話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界生活○○してみた。

Noar

初めてのソロクエスト

「さてと、昨日は色々ありすぎたが今日は1人でクエストを受けてみるか。」
宿屋で軽く朝食を済ませた後ギルドへと向かった。




「さてさて、いいクエストはないかな…っと。おっ、これいいな。」

オーク3体の討伐
報酬 銀貨4枚

オーク。それは簡単に言うと人型の豚だ。おそらく大きさは俺より少し大きいくらいだろう。
「場所はっと…お、昨日マナと行った洞窟か。」
昨日マナと行った洞窟なのだがオークがいるのは、もう少し深いところらしい。
「俊敏性のステータスが高いせいか移動が早くできるな…」
俺は洞窟へつくとすぐに奥深くへと潜り込んだ。
「予想するにここは初心者向けの洞窟なんだろうな…明らかに魔物が少ないし…」
俺は洞窟の深部への道中、何匹かゴブリンを見かけたが無視して進んでいた。
「そろそろ、オークが出てもいいんじゃないか?」
魔物が少ないって言ってもここまで居ないものかと考えていたその時
「ヒトノニオイ…コロス…」
「なんなんだあいつ!?オークにしてはいかつすぎやしないか?!」
その言葉通り俺が想像してたオークよりも遥かにでかく、威圧感が凄かった。
「あ…あいつは…オークジェネラ…ル…逃げろ…早k…」
俺と同い年位の冒険者が血だらけの状態で倒れていた。
「いきなりオークジェネラルとか展開がベタすぎるだろ…」
だがここで逃げる訳にも行かない、何故なら…特に理由はない!!
「オマエ…コロス…」
こいつには知能があるのか…まぁそんなん気にしてても無駄か…さてと早速戦ってみますか!!



こうして俺とオークジェネラルの戦闘が幕を開けた!!

「異世界生活○○してみた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く