン殿あなたは?」
「はい分かりましたこの国を救うためにも戦わなくちゃいけないですもんね」
「よし決まりだな」
ま、戦い方とかわからんのだかな

「あの森から来とるんじゃ」
んー魔獣の姿が見えないな
「この国に到着するのに2時間は掛からないだろう」
「え!?2時間って」
「今すぐに準備しなければならないな」
「行こう」
アテナなんとかと騎士団達先に出た

「よし俺らもいくぞ」
「かしこまりました」
「ではいきましょう~」


俺らは、森のまえで堂々と立っていた
「サタンよ隠れる気は、ないのか?」
うっ喋るの始めてだから緊急する~
「ああ、こお堂々と立っていると勇気がでる!」
「はは勇気がでるか……お前らしいな」
チーンチーンチーン
勇者の誰かがベルを鳴らした
「皆さん逃げてください魔獣が接近しています!!」  
村人達が逃げしたそして
この町に村人が消えた
「逃げんのはやー」
「サタン殿戦闘準備を……」
っていつの間に
草むらからがさがさと音がした
するとゴブリン数体が現れた  
っていまきずいたのだが俺武器もってなくね
ゴブリンは、アテナが倒してくれた
「おいどうしたサタンなぜ波動を打たなかったのだ?」
波動?
そうなのか魔王って遠距離なんだ
「す、すまんちょっと驚いてしまってな」
森の方からまた音が……
「突撃するぞサタン」
「あ、ああ」
「私達はどうすれば」
「あっちの方向から魔獣達が出てくるかも知れないお前らに任したぞ」 
「はい」
「真ん中はマデウスさん頼みましたよ」
「ああ」
あっちは、精霊達がいる
よし俺とアテナは、前線で暴れまわる!
「よしいこう後ろは、任したぞ」  
「分かった」
俺ら2人は、森に突撃すると急に道が崩れ
落ちてしまった



「転生したら俺は魔王!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く