僕の魔法は今日も通常運転

催眠ますたー

第5話:結果発表(改稿版)

 講堂に向かうともう発表が始まってるらしく、講堂から出てくる学生もいます。
 ちょっと来るのが遅かったようですが、早くても遅くても結果には変わりはないので構いません。

「リート、お前・・・」
「くすくす・・・」
「あーあいつか・・・」

 なんか、すれ違いざまに笑われてるような気がします。
 どういうことでしょうかね?

「ジェス、何か僕笑われてない?」

 とりあえず、ジェスに聞いてみる。

「そんな気もするな。
 まぁ、気にするほどじゃないと思うぞ」
「そう・・・かな・・・」

 とりあえず気にしてもしょうがないので、講堂の中に入ります。
 結果は壁に貼られており、その前に学生が群がっています。
 みんな結果が気になるようです。
 まぁ、これで将来の職業の方向性が決まると言っても過言ではないので、必死になる人もいますよね。
 とりあえず、確実そうな学術クラスを見てみます。


「学術クラスは・・・えーと・・・あ、あったあった」

 学術クラスは予想通りトップ10内の7位に入ってました。
 これで、なんとか滑り止めはなんとかなったので、安心して後の2つを見ることができます。
 次は、剣術クラスですが、一番期待薄な感じがします。

「剣術クラスはっと・・・あー・・・」

 補欠にも入ってませんでした。
 残念ながら剣術クラスは色々とハードルが高かったようです。
 まぁ、テストの内容的にもボロボロだったのでしょうがないと思います。
 反対にあのレベルでついて行くのはかなり大変なので、最初ではねられた分良かったのかもしれません。
 いや、ほんとマッチョばっかりだったような気がします・・・

 さて、最後は魔術クラスですが、これもかなり微妙な感じがします。
 鑑定石の光り方も微妙だったし、スペルテストは気絶したし、よく考えたらいいとこがないような気がします。

「えーと・・・」

 普通は、正式枠40名でその他に補欠が10名くらい書かれているのですが、今回は何かちょっと違います。
 正式枠39名、お笑い枠1名、補欠10名になってます。

「お笑い枠???」

 さっきからすれ違う人に笑われてたのはこれなんでしょうかね。
 お笑い枠に僕の名前が書かれています。
 お笑い枠っていったい何なんでしょうかね。

「リート、お前お笑い枠って・・・」

 ジェスも笑ってます。

「これ、合格でいいのかな???
 お笑い枠だけど?」

 近くにいた先生に聞いてみます。

「先生、このお笑い枠って何なんですか?」
「あ、リートくんね。
 それは一応、合格よ」
「合格なんですか?」
「一応ね。
 担当の先生が言うのは、合格というには判断がつかない部分があるけど、補欠にするには惜しいらしいわよ。
 だから、お笑い枠?」

 そこ疑問形ですか。。。

「そう、ですか。
 なんとなくわかりました。
 一応、合格でいいってことですね・・・」

 なんだかよくわからないけど、合格は合格でいいらしいです。
 とりあえず、なんとか学術クラス以外の選択肢はできたわけですが、合格した理由はよくわかりません。
 でも、だからって、お笑い枠はないと思うんですけどね。

「そういえば、ジェスはどうだったの?」
「問題なく魔法クラスの1番だったぞ」
「そっか、お笑い枠の僕とは違って優秀だな・・・」
「まぁ、何だって入れればいいんじゃないか?」
「そういうもんかな」
「そういうもんだ」

 ジェスと別れて、家に帰ります。
 商店が閉まった後に、家族で夕飯の時間が始まります。

「リート、今日の結果はどうだったの?」

 母さんが直球で聞いてきます。

「一応、学術クラスと魔術クラスは合格したよ」
「それは良かったじゃない、おめでとう」
「リート、良かったな。どんな道に進もうとお前の自由だからな」

 父さんもほめてくれます。

「うん、わかった。
 多分、魔術クラスに進むと思う」
「そうか、ライルは商業、ルクスは剣術で、ジートは商業だし、魔術は初めてだな」
「魔術には何か惹かれるものがあるんだよね。
 商業じゃなくてごめん」
「何を選ぼうとお前の自由だから、気にするな」

 寝る前になって、何か忘れてるような気がしました。
 気になるので、今日のことを思い返してみます。
 学術クラスのテストがあって・・・
 剣術クラスのテストで気絶して・・・
 あ?!そういえば、明日の朝からエリエルの道場に来いって言われてたのでした。
 魔法使って気絶したりしてたので、すっかり失念してました。
 面倒ですが、行かないとエリエルに会った時に殺されます。
 確実に仕留められます。

 色々気になることもありますが、今日は早く寝て、明日からまた頑張ることにします。
 しょうがないので、朝から剣術の稽古に行くことにして、今日は寝ることにします。
 長い一日だったので、ちょっと疲れました。

「僕の魔法は今日も通常運転」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く