僕の魔法は今日も通常運転

催眠ますたー

第7話:始原の魔術書

 夕食も終わり自分の部屋に戻った僕は、引き続きリステアと話しています。

「リステアはご先祖様の契約精霊だったってことだよね?」
「まぁ、そんな感じよ」

 リステアは少し思案した後に若干曖昧な答えをしました。

「なんか曖昧な感じだね」
「そうね・・・なんと言ったらいいのか、それについてはそのうち話せると思うわ」
「今は話せないってこと?」
「そんな感じ」

 なんか、色々とありそうな感じだけど、答えてくれないならしょうがないですね。

「じゃあ、リステアって、どういった精霊なの?
 四元素のどこに属する精霊?」

 精霊はすべて四元素に属しており、水・地・火・風の何れかの属性を持っていると言われています。。
 魔法も精霊のサポートを得るものなので、基本的にはそれに従って4つの属性に倣うものが多いとされています。
 契約精霊が火の元素に属する場合、その魔術師の得意な魔法は、火の系統になります。
 反対に、水の系統の魔法は不得手になるとも言われます。

「私?そうね・・・特に属性はないわ。
 四元素とは別系統の属性だと思っておいて」
「え?そんなことあるの?
 精霊ってすべてが四元素に属してるんだと思ってたけど」
「ほとんどの精霊は、そうだと言われてるわね。
 私の知ってる限りで言えば、四元素から外れている精霊もある程度いるということね」
「そんな話聞いたこともないけど、精霊界では常識的な話なの?」
「そうね、常識と言えば常識だけど、それを教えてくれる精霊はほとんどいないでしょうね」
「え?どういうこと?」
「四元素の精霊達は話すことを許されてないのよ。
 それぞれの大精霊によって禁じられてる、って思ってくれればいいわ」
「禁じられてるってどういうこと?」
「それについては話すことはできないわ。
 精霊界においても、そういう契約になっているとしか言えないの」
「精霊界の中でも契約とかあるんだ・・・」
「あるわよ。
 結構様々な契約がなされているわ。
 内容について話せるわけではないけれど・・・」
「そっか・・・まぁ、そこはしょうがないか・・・」

 何かよくわからないですが、四元素とは別枠の精霊がいるらしいです。
 そんな別枠の精霊と契約させられてしまった僕は、いったいどういう魔法が使えるんでしょうかね。

「じゃあ、リステアと契約した僕はどういった魔法が使いやすくなるのかな?」
「そうね、特に得手・不得手はないと思っていいわよ」
「え?得意な属性とかないの?」
「四元素の魔法に限って言えば、特に制約はないわよ」
「あ、もしかして、全部均等に並み以下ってことか・・・」

 四元素の精霊と契約する魔術師は、属する元素の魔法は得意ですが、その他の魔法については並み以下と言われています。
 やはり、属する元素の魔法が突出していて、その他についてはそこまでぱっとしない感じになります。

「そこは、あなた次第ね。
 努力次第でどうにでもなると思うわよ」
「努力でどうにかなるものなの?」
「だから、あなた次第。
 疑問ならとりあえず魔法を使ってみればいいんじゃないかしら?」
「僕は簡単な魔法しか使えないよ?」
「そうね・・・じゃあ、とりあえず魔術書の転写でもしましょうか」
「え?魔術書の?
 魔法陣の転写じゃなくて?」
「やってみればわかるわ」

 なんか、リステアって、とりあえずやってみよう派に見えます。
 リステアが腕を振ると、一冊の魔術書が浮かんで出てきました。

「グリモワール?とは何か違う感じの魔術書だね」
「グリモワールは人の編纂した魔術書と言われてるわね。
 これは・・・始原の魔術書と言われているもので、神々が編纂した魔術書と言われてるわ」
「何それ・・・人が使っていいものなの?」
「レディアスは使ってたわよ」
「あ、ご先祖様も使ってたんだ。
 じゃあ、大丈夫か・・・」

 なんか誰かが使ってたというと、その安心感で大丈夫って感じしますよね。
 特にご先祖様が使ってたなんていうと、安心感倍増な気がします。
 それが本当は大丈夫とはとても言えない話であったとしてもです。

「それじゃ転写するわよ」

 リステアが魔術書に手をかざすと、魔術書は淡い光をまとい始めました。
 光が色濃くなっていった後に、魔術書が光の粒子となり、一瞬広がったような感じがした後、僕の方に凄まじいスピードで飛び込んできました。
 いや、飛び込んできましたというか、光の粒子に包まれて、その瞬間頭に凄まじい量の情報が流れ込んできました。
 そして、気を失いました。

『またかよ!』

 最近、魔法に関わると気を失うことが多いような気がします。

「目を覚ましなさい!」

 なんか、また往復ビンタをされてる気がします。

「リステア痛いよ・・・」
「あ、起きた。
 とりあえず今ので魔術書の転写は終了したはずよ」

 ほっぺたも痛いのですが、頭が無茶苦茶ズキズキします。

「なんか、頭が激しく痛いんだけど・・・」
「あー入れ過ぎた?」
「入れ過ぎ?」
「面倒だから、全部叩き込んだのよ」
「え?面倒って・・・」
「普通は1個ずつ転写するんだけどね。
 いちいちやるのも面倒だから、全部やっといたの。
 多分、頭が情報処理しきれなくて、限界寸前なんだわ」
「何それ、こわい。
 というか、痛すぎ・・・」

 もうズキズキというか、ギリギリと締め付けられてる感じです。

「しょうがないわね、今日はもう寝ましょう。
 私の魔法で眠らせてあげるから、明日の朝にはすっきりよ」
「その魔法大丈夫なやつ?」
「死人は出たことないわよ」
「死人は・・・って」

 と言ってる間に、魔法陣が展開され、僕はまた気を失いました。

「僕の魔法は今日も通常運転」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く