転生したら俺は魔王!?

壊幽

2話 勇者達の誤解

「それでその下着は」
「あの空かずの間にございます」
あ、空かずの間……

「つーか町とかどうしたら行けるんだ?
こんな姿だし」
「私らは人間になれるのですよ」
「人間に!?」
「はい、人間になり町を散歩してたんですよ」
「すると私が貰おうとしてた下着が魔王様の
尻ポケットに偶然入ってしまいました」
「なるほどね~………………待て、今なんつった?」

「サタン様、勇者達が来ています」
「あれは?」
「ヴァンパイアです」
「ああ、通すがよい」



イケメンと美女が入ってきた
「ちょっと!!私の下着返してよ!!」
「そうだぞあの素晴らしい形の下着を返したまえ!」

セリフひっどいけど…… 

「あ、ああ勘違いじゃないかそんなものとってなんか……」
「なにいってるの?あんたが人間化になれるって知ってるわよ」

え、
俺は、リッチの方向を向いた
リッチは、うなずいてた
さらに疑われるな
「何で嘘ついたのかなぁ~?」
「あんたは、心優しい魔王って聞いてたんだけど、この様子じゃ人殺してるんじゃないの?」 

「おい、それどうゆうことだ?」
と、ヴァンパイアがいったと同時に
魔王の仲間達が戦闘態勢になった

ん?何でだろう魔王に生まれ変わって過去のことなんて知らないのに嫌な気分になる、相当過去にトラウマがあったのだろう

「や、やめたまえ」
すかさず俺は、止めた
後、1秒でも遅れていたらどうなっていたか考えたくもない

「お、おい謝れよ」
さっき変なこと言ってたイケメンがマトモなことを言ってた
「ご、ごめんなさい」
悪いと思ったのか何の躊躇もなく頭を下げた

「勇者達よ誤解なのだよたまたま尻ポケットに下着が入ってたんだよ」
「……分かったわよ信じてあげる」
「それは、良かった」
「あそこの扉を開けよそこにある」
空かずの間の扉を開いた
いや、普通にあくやん
すると下着が丁寧に飾られてあった
「うっ!!…」
あ、多分引かれたな

「誤解をしてしまいすいませんでした」
クールなイケメンがそう言った
「別にいいんだよ誤解が溶けて良かった」

勇者たちは、帰っていった


「はー」 
リッチは、深いため息をついていた
「どうしたのだリッチよ」
「また、第一秘書がいません」
隣の第一秘書席が空席だったことに気づいた
すると扉が開いた

「すいません~遅れていたら~ふわぁ~」
ぐっすり寝ていたようだ
「遅いですよウィッチさん」
「すいませーん寝てました~」
久しぶりに女の人見たなー、
可愛いな、顔にしか目いかないぞ!!
「どうしたんですかうぁは~」
「いや、何でもない次からは、気を付けるように!」
「サタン様」
「どうした?えーとヴァンパイア」
「第四勢力が集まる会議があるらしいです」
「第四勢力?会議?」

「転生したら俺は魔王!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く