話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活○○してみた。

Noar

共闘〜異能力〜

「お、おいなんだアイツは…」
「わ、私に聞かれても分からないよ…」
「よし。あれを試そう。」
俺は異能力を使い、相手の情報を得ることにした。

ウィンドウルフ
レベル80

《スキル》
風の羽衣 

(モンスターにもスキルがあるのか…ってかレベル高っ!?)
「マナ!!こいつはレベル80だ!!」
「80?!やばいよ!」
2人は逃げることにした。しかし、ウィンドウルフはそれを超えるスピードで追いかけてくる。
「戦うしかないのか。」
俺はすかさず、ストールランスを放つ。しかしウィンドウルフの肌に接する前に崩れ落ちてしまった…
「な、何っ?!」
(スキルの効果か??どうしろって言うんだ…)
「水よ穿て!!ウォーターショット!!」
マナが放ったウォーターショットも羽衣によって弾かれてしまった。
「これもきかないっていうのか…」
俺は意識を相手のスキルに移し再び異能力を使った。

風の羽衣
魔法を弾く風属性のスキル。これを利用して高く跳躍することも可能。

(魔法をはねかえす…か)
俺は必死に考えた…どうすれば奴を倒せるか…
「あ!これなら行けるかもしれない…」
俺はひとつの方法を見つけた。それは異能力を使うことだ。魔法が効かないなら、異能力で攻撃すればいいのだ。
(そのためには…)
「くらいやがれぇぇぇぇぇぇ!!
『燃やす』!!」
俺がそう言うとウィンドウルフから炎が上がってきた。そう、俺が考えた倒し方とは、あの神が説明で教えてくれた、異能力を『使う』こと。
「上手くいったか…」
しかしウィンドウルフは羽衣を利用し直ぐに火を消してしまった…
「くそっ次だ!!『凍らす』!!」
するとウィンドウルフは動きをとめた。
「マナ!今なら攻撃が当たるはずだ!!2人で仕掛けるぞ!!」
恐らく凍らせればスキルも使えなくなるだろう。
「水よ閉ざせ!!ウォーターベール!」
水の膜がウィンドウルフを包み込み潰そうとする。そこですかさず俺は、
「くらいやがれ…」
俺が頭の中で思い浮かべたのはいわゆる隕石である。ウィンドウルフよりも大きい岩がウィンドウルフを潰してしまった…
「ふぅ…やっと倒せたか…」
こうして2人はウィンドウルフとの戦いを終えた…

「異世界生活○○してみた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く