転生したら俺は魔王!?

壊幽

1話 俺が……魔王!?

「魔王様ご命令を!」
ん?ここは、どこ?

                         [10分前]
俺は、高田  義一      (たかだ  よしいち)
会社員だ今日も楽しく通勤中!
って言いたい所だがブラック会社に働いてる
とりあえずしんどい……
そんなことを思ってると信号が青になった

信号を渡ると猛スピードで車が突っ込んできた
逃げる余裕もなく俺は、車に引かれ死んでしまった




ん?目が動く?
そうかここは、天国か?それとも地獄か?
「魔王様ご命令を!」
ん?ここは、どこ?
「魔王様!魔王様!」
これって俺のことか?
だが意識が遠退いていていく俺は、また倒れた




今度こそ死んだかのか?と思いながら頭をあげる
あれ~?生きてる
なんだこの手、なんだこの体、鎧か?
おかしい何がおかしい

鏡らしきものがあったそれを見ると
「ええええええええええええええええええ!」
思わず大発狂
ゲームのラスボス見たいな顔面をしていた
すると護衛らしきものが
「魔王様!目が覚めたんですね!」
まだ、状況が掴めないだがここは、乗るしかない!
「ああ、目が覚めたよ」
「良かった~急に倒れてどうされたんですか?」
「急にめまいがしてな」
魔王にめまいが起こるのか知らないけど

「勇者たちが攻めこんでくると言うのに魔王様が死んでは、ここまでの苦労が水の泡ですよ」
「そうかすまない」
「ん?勇者?」
「はい、勇者」
訳がわからない勇者?前の魔王何かしたのか?人を殺めたりしたのか?
「どうしたんですか?記憶喪失でもしたんですか?はは、なーんてね」

は!? 
「実は、そうなのだよ記憶喪失になってしまったんだ」
「ええええええええええええええええええ!」
「それでは、私の名前も……」
「覚えていない(キッパリ)」
「そんなキッパリ言われてもー!!」
「で名前は?」
「私は、あなたの第二秘書リッチです」
どおりでガイコツな、分けか
「そしてあなたは、この国の魔王サタン様です!」 
………………………………………………………………………………
「あれ?反応薄いですね」
「まあ、魔王、魔王言われてたからなんとなくわかってた」
「ん?記憶喪失なのにですか?」 
「ぐっ、多少覚えているのだ」

「それにさっき勇者と言ったか」
「俺は、勇者と和解することに決めた」
「!?和解ですか?それだけはだめです!」
「やっぱり人を殺めたりしたのか?」
「いえ、記憶をなくす魔王様は、殺したりするのが大嫌いでした、人を殺めたりしては、いません」 
「だったら!」 



「魔王様は、勇者の仲間の女冒険者の下着をなん着か盗んでしまったのです」
「和解所の問題じゃねえな」

「転生したら俺は魔王!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く