話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生貴族の異世界生活

shota

冒険者ランクが上がりました。(2)

ギルマスから説教された後、俺はまだ解体されていない素材(魔物の死体)をアイテムボックスに収納し、王宮に戻っていた。

「おい、ラースやっと見つけたぞ。」

後ろから凄い怒気を含んだ父上の声が聞こえた。

「あっ。ち、父上。ど、どうしました?」

「どうしました?じゃないだろ。お前今までどこに行っていたんだ?」

「えっと、ぼ、冒険者ギルドに...。」

「ほーう?その前は?」

どうやら訓練場に行っていたのはバレているらしい・・・

「その前は、王宮の訓練場に行ってました。」

「はぁ。自重しろって言ったよな?」

「えっ?あっ、はい...。」

「宮廷魔導師の序列1位を無傷で叩きのめしたやつのどこが自重してるんだ?」

へぇ、トトさんって序列1位なんだな・・・
なんかごめん・・・

「ラース。」

「はい?」

「次また王宮でやらかしたら謹慎させるぞ?」

「え!?」

嫌だ!謹慎なんて!俺は自由にしたいのに!

「嫌なら、もうちょっと...いや、かなり考えて行動しろ。」

「はい...。」

「それから・・・」

「え?まだあるんですか?」

「陛下に呼ばれてるぞ。冒険者ギルドから通達があったそうだ。まさかまた・・・」

「そっそんなわけないじゃないですか!」

「本当か?本当だな?」

本当なわけない...。ギルドからといったら
アレしかないのだから...。

「じゃっ、じゃあ僕はもういきますね!」

俺は逃げるように陛下の所へ向かった。

【コンコン】

「陛下、ラースです。」

「ああ、入っていいぞ。」

なんか声が暗いような気がするな・・・
どうしたんだろう・・・

「失礼します。陛下、どうかなさいましたか?」

「どうしたと思う?まあ主に君の事だが・・・心当たりがあるよな?」

「ギルドの事ですか?」

「よく分かってるじゃないか。ギルドマスターから君のランクをあげてくれと苦情付きで手紙が届いたぞ。」

「申し訳ありません。」

「まあ、君のような規格外をFランクにおいておけないからひとまずBランクまで上げるが、高等学院生になるまで...つまり15歳になるまで冒険者活動は禁止する。」

「はい...。分かりました...。」

「通常なら依頼をこなさなければランクは下がるがそこは私の権限でどうにかしよう。」

こうして冒険者活動を禁止された俺はその後、初等学院、中等学院、をとても平和に過ごす・・・はずだったのに・・・



「転生貴族の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • コング“シルバーバック”

    一気読みしました!
    1話1話が読みやすいです。
    更新が大変なのは痛いほどわかるので、お互いゆっくりと更新していきましょうね〜

    0
コメントを書く