話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ある日突然、ぼっちだった俺に学校一美少女の主ができました。

ながしょー

第5話

デート当日。
俺は待ち合わせ場所として予め決めていたニコニコ公園にいた。
ここならちょうど俺の家と真涼の家との中間当たりだから、待ち合わせ時間に遅れるようなことも起きないだろう……と、先日の帰り道そう話し合っていたのだが、


「真涼のやつ……遅ぇな……」

待ち合わせ時間は午前十時だったはず。
それなのに現在午前十時半を過ぎても、真涼の姿は現れなかった。
――俺…………弄ばれたか?
近くのベンチに座りながらそう思い始めた頃だった。


「ごめーん、待たせたぁ?」


真涼がニコニコしながら、のこのこ歩いてきた。
腕時計の針を確認すると、午前十一時。一時間の遅れである。


「ああ。めちゃくちゃ待ったぞ。一時間も待ったぞ」


俺は少しキレ気味でそう言うと思いっきりスネを蹴られた。しかも、先の尖ったハイヒールで。


「イッタ!…お前何すんだよ!……逆ギレか?」


「あなたは本当に腐ってるわね。こういう時は『今来たところだよ』って言うのが男として彼氏として当たり前でしょ!」


「なんで当たり前なんだよ。そこはちゃんと男女平等に扱わないといけないだろ(笑)」


俺はいつも思う。
なぜ男女平等って世間では仕事など一般的なのに、こういう場面では平等じゃないのだろうと。
温泉だってそうだ。
男女平等に扱うのであれば、日本中の温泉全てを混浴にすればいいのに。世界では混浴とか当たり前だよ。


「おまわりさーん!こっちです!」


「な、何してんの?!」


気がつけば、真涼は近くの交番にいた警察官を手招きして呼んでいた。


「だって、ここに変態の不審者がいるから」


「誰が変態だ!てか、俺は不審者でもない!」


ちゃっかり俺の心を読みやがって……って、本当に警察官が近づいてきたんですが。


「どうにかなさいましたか?」


それに、なぜこの警察官は俺を睨みつけているのだろう。…………――その左手に持ってるのはなんスか?手錠スか?なんのために?


◆❖◇◇❖◆


「お前……それにしても本当にヤバかったぞ」


俺は全身に汗を流しながら、真涼にそう言った。


「まさか本当だったとはね……クスクス」


真涼は笑いを堪えていたが、若干吹き出している。
俺は先ほどガチで警察官に連れてかれそうになった。
真涼があまりにも無口だったため、俺が何かして口止めをしているのだと勘違いされた。
結果的には真涼が「この落とし物を届けに来ただけなのですが……」と言って、事は収まったのだが…


「あの警察官、俺に対して恨みでもあんのか?」


「どうかしたの?」


交番に戻った後もずっと俺のことを見ていた。
――もしかしたら俺に惚れたとか?


「良かったわね。新しい彼女ができて」


「お前バカにしてんのか?って、何度も俺の心を読むな!」


この後のデートがもうすでに思いやられる。
果たして、俺は最後まで真涼の行動についていけるのだろうか。ただ、それだけが心配になった。

「ある日突然、ぼっちだった俺に学校一美少女の主ができました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く